アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > エアジハード産駒

エアジハード産駒の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

エアジハード産駒キープザフェイスが圧勝!

 東京9Rの河口湖特別はエアジハード産駒の◎キープザフェイスが圧勝してくれました。これでダートは(3・2・0・0)。これは楽しみな馬です。上でも東京なら通用するかもしれません。2着も○のセクシーシューズ、3着も△のラヴァーズナットで気持ちよく的中。堅いけどウマーw。エアジハード産駒が勝って、自分の馬券も勝てるのが1番嬉しいものですw

 しまった~勝負レースと言っても100円ずつしか買ってない・・・でもとりあえず今日の分の馬券代ができました。さてメインメイン。

20051029150621.jpg

エアジハードの甥アペリティフが勝利!ペディクラリスは・・・

 
10/22 京都 4R 2歳未勝利 結果
1着 アペリティフ2:01.3佐藤哲
2着 タニノベリーニ1/2四位
3着 キャプテンベガ1.3/4武豊
ハロンタイム  12.6 - 10.8 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.0
上り  4F 48.8 - 3F 36.4

京都3Rの2歳未勝利に出走したエアジハードの妹のアイシーサイレンスの産駒、アペリティフが勝利!なかなかいい勝ち方でした。POGでエアジハード関連取るならこっちでしたか・・・w。でも2戦目の勝ちあがりでなかなか期待できるのではないでしょうか。楽しみです。

 なんと言ってもこれで新馬、未勝利戦で続けてあのキャプテンベガに先着しましたw。キャプテンファンにとってはとんでもないヒールなのかもしれませんが、キャプテンに勝ったというのは後々のブランドになるかも?

 今日の東京のほうの注目新馬だったベディクラリスだったんですが、あんまり見せ場のない6着に終わりました・・・。藤沢厩舎勝てませんね・・・。まだ2歳はジャリスコライトの1勝のみです。オンファイアの2戦目は大丈夫か??ちょっと今年はリ-ディング怪しくなってきたんじゃ??ペリエも関西だし・・・でもデザーモと、今年はデムーロが関東の加藤征厩舎に来るらしいですね。ちょっとデムーロ関東は楽しみだったりしますw。

2歳世代エアジハード産駒初勝利!

 今日の新潟1Rの2歳未勝利戦でこのブログでもデビュー時に取り上げたエアジハード産駒のユキノアサカゼが勝利!これで2歳世代のエアジハード産駒は中央初勝利です。イエス!!

 前走は思ったより全然人気がなくおいしいんじゃ・・・と思っていたらがんばって4着。今回はもっと評価されるかと思っていたら6番人気。人気がなくてもしっかりと伸びて勝利してくれました。もともとシャドウクリークの半弟と血統はエアジハード産駒にしては申し分ありませんし、これからまだまだ良くなりそうな感じです。楽しくなってきました。

 土曜の小倉の新馬戦に出走したゼンノグッドウッドはなんと1番人気でした。でも離された4着・・・。次は変わってくるとは思いますがまだいまいちな印象です。この馬はあと2戦くらい必要な感じでした。しかしエアジハード産駒が新馬戦で1番人気・・・。正確には調べてませんがそんな記憶はないのでおそらく初めてではないでしょうか。ついにエアジハード産駒がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━か??今まで成績は良くないですが全体的に見ればわるくないと思います。繁殖牝馬の質のわりにはがんばっているのではないでしょうか。いつかすごい馬が出て欲しいと切に願っています。

注目の2歳エアジハード産駒②ゼンノグッドウッド

 まだ2歳世代のエアジハード産駒は未勝利なわけですが・・・。でも今週なかなかの好素材がデビューします。

9/3 小倉 芝1200m 2歳新馬

ゼンノグッドウッド(牡) 石橋守
父:エアジハード
母:ブレスマイスターズ
(母父:ホワイトマズル)

厩舎:武邦彦
馬主:大迫久美子
生産者:社台ファーム
 この馬は昨日のサンスポでも取り上げられていた馬で、血統も母の母がメイクアウィッシュということでテレグノシスの甥にあたる馬です。ホワイトマズルが入って距離的に融通も利きそうですしパワーもありそう。ダート向きっぽくもありますがねw。そもそも社台F生産のエアジハード産駒は非常に少なくなったのでそれだけで期待できますw。母のブレスマイスターズは1勝しかできなかった馬ですが所属はサンデーRの萩原厩舎と個人的には好みな感じ。母になって初仔ですが期待はできそうです。調教でも3歳のオースミヘネシーを2秒以上離すなど動き絶好。いきなり走れそうです。

 相手関係もそこまできつくはなく不気味なファンタスティックライト産駒のゼットフラッシュが最大のライバルになりそうか。あとはコスモルビー、エイシンハンニバル・・・。上手くいけば勝てそうなメンツです。1~2番人気もありえます。初勝利なるか。がんばってほしいところです。

注目の2歳エアジハード産駒①ユキノアサカゼ

 今週の日曜新潟の新馬戦(芝1600m)になかなか期待できるんじゃないかっていうエアジハード産駒ユキノアサカゼが出走します。実は中央のエアジハード産駒の2歳馬は、スパイラルライフがもうすでにデビューして早くも2走しているんですが(8着と6着)、恥ずかしいことに新馬戦の時は全く気づかないで未勝利戦の時に『あれっ??出てる・・・』って気づいたのでしたw。ただでさえ頭数が少ないんですから以後こんなことがないように毎回取り上げていきたいと思っています。
8月14日 新潟 芝1600m 2歳新馬

ユキノアサカゼ(牡) 小林淳一
父:エアジハード
母:アイリッシュシャドウ
(母父:Irish River )

厩舎:根本康広
馬主:馬場幸廣
生産者:習志野牧場

 この馬は実はあのシャドウクリークの半弟にあたる馬で、近親にはダイヤモンドビコーやアイリッシュダンス、さらに言えばハーツクライがいる血統でエアジハード産駒にしてはすっごい良血です。シャドウクリークといえば藤沢和雄厩舎所属で重賞勝ちこそないものの、フェブラリーS3着など芝・ダート問わずにOPクラスで活躍した馬です。そのせいかギャロップの注目新馬に取り上げられていましたし、さらにSANSPOでも取り上げられるなどエアジハード産駒らしかぬ大物扱い。根本厩舎も今年はコスモミールやリファインドボディが勝ち上がって勢いがある厩舎ですので楽しみな1頭です。

 相手はキープユアスマイルやクレヨンルージュなど調教で好タイムを出した馬もいて楽ではないとは思いますが、今年のエアジハード産駒は一味違うってところを見せて欲しいところです。

函館記念に出走するエアジハード産駒

 GⅢ函館記念の出走馬が決定しました。その中にエアジハード産駒のナスノストロークの名前が!!登録しているのは知ってましたけど本当に出走するんですねw。地方ではこないだGⅠのJDDにチャコティーも出走しましたが中央所属のエアジハード産駒が中央重賞に出走するのは初めてです。ていうかOPに出走したことがある馬もビッグハートしかいないんですよ・・・。ある意味バージンなエアジハード産駒、いよいよ重賞に殴りこみですか!(おそらく期待しすぎorz)

日曜 函館9R GⅢ函館記念
ウイングランツ 55.0 松岡正海
エアセレソン 56.5 藤田伸二
エリモハリアー 55.0 北村浩平
グランリーオ 56.0 蛯名正義
スプリングシオン 54.0 田中剛
タイガーカフェ 54.0 武幸四郎
テイエムジェネラス 53.0 秋山真一郎
ナスノストローク 51.0 菊沢隆徳
ハギノハイグレイド 55.0 北村宏司
ブリットレーン 54.0 松永幹夫
ブルートルネード 54.0 横山典弘
マチカネメニモミヨ 55.0 四位洋文
ワイルドスナイパー 53.0 藤岡佑介

 ナスノストロークはまだ階級的には1000万下の馬でめちゃくちゃ格上挑戦です。前走のSTV杯は直線で不利もありほとんど追えない状態で8着。ただそれでも1着ワイルドスナイパーとは0.5差でしたからあの不利は痛かった・・・。今回は最軽量の51㌔ですしワイルドスナイパーから2㌔もらいならもう少し競馬にはなりそうです。と思っているのは自分だけで、さすがに重賞ではさすがにまだ厳しいですかね??函館もそんなに合ってる気もしませんし最重量の馬でも56.5㌔とそこまでハンデに差もないですし・・・。ただ函館記念は荒れるレースですので51㌔とテン乗りの菊沢騎手が上手くあえばひょっとしたらひょっとしますか。とりあえず初重賞挑戦楽しみにします。しかしなんでこんなときに限ってSUPER競馬がないんだ・・・。25時間TV内の中継じゃレースの実況のみですかね。

 さてまた試験勉強しなきゃ・・・明日は二つ・・・orz

JDDにエアジハード産駒が出走します!

 先週の競馬は難しかった・・・。散々な結果で恥ずかしいので忘れますorz。明日は大井競馬場でジャパンダートダービーがあります。そのJDDの出馬表の中になんとエアジハード産駒の名前が!!!!中央はもちろん、地方の中央交流戦でもダービーと名のつくレースにエアジハード産駒が出るのは初めてです。
大井 9R ジャパンダートダービー
 
7枠12番 チャコティー 清家義徳 56
父:エアジハード
母:スイートジョージ(母父:ミルジョージ)

厩舎:角田輝也(愛知)
馬主:中島稔
通算成績:27戦3勝(中央成績:3戦0勝)
 なんと愛知の馬です。自分は愛知生まれでその影響で中日ファンなわけでなかなか親しみが持てます。2歳時にはコスモバルクの千葉津騎手も乗ったことがある馬です。中央でも走ったことがあり最近では中京の白藤賞で11頭中9着になっています。しかしまだ3歳なのにJDDで28戦目・・・・。去年の12月3日からずーーーっと中1週でレースに使われ続けてます・・・。さすがに使いすぎですよね。地方の馬であまり強くない馬なだけに仕方ないことなのかもしれませんが・・・しかしこれだけレースに使えるってのは驚くべきタフさです。前日のオッズでは単勝368倍のビリ人気。さすがにそこまで期待はできませんが応援したいと思います。

 明日は一応大井競馬場まで行く予定です。間に合ったらパドックでこの馬の写真も撮ってきたいと思います。JDDの予想はできたら明日更新したいと思います。

 今週から本格的に試験が始まってつらいっす・・・。

今年度最後の新馬戦

 今日の重賞の予想は完全にぶっとびました-0-。感想は明日にでも書くとして個人的に嬉しい話題を。

 今日の中山6Rの今年度最後の新馬戦(ダート1800m)をエアジハード産駒のゴーグルシチーが8番人気の低評価にも関わらず好位からするどく抜け出し圧勝!2着に2馬身半、その後ろは6馬身も引き離すぶっちぎりでした。かなりの好馬体で、母の兄弟にミホノブルボンがいる血統。レース内容もこれはひょっとしていい所までいけるのでは?と思わせるもので楽しみが一つ増えました。2週前の新馬戦を勝ちあがったロードフレイムに続いて2002年度のエアジハード産駆の2頭目の勝ち上がり。3月は調子がいいですよ(それでもひどいものはひどいですが・・・)。

 期待していた土曜中京10Rのキープクワイエットは惜しい2着でした。今回は相手が強かったですが、次走は確実に勝ちあがるでしょう。

 今年最後の新馬戦も終わり、徐々に2003年度産駒の情報も出てくるころです(もはや今年度のPOGはもう終わったような雰囲気ですし・・)。2003年度のエアジハード産駒はどうなんでしょう。一昨年は初年度ということもあってたくさん情報があったのですが、去年はPOGの雑誌にもほとんど載っていなくて、情報がほとんど手に入りませんでした。今年はなるべく情報を手に入れて有力馬を紹介できたらいいなと思っています。

 今年のPOGはサンデーサイレンスのラストクロップということで盛り上がりそうですね。他にもアグネスタキオンやクロフネ、テイエムオペラオーの初年度産駒が登場します。なんか気に入った馬がいたらそれも紹介していきたいですね。

エアジハード産駒について

 先週の土曜中山6Rの新馬戦でエアジハードの産駆ロードフレイムが勝利しました。エアジハード産駆の現3歳世代ではようやく最初の勝ち上がりとなりました。そもそも産駆の新馬戦勝ちは一昨年のビッグハートと今回のロードフレイムのたった2回のみで、さらに500万下を勝利したのもナナヨーヒマワリの1頭のみと、同期のスペシャルウィークやエルコンドルパサーと比べるとかなり悲惨な状況と言わざるを得ません。種牡馬をこのままずっと続けていくことができるか不安になってしまうほどひどいですよ。エアジハードには現役時代、香港挑戦を脚部不安で断念したあたりからどうも運がない気がするんですよね。産駆にもそれが伝わっているような気が・・・。そのことについてちょっとだけ書いてみます。

 エアジハードはサクラバクシンオーと共にサクラユタカオーの後継として種牡馬デビューしました。初年度は期待されていたので実は良血の馬もいたりしました。その筆頭がエアルーツ。母親はなんとあのクイーンS勝ちのエアザイオンで現3歳のレイズユアドリームの半兄にあたる超良血馬でした。所属も母親と同じ藤沢和雄厩舎とPOGでも人気の1頭でまさに活躍してくれと言わんばかりの馬でした。が、脚元が弱く、さらに藤沢厩舎ということもありデビューできずに地方へと旅立っていきました・・・。地方では1戦1勝で今度は父親と同じ伊藤正徳厩舎所属の馬として中央に帰ってきたのですが、今年の1月500万下を1回使っただけで(10着)、また地方へと帰っていきました・・・。半弟のレイズユアドリームには兄の分まで頑張ってもらいたいところです。

 もう1頭オンディーナという馬もいました。母親はオークス4着のオトメノイノリで馬主は社台RH。所属も尾形充弘厩舎で個人的にはエアルーツよりこっちに期待していました。が、脚部不安でデビュー前の2歳の秋にはもう繁殖入りが発表されていました・・・。いい馬を産んで欲しいところです。

 と、いい馬はデビューできないんですよね。なんか脚元が弱い馬が多いらしいです。2年目からはなかなかいい繁殖牝馬も回ってきていないようなので今の現状になっていますが、良い繁殖牝馬が再びまわってくればサクラバクシンオーのように活躍馬も出せると思っているのですが・・・。

 最後にまだ4歳500万下ですがキープクワイエットという馬は今年まあまあ期待できると思います。プリサイスマシーンの半妹と血統も申し分ありませんし、脚部不安で長期休養明けの今年2月の500万下でも5着とまずまずです。詰めの甘いところと体質がもっと強化されれば1600万下まではいけるのではと、個人的に応援しています。

 エアジハード産駆はエアジハードがそうだったように少し晩成だと思っているので、まだまだこれからでしょう。

Home > エアジハード産駒

Page Top