アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > 競馬雑記

競馬雑記の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

POG馬GⅠ2勝目 ブロードアピールの再来ピンクカメオ

伏兵ピンクカメオが差し切る!大波乱の「NHKマイルC」

3歳マイル王決定戦のGIレース「第12回NHKマイルC」が雨の東京競馬場で行われ、ブービー人気の牝馬ピンクカメオが、直線、大外から強襲し、1分 34秒3のタイムで快勝。1着賞金9200万円を獲得した。2着に1番人気のローレルゲレイロ、3着には18番人気のムラマサノヨートーが入り、3連単は973万9870円のGI最高配当となった。

【NHKマイルC】(東京)~牝馬ピンクカメオ 17頭ごぼう抜きで大波乱

東京11Rの第12回NHKマイルカップ(3歳GI・芝1600m)は17番人気の伏兵、牝馬ピンクカメオ(内田博幸騎手)が優勝。重賞初制覇をGIで飾り、大波乱を演出した。勝ちタイムは1分34秒3(稍重)。2着に1番人気ローレルゲレイロが入ったものの、3着に最低18番人気ムラマサノヨートーが突っ込み、3連複122万1770円、3連単973万9870円の大荒れに。

ピンクカメオは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父フレンチデピュティ、母シルバーレーン(母の父Silver Hawk)。通算7戦4勝で、重賞、GIともに初制覇。

牝馬ピンクカメオが優勝/NHKマイルC

●内田博幸騎手
 JRA・GI初制覇。05年朝日杯フューチュリティS(スーパーホーネット)で2着が1回あった。JRA重賞は昨年のオーシャンS(GIII、ネイティヴハート)以来の通算5勝目。

●地方所属騎手
 内田博幸騎手は大井・荒井隆厩舎所属。地方所属騎手がJRA・GIを勝ったのはメイセイオペラで99年フェブラリーSを制した菅原勲騎手(岩手)、デルタブルースで04年菊花賞を制した岩田康誠騎手(兵庫 ※現JRA)に続く3人目。

●国枝栄調教師
 このレース初制覇。JRA・GIはピンクカメオの半兄であるブラックホークによる99年スプリンターズS、01年安田記念に続く約6年ぶり3勝目。JRA重賞は今年のAJCC(GII、マツリダゴッホ)以来の今年2勝目、通算9勝目。

●フレンチデピュティ産駒
 01 年のクロフネに続くこのレース2勝目。JRA・GIは他にクロフネのジャパンCダートがあり、通算3勝目。交流GIは01年JBCスプリント(ノボジャック)、06年ジャパンダートダービー(フレンドシップ)に勝っている。JRA重賞は5日の新潟大賞典(GIII、ブライトトゥモロー)に続く2日連続の勝利で今年2勝目、通算10勝目。

●金子真人ホールディングス
 馬主の金子真人ホールディングスは、01年クロフネ、04年キングカメハメハに続く同レース3勝目。JRA・GIは17勝目。
※以前の「金子真人」名義を含む

●パカパカファーム
 生産者の新冠・パカパカファームはJRA重賞初制覇。これまでは05年デイリー杯2歳S(GII、ダイアモンドヘッド)の2着が最高。

●関東馬の優勝
 創設された96年以来6頭目。関西馬も6頭で並んだ。

●牝馬の優勝
 97年シーキングザパール、05年ラインクラフトに続く3頭目。

●配当
 単勝配当7,600円は、03年ウインクリューガー(2600円)を大幅に上回る同レース最高配当。複勝(18番)3,900円、馬連30,800円、ワイド(14-18)58,890円、馬単85,620円、3連複1,221,770円、3連単9,739,870円も同レース最高配当。3連単の配当は JRA歴代4位、重賞レースとしては史上最高配当となった。

続きを読む

ドバイデューティフリー:アドマイヤムーン圧勝!

 ドバイデューティーフリー
  1着アドマイヤムーン
  2着リンガリ
  3着ダイワメジャー



 よっしゃー!!
(詳細はまた後述)

20万アクセス達成&マーチS的中

 今月でこのブログ開設から丸2年が経過しましたが、この週末でついに20万アクセスに達することができました。開設当初は1万アクセスを目標としていただけに、ここまでこれたことがとてもうれしいです。こんなブログを読んでくれる人がいたから、ここまで続けてこれたので、とても感謝しています。
 相変わらず退屈な競馬予想ブログですが、これからもよろしくお願いします。


 高松宮記念はやっぱり3年連続でとんでもない予想に。このレースは関東馬との相性が悪いのか、ここ4年は関西馬の独壇場になってしまっている。的中は関東馬を応援する限り難しい。来年こそは(関西馬に重い印をつけて)的中させたい。勝ったスズカフェニックスは強かったが、2着ペールギュント、3着プリサイスマシーンと1200m経験が少ない馬の独占となり、深刻な実力のあるスプリンター不足を証明してしまった形。アイルラヴァゲイン、キンシャサノキセキが出走しなかったのは痛かった。アドマイヤホクトの成長が待ち遠しい。

 マーチSは9番人気だった◎クワイエットデイが勝利。本命馬だけだが、実に良い予想ができたと思う。実際レース中は先行してほしかったので、シンガリから追走になってしまったのを見たときはアレーと思ったが、あまりにも手ごたえが良かったので直線で内に突っ込んだ瞬間勝利を確信。かなり面白いレースだった。重馬場適正はハンパじゃない。元々クワイエットデイは4歳時からいつか重賞を取れる馬だと思っていたので、嬉しかった。最後方から一気の差しきりと勝ち方も良かったので、ようやく化けてきたかも。次走も注目。

桜花賞、皐月賞に出走するPOG馬分析

 いよいよ東京でも桜が咲き始め、クラシックが近づいてきました。コミックチャージなんて読んでいる場合じゃない。桜花賞、皐月賞へ出走する馬はほぼほぼ決定してきたでしょうし、そろそろ本格的に予想をかためていかなければ。

  今年の自分のPOG馬でクラシックに出走させることができるのあ牝馬3頭、牡馬2頭の合計5頭か。POG馬は過大評価してしまいがちなので、ここらでその5頭が本番でどれくらいの可能性があるのか、改めて考えてみたいです。

 ■桜花賞
 ・ピンクカメオ
   菜の花賞1着(OP) ⇒レース動画
 1月の菜の花賞を勝って、その後チューリップ賞に向かうプランから、そのまま桜花賞へ直行になったこの馬。おそらく大目標をNHKマイルに設定してのプラン変更で、約3ヶ月半ぶりになる桜花賞は厳しいとの見方が強い。ただし菜の花賞で撃破した相手はイクスキューズ(クイーンC)、ショウナンタレント(フラワーC)とその後重賞ウィナーになっている。菜の花賞はメンバーのレベルの高いレースだった。今回はすでに栗東入りしていて、大幅の馬体重減の心配はない。成長力にも期待したい。でもあの3強相手ではさすが厳しいか・・・。

  予想:桜花賞△3~5着。

 ・クーヴェルチュール
   フィリーズレビュー(G2)5着 ⇒レース動画
 フィリーズレビューは3ヶ月ぶりの実践ながら差しの競馬で見所をはあった5着だった。ただし1400mでいっぱいいっぱいという感じではあった。1600mは未経験だし、現状は1200mがベストでさすがに桜花賞は厳しいか。

  予想:桜花賞無印8~10着級。
 
 ・ダイワスカーレット
   チューリップ賞2着(G2) ⇒レース動画
   シンザン記念2着(G3) ⇒レース動画
  なんと言ってもこの馬が個人的には桜花賞のハイライト。シンザン記念では弥生賞を勝ったアドマイヤオーラの2着。そしてチューリップ賞はウオッカの2着。チューリップ賞ではウオッカには完敗だった。ただしチューリップ賞は逃げて33.9の末脚。実際レースの上がりは11.1-11.0-11.8とかなりハイレベル。かかり気味だったことを考えればこの馬もかなり強い。本番ではもっともっとペースがあがるだろうし、また違った競馬が見られるだろう。ウオッカとの一騎打ちになりそうだが、今度は2回目。鞍上アンカツもかなり信頼できるだけにここは逆転もあるかもしれない。

  予想:桜花賞◎1~2着級。

 ■皐月賞
 ・マイネルシーガル
   スプリングS2着(G2) ⇒レース動画
   ジュニアC1着(OP) ⇒レース動画
 ジュニアC~スプリングSのローテで皐月賞へ。スプリングSは完璧な騎乗でも2着に敗れた。正直4コーナー向いたときは勝ったと思ったのにフライングアップルに差された。その先にさらにフサイチホウオーがいることを考えれば、皐月賞は厳しいだろう。ただし、上積みは見込めるし、前進に期待したい。でも目標はNHKマイルかなと思うだけに皐月賞は5着までか。

  予想:皐月賞△5~7着級。

 ・アドマイヤオーラ
   シンザン記念1着(G3) ⇒レース動画
   弥生賞1着(G2) ⇒レース動画
 この馬が皐月賞のハイライト。弥生賞は自分からレースを作って、時計は近10年ではコスモバルクとタイ時計の1番時計。弥生賞を理想的に勝っただけに1番人気もありえるかと思う。レースでの気性もいいし、ここは大チャンスだ。相手はやはりフサイチホウオー、ココナッツパンチだろう。ただしフサイチホウオーは皐月賞⇒NHKマイル⇒日本ダービーのローテでいくのではないかと言われているだけに間隔のあく皐月賞では勝てるチャンスはかなり高い。トーセンキャプテンも2000m経験がないし、ドリームジャーニーもすでに完勝している。個人的に怖いのはココナッツパンチ。2戦目であのパフォーマンスは相当。この馬を脅かすのはフサイチホウオーとココナッツパンチの2頭だろう。すでに3頭絞れているのだから予想はしやすい。

  予想:皐月賞◎1~2着級。

SNS de 競馬

mixi.jpg


いまさらながら、ミクシィをはじめてみました。もちろん、ITには敏感なほうなので以前からアカウントは持っていましたが、ただうまい使い方が見つからず放置気味でした。

そこで今回は競馬利用してみようかなと。そう思った理由は、ミクシィの中のコミュニティに『頑張れ関東馬!』なるコミュニティをみつけたからですw。ミクシィはそのほかにも競馬に関するコミュニティが多く、情報も早いです。そういえばmixiPOGなるものにも参加していました(現在2位!)。

もともと競馬ブログでコミュニケーションを図るのはTBに偏りがちで、本質的には難しいと感じていました。ブログは”情報発信”や”競馬ノート”、SNSは”コミュニケーション”として使い方を棲み分けすれば、とてもよく使える気がします。

競馬ブロガーの方でミクシィをやっている方がいれば、ぜひマイミクになりましょう(なってもいいなって思った方は上の画像をクリックww)。早速ブログでもお世話になっているダイモンさんとマイミクになることもできました。


turf.jpg


そういえば先月からJRA-VANも競馬専門SNS『Turf』の運営を開始しています。もし興味があってアカウントを持っていない方がいれば招待しますので、言ってください。予想を登録できたりするので、個人的には期待しています。

ディープインパクトは嵌められたのだろうか?

ディープインパクト号に関するお知らせ
ディープインパクトから禁止薬物 国内レースは出走可能

 今回の事件は、あまりに重大で残念なニュース。絶対に意図的にやったことではないので、どうしてこんなことになってしまったのか。正直スタッフの管理体制を疑いたくなる。池江調教師はフランスでの禁止薬物を確認せずに、薬を使うほどマヌケなのか?

同馬はフランス滞在中にこの薬物を使った治療を行ったという。
「獣医の指示で処方していた。レースの前にはやめるように指示した。
誤解があったか、指示に従わなかったかはわからない。」


 普通に考えて、フランスで禁止されてる薬物を滞在中に使用するだろうか??そして獣医はなぜその薬をわざわざ処方したのか??もちろん代わりになる薬品もあったはず。フランスに嵌めたれたのではと書いてあったブログもありましたが、そう思わずにはいられない。向こうの競馬は八百長もあるわけなので。


 しかしこうなると優勝してなくて本当に良かったってことになってしまう。本当にありえない。事件の解明を急いで欲しい。

秋華賞出馬表のブログ用ソース配布

 いよいよ秋華賞。予想は今日の夜にアップするとして、まずは枠順を。

京都11R GⅠ 秋華賞
 キストゥヘヴン55安藤勝
 ソリッドプラチナム55小牧太
 タッチザピーク55池添
 シェルズレイ55岩田
 フサイチパンドラ55福永
 ブルーメンブラッド55川島
 シークレットコード55横山典
 ホウショウルビー55藤岡
 アドマイヤキッス55武豊
10 ヤマトマリオン55
11 キープユアスマイル55田中勝
12 カワカミプリンセス55本田
13 サンドリオン55秋山
14 ブロンコーネ55和田
15 ニシノフジムスメ55藤田
16 アサヒライジング55柴田善
17 トシザサンサン55武士沢
18 コイウタ55吉田隼


 追記でこの出馬表のソースを公開しています。簡単なものですけど、もし使いたいかたがいらっしゃいましたら、ご自由につかってください。

続きを読む

凱旋門賞、ディープインパクトは3着

ぐあああっ・・・・。


ディープインパクトは3着。


世界ランク1位ハリケーンラン、2位タイのシロッコには先着しています。


3着は超立派な記録です。


ただレイルリンクが強かった・・・。



もっと後ろからいくべきだったとかいう議論はありそうですが、個人的にはレース展開は問題なかったと思います。


悔しい。


池江調教師のインタビュー
『また絶対こういうレースに挑戦する!!』


また絶対世界一を目指して挑戦してほしい。


ディープはみんなの夢なのだから。


お疲れ様でした。

まずは無事に帰ってきてまた元気な姿を見せて欲しい。

競馬道GT5争奪! 考えて買え!キルトクール王決定戦

競馬道GT5争奪!キルトクール王決定戦!開幕!!
★★★ 競馬道GT5争奪! 考えて買え!キルトクール王決定戦 ★★★


~~ 締切り1分前で馬券を買いに行く時、肉離れを起しますか? ~~
Go for 2010








主催/キルトクール株式会社
協賛/株式会社インターチャネル
協賛/トラセン-競馬トラックバックセンター-
協賛/雲國齊の無謀
監修/All About競馬ガイド


※およよ?「キルトクールってなによ?」ってな方はこちら


 またまたやってきました、キルトクール王決定戦。実は私、去年の冬の大会では初参加ながらNG部門4位という成績を収め、【脅威の新人】と謳われた(?)のは皆の記憶に新しい(??)。忙しくて、去年ほどブログを更新できてませんが、この大会は皆勤賞を目指してがんばりたいです。そして目指せ表彰台(DG or NG)。

 みなさん参加しましょう!

リンカーン引退

 久しぶりのブログです。ちょっと海外に逃亡してたもので、ブログが書けませんでした(初めて海外の競馬場も見てきました)。またチョクチョク書いていきたいと思いますので、どうぞお付き合いくだされば幸いです。

 ■リンカーン引退、種牡馬へ

 帰ってきてびっくり、紀子さまの男児出産(女の子だと思ってました、うわさでは男の子でしたけどね)、じゃなくてリンカーンの電撃引退。最近引退や死亡のニュースが多すぎやしませんか・・・。海外で明るいニュースが多いのは大いに歓迎ですが、やっぱり国内競馬も盛り上がって欲しい。今年の秋は3歳が活躍しそうな気がしますです。

早すぎる天才少女ラインクラフトの死

 ラインクラフトが19日の早朝に急性心不全で亡くなりました。

 正直かなりショックです。今後かなりのスプリンターとして活躍が見込んでいただけに、あまりに突然の、そして早すぎる天才少女の死。マストビーラヴドの評価が高いだけに産駒が見たかった・・・。

 この間のエアメサイア、シーザリオ、ラインクラフトの3強では断然ラインクラフト派でした。個人的にベストレースはやっぱり桜花賞。シーザリオに唯一土をつけたレースでもありました。

 このブログ上で予想したラインクラフトの全印でも出しておきます。

2006 ○ ヴィクトリアマイル
2006 ◎ 阪神牝馬S
2006 △ 高松宮記念
2005 ◎ 阪神牝馬S
2005 ◎ マイルCS
2005 ○ 秋華賞
2005 ◎ ローズS
2005 ▲ NHKマイルC
2005 ◎ 桜花賞
2005 ○ フィリーズレビュー

 合掌・・。

西の一等星2冠牝馬ベガ死す

 2冠牝馬のベガが死んでしまいました。繁殖牝馬としてもアドマイヤベガ、アドマイヤボス、アドマイヤドンと次々に超活躍馬を出す正真正銘の名牝だっただけに、繁殖5頭はあまりに少ない。残念です。合掌。

 ベガといえばトニービンの初年度産駒。吉田善哉氏とのドラマもありました。脚に爆弾を抱えていながらも牝馬2冠。個人的にはオークスの実況の『西の一等星は東の空にも輝いた。』というのが印象的でした。

 産駒も牡馬ばかりでしたが、最後に牝馬を残してくれました。ベガの2005はファルブラヴの牝馬。3代クラシック制覇も夢ではないかもしれません。

Home > 競馬雑記

Page Top