アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > 2005年06月

2005年06月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GⅠ帝王賞予想

 今日は大井競馬場で帝王賞です。普段は地方競馬はあまり観ませんけどこういうでかいレースはやっぱりチェックです。去年の東京大賞典も雪が降るほどの寒さに震えながら大井競馬場で観てました。今年の帝王賞は大本命が不在でなかなか面白いレースになりそうです。と言ってもこの帝王賞はド本命の馬が平気で飛んだりするレースですのでより難しいレースになるってことですけど。今日はもうOFFT後楽園で馬券買っちゃいました。大学の隣の駅が後楽園なんでこういう時は便利ですw。

 過去10年勝ち馬の人気は①④⑥⑦②①①④①①、1番人気の馬の成績は①⑪⑧⑪⑭①①③①①着。交流競争ながら地方馬の活躍が目立つレースで最近は1番人気の馬がすごい飛ぶのが目立ちます。しかも今日の馬場は重馬場。こりゃ前残りの展開も考えられます。差しよりは先行に注意でしょう。

 大井9R GⅠ帝王賞

◎ユートピア
○クーリンガー
▲ナイキアディライト
☆タイムパラドックス
△スターキングマン

 いくら地方馬が活躍するレースでも困ったときは素直に中央馬、そして去年の東京大賞典上位馬を軸に。今回も重馬場ですし同じような展開になると見ます。◎ユートピアは前走安田記念14着といえ、あのタイムに0.7差ならまずまず。最近は短い距離よりも中距離に良績が残ってますし、ナイキが逃げて2~3番手の競馬も理想的です。○クーリンガーも今年は充実の年で地方は大好き。前走は距離が長かっただけで適距離の今回ならGⅠ制覇も見えるかも。TVで去年の東京大賞典より状態は良いと言ってましたし!逃げる▲ナイキアディライトも去年2着で怖いところ。1番人気もうなずけます。

 3連複◎→○▲→○▲☆△
 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

 さあどうですかね。

GⅠ宝塚記念の感想

 今日も学校から更新です。水曜日は1限と2限で終わるので午後はいつもレポートやら課題やらブログやらやっていますw。ちょっと遅いですけどGⅠ宝塚記念の感想を簡単に。結局自分は前日の予想からタップを除いたゼンノロブロイの1頭軸の3連複を買っていたので3連複16320円を100円だけ的中でした・・・(^0^;)。

勝ちタイム:2:11:5
ラップタイム:12.9 - 11.1 - 11.2 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.0
        - 11.7 - 12.1 - 11.8 - 12.2
前半1000m:59:9
上り:4F 47.8 - 3F 36.1


 勝った△スイープトウショウは強い競馬でしたね。自分から3コーナーで動いているので2着の×ハーツクライほど展開がハマった感じには思えませんし、力勝ちと言っていいと思います。牡馬相手に中距離GⅠ勝ち。牝馬の宝塚記念勝ちは39年ぶりの勝利だそうで、しかも勝った相手もすごいんですから、もっともっと騒がれてもいいくらい歴史的なことだと思うんですけど人気薄で、話題が2強に集まっていただけに扱いはいまいちですね。秋も是非天皇賞(秋)に出て牡馬に挑戦してもらいたいと思います。

 しかし◎ゼンノロブロイが3着っていうのはある程度予想はしていたことですけど、○タップダンスシチーが7着まで惨敗するとは思っていませんでした。去年のタイムやラップを見ても
2004年 宝塚記念
勝ちタイム:2:11.1
ラップタイム:12.6 - 10.7 - 11.0 - 12.1 - 12.1 - 12.5 - 11.9
        - 12.1 - 12.0 - 11.4 - 12.7
前半1000m:58:5
上り:4F 48.2 - 3F 36.1

むしろ去年のほうが辛いペースで走って圧勝してますし、今回はなぜあっさり捕まったのかがよくわかんないですね・・・。やっぱり難しい馬なのかもしれません。そう考えると佐藤哲三騎手はあれだけ乗りこなしているんですから大したものです。秋はさすがにここまでは人気にはならないかもしれませんが、まだまだ怖い存在なのは言うまでもないでしょう。ゼンノロブロイも悲観するほどの結果ではないので海外挑戦も期待できると思います。

 しかしコスモバルクは・・・。自分が気になるのは馬よりも騎手のほう。あの競馬でレース後『自分の思った通りに乗れたんですけど・・・』なんて言ってるようじゃなぁ。そろそろ千葉津代士騎手にこだわらなくてもいいと思うんですけど・・・。このままだと馬が埋もれそうな気がします。

 今日は帝王賞ですね。近年では久しぶりに抜け抜けの人気馬がいない大混戦の帝王賞なんであとで時間があったら予想でもしてみたいと思います。

Musical Baton

P1000036.jpg
[吉祥寺の街(不鮮明)]
 
 ちょっと前に『OK Computer blog』のkazooJTRさんに「Musical Baton」なるものを頂きました。最近ブログ界をちょっと賑わしている例のアレですw。正直日記ブログならともかく今まで競馬のことしか書いたことがない自分のブログ(最近はほとんど競馬予想のみ、しかも停滞気味)には完全にオーパーツだと思うんですけど・・・・・でもこれは自分的には完全にアリですね(回して頂いて嬉しかったりw)。白状すると自分は競馬大好きっ子ですけど実は同じくらい音楽大好きっ子だったりしますw(子じゃないか)。さらに自分はバンドマンでギターを弾いてたりします。結婚式でピアノを弾いたこともありますw。先週の土曜日も吉祥寺のライブハウスでライブをしてきました。7月も新宿でライブする予定なんです。
P1000035.jpg

 せっかくkazooJTRさんに回していただいたんでちょっとこの「Musical Baton」やってみたいと思います。自分は音楽は雑食なほうで洋楽ならロック、パンク、メタル、ポップ、トランス、テクノなどジャンル問わずかなり聴きます。邦楽はあんまり聴かないほうですね。と言っても流行りの女の子ウケしそうな曲をCDRに集めて車に常備しているのは何故でしょう(弱)・・・orz。アンダーグラウンドな曲も好きですがとりあえず今回は洋楽の有名どころを使ってやってみたいと思います。

①Total volume of music files on my computer
  (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

45.3GB

 とりあえず洋楽だけで計算しました。いちおうPCにはちょっと邦楽や個人的に好きなアニソンなんかも入ってるんですけど除いて。自分はiPodユーザーなんで持ってるCDは大体PCにMP3として保存してるんで結構多いほうだと思います。iPodは20GBのやつなんですけど常にパンパンで、新しく曲を入れるときには何かを代わりに消さなきゃならないっていうあんまりiPodにとってはいい使い方をしていませんね。

②Song playing right now(今聞いている曲)

Foo Fighters 「In Your Honor」
Funeral For A Friend 「Hours」
Finch 「Say Hello To Sunshine」


 ここは曲じゃなくてアルバムで。素直に最近買ったアルバムで気に入ってるやつです。Foo Fightersの新作はさすがっていう感じですね。2枚組にしてロックとアコースティックに分けるあたりは大物感たっぷりです。Funeral For A Friendは前作がすごいカッコよかったんで新作にも期待してたんですけど・・・進化してます。よりメロディックでドラマチックになった感じですかね。UKヘヴィロックバンドでここまでビビっとくるバンドはHundred Reasons以来です。Finchも個人的に待ってたぜって感じです。結構コアな洋楽ファンには嫌われがちで、最近衰退気味のDrive-thruも(結構自分は好きなバンドありますけど)、このバンドだけは一線を画すものがあると思います。新作ではよりヘヴィになってポップさは消えましたが今後も残れるバンドだと思います。

③The last CD I bought (最後に買ったCD)

No Use For A Name 「Keep Them Confused」

 最後に買ったも何も昨日買ったCDです。こういうパンクは大好きなんですよ。さすがに青春爆発ファイヤー的なパンクは聴かなくなりましたが、大人なパンクはこれからも聴いていくと思います。

④Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 これもアルバムで書かせていただきます。(5枚じゃ足りませんが)

Ⅰ・Muse 「Absolution」
 腐るほど聴いたアルバムです。本当に腐るほど聴いた。それでも飽きないですね。超名盤だと思います。
Ⅱ・Hundred Reasons 「Ideas Above Our Station」
 これも腐るほど聴きました。UKのヘヴィロックシーンが活性化したのもこのバンドが出てからじゃないでしょうか。捨て曲なしの名盤です。
Ⅲ・Kyo 「Le Chemin」
 フランス語で歌うフランスのバンド。曲、演奏ともに素晴らしいのにいまいち知名度が低いです。もし英語で歌っていたのなら日本でも爆発的に売れそうなくらい素晴らしいバンドです。超お薦めです。
Ⅳ・Fenix Tx 「Fenix TX」
 パンクバンドでは最も好きだったバンド「Fenix TX」のファースト。残念ながらたった2枚のアルバムしか出さずに、成長途上のまま解散してしまいましたが、是非ライブが観たかった。ファースト、セカンドともに最高です。そのへんのパンクバンドとは違います。
Ⅴ・SR-71 「Tommorow」
 これもすごいアルバム。捨て曲は完全になしです。まだ知名度もいまいちです。これはセカンドアルバムなんですけどサードがあまり良くないのが原因ですかね。

 最後に自分のロックの原点とも言えるバンド「Led Zeppelin」を挙げておきます。このバンドは自分が小学生のときに死ぬほど聴きました。このバンドを聴いてギターやりたいって思ったくらいです。アルバムは全部いいですけど個人的に1番好きなのは「Led Zeppelin Ⅱ」ですね。

⑤Five people to whom I'm passing the baton
  (バトンを渡す5人)
 
 5人もいるわけありません。ただでさえ競馬ブログなんですから。シュミノババのあおいんぐさんなら同じ大学生で音楽めっちゃ好きですしやってくれるかなぁ。もちろんやってもらわなくても結構です。

 というわけでたまに音楽ネタを書くのもいいものです。これからは競馬予想のみじゃなくてもっとネタを広げていけたらいいなぁとは思いますが今のままなら無理でしょうねw。

福島テレビOP&津軽海峡特別予想

 福島11R福島テレビOP

◎マチカネアカツキ
○ツルマルヨカニセ
▲インターセフォー
△ロードフラッグ
△ウエノマルクン

 ここは休み明けで、しかも追い切りバタバタに終わっても◎マチカネアカツキに期待。そもそも鉄砲は大得意で追い切りバタバタでも早くから目標を定めていたのできっちり仕上がってることでしょう。同厩のゼンノロブロイに勢いをつけるためにも無様な競馬はできません。○は成績安定のツルマルヨカニセ。大挙出走の地方勢からは今の福島とこの馬の勢いなら逃げ粘りもありえるインターセフォー

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲→◎○▲△

 福島10R白河特別

◎スノースタイル
○メタルスター
▲ステキステキ
△シュペリユール
△シージョリー

 3連複F◎→○▲→○▲△
 3連単F◎○▲→◎○▲→◎○▲△

 函館11R津軽海峡特別

◎ブレイクオブドーン
○ビッグクラウン
▲マチカネウソブキ
△スーパーチャンス
△マウントフォンテン

 3歳馬◎ブレイクオブドーンは前走のかちっぷりからも54㌔ならここでも十分通用するはず。先行できればあっさりもあります。相手は降級○ビッグクラウン

 3連複F◎→○▲→○▲△
 3連単F◎○→◎○▲→◎○▲△

GⅠ宝塚記念予想

 今日は少し疲れました。土曜の予想も散々でしたし・・・。だけど寝てしまう前に早めに簡単ながらGⅠ宝塚記念の予想を。

◎ゼンノロブロイ
○タップダンスシチー
▲シルクフェイマス
×ハーツクライ
☆サンライズペガサス
△スイープトウショウ
△トウショウナイト


 前日オッズでは2強と言うよりほぼ1強状態の○タップダンスシチーの1・8倍。確かにこの馬は実績、臨戦過程、脚質から見ても1番スキがないと言えるのは分かっています。去年と同じレースができれば当然勝ち負けでしょう。唯一のスキと言える年齢も感じさせませんし枠も絶好すぎ。いくらなんでも○以下には落とせません。それでも関東馬ファンの自分としては◎ゼンノロブロイに期待したい。関東馬がたった2頭しか出走していないこの現状を東の大将のこの馬が一泡吹かせなければなりません。一つ言える事は去年とは馬も騎手も全く違うと言うこと。デザーモ騎手なら神戸新聞杯で休み明けだったこの馬に最高のパフォーマンスをさせた騎手です。先行してタップをマークする形になればあっさりだってあってもおかしくありません。この馬がこのオッズに甘んじるのはもうないかもしれませんし、ここは狙い時です。オーナーの分まで走れロブロイ!

 その2強のあとは良馬場なら崩れない▲シルクフェイマスと阪神巧者2頭の☆サンライズペガサス、×ハーツクライ。もし荒れるのを予想するならサンライズペガサスとハーツクライの1着付け3連単が面白い。

 3連複F◎→○▲☆×→○▲☆×△
 3連単F◎○→◎○▲☆×→◎○▲☆×△
 

ストークS予想

 阪神11RストークS予想

◎サクセスドマーニ
○グレイトジャーニー
▲タニノマティーニ
☆スパルタクス
△ファイトクラブ
△レンドフェリーチェ

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 ついに○グレイトジャーニーが降級。正直1600万なら力が違うとは思いますが、前走の大敗も気になりますし、なによりここまで勝ち味を忘れてしまっては相手なりにしか走れずここでも善戦止まりもありえます。そこで元気な3歳馬◎サクセスドマーニ。前走は時計も悪くなかったですが、見た感じ以上に強い内容でした。今の充実っぷりならペースが遅くなれば33秒台の末脚も使えるはずで阪神でも大丈夫。去年も暑い時期に成績は安定していたようにひょっとしたら夏男か?

 明日は吉祥寺まで行ってきます。何をしに行くのかは来週書く記事のついでに書きたいと思います。

安達太良S&大沼S予想

 ペースあげてブログ書くぞーなんて言っておきながらちっとも更新できてませんorz。今週は忙しかったので来週こそはたくさん更新したいと思います。とりあえず毎週の競馬予想だけはしっかりやります。しかし暑くて溶けそうです・・・。

 福島11R安達太良S

◎オルレアン
○エドモンダンテス
▲タガノインディー
☆ラヴァーズレーン
△ローレルアンジュ
△ウイングラシアス

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 ここは降級馬の◎オルレアンで堅いのではと思っています。おあつらえ向きの内枠で多少強引に行ったとしてもここは小回りで先行有利の福島。そこまで先行馬が揃ったわけでもないですし、前が止まらず行った行ったの競馬になるのはほぼ間違いないのではないでしょうか。ハンデ51㌔だった大沼Sにも登録していたにも関わらず、こっちを選んだのは確実に勝つため。未経験の55㌔も大丈夫でしょう。○エドモンダンテスも1600万に留まる馬ではなさそう。一叩きされ、得意の小回りの右回り。まず大崩はなさそうです。

 函館11R大沼S

◎アンドゥオール
○ハードクリスタル
▲タイキアルファ
△ラントゥザフリーズ
△ピサノボス

 3連複◎→○▲→○▲△
 3連単◎○▲→◎○▲→◎○▲△
 
 ウインデュエル、プリエミネンスなど毎年結構個人的に好きな馬が出走してくるこのレース。今年は◎アンドゥオールが出走してきます。やはりこのメンバーに混じっては格が違いすぎます。それなのに57・5㌔でハンデが止まったのは恵量と言えるでしょう。鉄砲も利くタイプですし函館なんか(2・1・1・0)と得意。ここを勝ってまたダート重賞に殴りこんでほしいです。

POG馬:注目の2003年度産SS産駒④

 いよいよ新馬戦も始まり、同時にPOGの闘いの火蓋も切られました。というわけで注目の2003年度産SS産駒の第4回です。もう新馬戦が始まってるのにあんまりちんたらしたペースでPOGネタ書いてるのもなんですから、ペースを上げていきたいと思います(できたら)。今回は牝馬のSS産駒の2頭目です。もちろん関東馬からでちょっと穴っぽいところから。

エメラルドシティ(牝)
父:サンデーサイレンス
母:シアトルスペシャル(母父:Nureyev)

厩舎:二ノ宮敬宇
馬主:サンデーR
生産者:ノーザンファーム


 今まで書いてきたSS産駒は牡牝問わず社台ファーム生産だったので今回は今年絶好調のノーザンファーム生産から。何て言って別に意識したわけではありませんがw。サンデーRの募集馬で募集価格は3600万円。サンデーRのサンデー産駒の中では最も価格が安く、社台RHのサンデー産駒を加えても下から2番目の安値と決して派手ではなく、評判馬というわけでもありません。母の産駒にも活躍馬は出ていなくて、まさしく穴って感じですが馬体から受ける印象は悪くありません。馬格もありバランスもいい感じで、スピードがありそうです。母の産駒が活躍していないと言ってもそれは海外での話。日本で走ったのは1頭のみでしかもBering産駒と日本向きとは言えない血統。父がSSになればSS×Nureyevには活躍馬も多数いるので面白そうです。

 現在ハロン13~14秒くらいまで進んでるそうであと1ヶ月ほど乗り込んで札幌に入厩し、札幌デビューを目指してるそうです。馬体重も4月の時点で460㌔台だったのが6月には480㌔までなるほど著しい成長を見せてるそうなので楽しみです。GallopのPOG本に付いてた産地馬体検査時のDVDを見るとなかなか気性が勝った馬のように見えました。そのへんがいいほうに出るといいと思います。

 馬名のエメラルドシティですがサンデーRのホームページには『シアトルの別称。母より米国シアトルを連想。この街は海と湖、2つの山脈に囲まれ、水と緑が溢れる美しさから、こう呼ばれ愛されている。本馬もエメラルドのような美しさと輝きを持ち、多くの人々に愛されるよう願いをこめての命名。』となっています。個人的にエメラルドシティっていうとオズの魔法使いに出てくるほうを連想してましたがどうやらシアトルのことを指すらしいですね(知らなかったw)。またニコールキッドマンの映画にもエメラルドシティってのがあるので、映画のタイトル=名馬の法則も適用されますw。なかなかいい名前なのではないでしょうか。

アドマイヤカリブ新馬戦勝利!

 先週の日曜函館5Rの2歳新馬戦を当ブログ応援のアドマイヤカリブが勝利。今年は幸先の良いPOGスタートとなりました。まだまだ遊びながら走っているようなところがありましたが、それでもタイムは2歳レコードにコンマ1にまでせまる秀逸なものでこれからの活躍を期待させるものでした。このまま順調ならとりあえず函館2歳Sも好勝負必至でしょう。楽しみな馬が出てきました。

P1000034.jpg
 先週の土曜にちょっと横浜まで行ってきました。自分はサイタマ県という内地に住んでいるので、海がとても新鮮で良かったです。サイタマから横浜なんて遠いなぁって思ってましたが今は湘南新宿ラインなんていう便利なものがあるので1時間くらいでいけるんですよね。なかなかムードたっぷりなところで良かったですね。そのへんがサイタマとは違う感じ。

P1000033.jpg
[↑赤レンガ倉庫]

P1000032.jpg
[↑中華街]

 今週はいよいよ宝塚記念ですね。ゼンノロブロイのオーナーの大迫忍氏が18日に死去。少なくともゼンノロブロイが引退するまで見ることができなかったのはさぞかし無念でしょうね。弔いレースだなんて言われていますが、実際競馬はそういうドラマ的なものが存在する世界だと思っているのでゼンノロブロイには頑張ってもらいたいです。

GⅢプロキオンS予想

 阪神11RプロキオンS

◎テイエムアクション
○ブルーコンコルド
▲メイショウサライ
☆ニホンピロサート
△エイシンハンプトン
△サイレンスボーイ
△サンライズキング

 3連複F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 ダート重賞ですが1番人気の堅実っぷりが目立つレース。前日までのオッズでは5番人気までの馬が大混戦。どの馬が1番人気になってもおかしくありません。その中で最近の充実っぷりで◎テイエムアクション、○ブルーコンコルドの2頭を中心視。上がり35秒台の脚を使える両馬にとって今の阪神はピッタリでしょう。前に行きたい馬はそこまでいませんが逆に言えば前が速くなる可能性を含んでるわけで、ここは後ろからの馬が面白い。▲メイショウサライまでの上がり35秒台トリオの激しい末脚勝負が見たいところ。

バーデンバーデンC予想

 今日のさくらんぼ特別は自分の予想がぴったりハマった感じで個人的には気持ちのいいレースでした。やはり福島は前に行ける馬には警戒が必要そうです。あと今日目立ったのは3歳馬の活躍。今年の3歳は元気そうです。

 福島11RバーデンバーデンC

◎ロードダルメシアン
○スウィートエルフ
▲フサイチホクトセイ
☆シルキーラグーン
△トップパシコ
△リキアイタイカン
△ダイワメンフィス

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 ここはわざわざこの馬のために福島にやってくる武士沢騎手に期待して◎ロードダルメシアン。福島は(3・0・1・1)とまさしく庭。理想は2走前の福島民報杯の時のような前々でのレース運びで、このメンツならそこまで前も速くはならないと思うのでまさしくこの馬の出番です。○は52㌔の軽ハンデで逃げ粘りを狙うスウィートエルフ。完全な叩き良化型で牝馬の夏到来なら面白い。

さくらんぼ特別&TVh杯&三宮特別予想

 なんか天気が悪いのに暑いっていう最悪なパターンの日が続きます・・・。夏は嫌いじゃないですが、いわゆる初夏ってのは嫌いですね。暑さに体が慣れないし、体調悪くなるし、まだ大学の冷房がいまいち効いてないし。でも競馬の初夏は新馬戦が始まるし、クラス変更があったりとなかなか悪くありません。張り切って競馬しましょう。

 福島11Rさくらんぼ特別

◎マルブツスピーディ
○マイネルアルビオン
▲ローランジェネルー
☆スパイン
△ギミーシェルター
△イットウリョウダン

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△   

 ポイントとなるのは降級馬を取るか、元気な3歳馬を取るか。基本的には降級馬を取るのが得策だとは思うのですが、ここは開幕週の福島。去年はバンバン逃げが決まったのは記憶に新しいですね。それなら元気に前にいけそうな3歳馬、1200mならまだ連対を外したことがない◎マルブツスピーディ、前走OP2着の○マイネルアルビオンを中心に。どちらも前にいきつつ鋭い末脚をもった馬で開幕の福島にはピッタリでしょう。穴っぽいところでは3歳馬スパインが面白い。ローカルの帝王中舘騎手が今週も沸かせるか。

 函館11RTVh杯

◎ミスターケビン
○フィーユドゥレーヴ
▲カリプソパンチ
☆マキシマムスピード
△アドマイヤドレス
△ナチュラルリーダー

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 ここも3歳◎ミスターケビンに期待。もともとPOGでも注目されていた馬で1000万下にいる馬ではありません。毎年夏から調子を上げる藤沢厩舎の夏はこの馬から始まります。

 阪神11R三宮特別

◎インマイアイズ
○マルブツシルヴァー
▲サンキンバスター
☆ニホンピロキース
△ハッピートゥモロー
△タイセイエトワール

 3連複◎→○▲☆→○▲△
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

 ほんとにこんなところにいるのが個人的に不思議でならない◎インマイアイズ。来年は兄同様重賞で活躍しているはずです。1000万下なら力が違いすぎます。58・5㌔のハンデでもし人気はそこまでにならないならラッキー。ここから一気に昇り詰めてくれ。

 しかしシーチャリオットの骨折は凹みますね・・・。JDD観にいくつもりだったのに楽しみが一つ減ってしまった・・・。

 明日はちょっと横浜まで行く予定なのでなんとか晴れて欲しいです。

POG馬:今週デビューの注目馬①アドマイヤカリブ

 今週からいよいよ新馬戦が始まります。ゼミもなんとか乗り切りました。また競馬が別の意味で面白くなります。自分が応援する馬は毎年あまりデビューが早くないんですが今年は結構早めにバンバン出走してきそうです。まだ自分の応援したい馬全頭紹介できてませんが、その中の馬が出走するたびに紹介していきたいと思います。
6月19日 函館 5R2歳新馬

アドマイヤカリブ  K.デザーモ
父:サクラバクシンオー
母:ルビーマイディア
(母父:Gone West)

厩舎:小島太
馬主:近藤利一
生産者:ノーザンファーム

 小島太厩舎―ノーザンファーム生産―函館デビューといえば去年2歳戦を席巻したストーミーカフェアンブロワーズと全く同じ。2歳戦なら任せろといったラインです。もともと注目していた馬だったのですが、その馬が好仕上がりで開幕週に登場するのですから期待しないわけにはいきません。もともとセレクトセールで5000万で落札された素質馬。半兄にもデビュー勝ちのイルデパンがいる血統で、父がサクラバクシンオーになったなら余計デビュー戦は確勝でしょう。馬主もアドマイヤの近藤利一氏ならアドマイヤコジーン、アドマイヤドンに続く朝日杯勝ちまで意識してもいい馬か?w。

 この新馬戦に出走する馬でライバルはタキオンバッハとマイネルテセウスか?特にタキオンバッハは新種牡馬アグネスタキオンの1番手なのでちょっと気になる存在ではあります。

 サクラバクシンオーと言えば自分の最も好きな馬エアジハードと同じサクラユタカオーの後継種牡馬で(エアジハードとはもはや絶望的に差があるのですが・・・)ショウナンカンプなど好きな馬も出している馬なので好きな種牡馬の1頭です。今年のバクシンオーはこの馬に期待したいと思います。

来賓席でエプソムC観戦!

P1000029.jpg

 先週は春の東京は最後ということもあって土曜、日曜と両方とも東京競馬場まで足を運んできました。そのおかげで現在体調不良になっていますw。しかも明日はゼミの発表が控えてるわけで、ゆっくり寝て身体を休ませるわけにもいかずになんだかすごい焦燥感・・・。まだゼミの発表の準備も整っていないので、今からムチを入れて追い込みます。

 日曜はちょっと機会があって馬主、調教師、来賓席で競馬を観るってことができました。来賓席でエプソムCを観るなんて高貴な感じがして素晴らすぃ・・・。天皇とか小泉首相とかもおそらくこういうところで観戦したんですよ。いやーいつもの競馬場の景色とは違いましたね。やたら高いんですよw。こんなに高いところから競馬を見たのは初めてで、ある意味感動でした。いつもは見えない向こう正面とかもばっちり見えるんですよ。よくテレビで馬主さんとかが双眼鏡を覗いてたりするのをよく見ますけど、あれは向こう正面を観るためのものだったんですねw!あれならターフビジョンとか必要ないわけです。

P1000030.jpg

 フロアごとに券売所があるので馬券買うときや払い戻すときに待つことなんて皆無ですし、1部屋ごとにテレビもついてました(しかもグリーンチャンネル)。しかも禁煙ですし、ゴミも落ちてません。素晴らしいです。同じ競馬場でもこうまで違うものかと思いましたね。またここで観戦したいなと思いますけど当分無理かな。下手すりゃもう2度と入れないかも??いい経験になりました。

P1000031.jpg


 肝心のエプソムCはブログ的には3連複が的中。グランリーオがもう少し頑張ってくれれば3連単もゲットーだったんですけどね。新潟大賞典、エイプリルS、大阪城Sとずっと◎にし続けたスズノマーチからグランリーオに浮気したのが大失敗でした。もうちょっと一途になれていたら3連単20万も楽々ゲットだっただけに悔やまれます・・・。

 今週から新馬戦が始まり、また違った風に競馬が面白くなりますね。今週からいきなり期待している馬もいるので楽しみです。その前にゼミをなんとか乗り切れてるといいですけど・・・w。

GⅢエプソムC予想

P1000028.jpg

 今日は東京競馬場まで行ってきました(しかも珍しく馬場内から観戦)。しかしその後バタバタとかなり忙しくて駅の中を走り回るハメになり本当に疲れました・・・。明日も東京競馬場まで行く予定なので今日は早く寝ます。その前に本当に簡単に明日のエプソムCの予想を。

 東京11RエプソムC

◎グランリーオ
○サイレントディール
▲マチカネメニモニヨ
☆スズノマーチ
△カンファ-ベスト
△タカラシャーディー
△ダイワレイダース

 ここは今年に入ってからデキの良さが本当に際立つ◎グランリーオ。前走のレコードは安田記念を勝ったアサクサデンエンの京王杯SC時のレコードを破ったもので非常に価値があります。単純計算京王杯SCも十分勝負になったはず。メンバー的にもゆったりとした流れになりそうで、それなら今のデキで距離も克服できるはず。重賞挑戦4回目にしてようやく重賞制覇です。

 3連複◎→○▲☆→○▲☆△
     ○→▲☆→▲☆△
 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

ブリリアントS予想

 東京11RブリリアントS

 時間が無いので予想だけ。

◎ニシノコンサフォス
○エスジービーム
▲ハードクリスタル
☆タイキアルファ
×アルファフォーレス

  馬単◎→○▲☆△、○→◎▲☆
 3連単◎○▲☆×BOX

POG馬:注目の2003年度産SS産駒③

 祝!サッカー日本代表WC出場決定!いやー日本のサッカーは強くなりましたね。初めてWC予選を突破した時に比べたらずいぶんとあっさりと決まった感じでした。普段はあんまりサッカーは見ないですけどやっぱりWCだけは特別ですね。是非本戦も頑張って欲しいです。

 昨日あったGⅠ東京ダービーを勝ったシーチャリオットはさすがと言った感じ。少なくとも地方馬相手に負ける馬ではないですね。JDDが楽しみすぎます。これで中央、地方で2冠馬が誕生。両方とも3冠馬になるようなら本当に今年はすごい年です。

 さて今回は注目のSS産駒の第3回。関東馬の牡馬の2頭目です。やっぱり来年の活躍馬のことを考えるのは本当に面白いです。これこそ競馬のロマンですよねw。


キングアーサー(牡)
父:サンデーサイレンス
母:クイーンモード(母父:Akarad)

厩舎:藤沢和雄
馬主:社台RH
生産者:社台ファーム


 毎年藤沢厩舎に入る新馬は揃っていますが今年は一段と素晴らしいメンバーが揃いそうです。関東馬ファンの自分にはうれしい話ですw。なんだか藤沢厩舎の今の3歳馬はすごくいまいちで、その影響か今年は関東でこそリーディングですが全国では5位。賞金ランキングでは全国17位と特に重賞レースでの不調が目立ちます。藤沢厩舎全体が不調の原因はやはり3歳馬の不振が影響しているでしょう。藤沢厩舎復活にはやはり今年の新馬の活躍が必要です。そのレベルの高い新馬の中でもこの馬は血統、馬体ともに素晴らしく藤沢厩舎を担う馬になれるだけの素質を持った馬だと思います。半姉のシーキングマイラブ、半兄リバースモード共にPOGでも人気になった馬ですが、活躍はいまいち。リバースモードに関してはまだわかりませんが、シーキングマイラブに関してはなんだか日本の馬場が向いてない印象すらあります。SSになったことでそれが解消され、さらなる瞬発力のUPが期待できます。ようやくクイーンモードからクラシックを勝てるだけの馬が出てきたのではないでしょうか。まだまだ子供っぽい馬体ですが、形は抜群に見えますし、これで成長してもっと筋肉がついてきたら素晴らしい馬体になりそうです。社台で1億8000万の募集価格も最初びっくりしましたが納得できます。この馬で社台Fもオーナーランキング逆転を狙ってるはずですw。

 ただおそらくデビューは遅いか。下手すると年明けもありますね。厩舎に新馬のいい馬が揃いすぎているためにデビューが遅いとローテーションが上手く組めない怖れが・・・。それが藤沢厩舎の嫌なところ。なるべく年内デビューを希望です。

 馬名のキングアーサーはもちろん映画のタイトルからですね。今は映画のタイトルがついた馬がかなり走る時代ですからこれもいい名前ですw。クイーンから産まれたキングってところがいいですね。是非とも名前負けしない活躍を期待したいです。

POG馬:注目の2003年度産SS産駒②

またまたこんな時間の更新ですw。昨日から大学のパソコンでレポートをやってるときに課題に飽きたらブログを更新して気分転換するっていう荒業をしていますw。昨日に引き続き注目のサンデーサイレンス産駒②です。正直今年は自分がいいなって思う馬は牡馬が多いんですけど今回は牝馬から選んでみました。


エアマグダラ(牝)
父:サンデーサイレンス
母:エアデジャヴー(母父:ノーザンテースト)

厩舎:伊藤正徳
馬主:(株)ラッキーフィールド
生産者:社台ファーム


 またまた人気のありきたりなところから選んじゃいましたが最初の牝馬なのでご勘弁を。AJCC2着のエアシェイディと自分がオークスで◎をつけたエアメサイアの全妹です。インパクトは薄いですがまず無事なら間違いない血統と言えると思います。エアシェイディ=美浦:伊藤正徳、エアメサイア=栗東:伊藤雄二と伊藤厩舎が続いていたのでまさかこの馬は伊藤圭三厩舎か?なんて思っていましたがそんなことは妄想でしかなく、そのまま一周して関東の伊藤正徳厩舎に戻ってきました。これがでかいんです。正直伊藤雄二厩舎だったらそんなに注目していなかったと思います。お母さんのエアデジャヴーと同じ厩舎でしかも牝馬。エアデジャヴーはエアメサイアもそうでしたがまるで2世のように成績をそのまま仔にも伝えるようなところがあってGⅠではワンパンチ足りない印象ですが、伊藤正厩舎の親子リベンジに期待したいと思います。エアメサイアに比べればもう産地馬体検査を受けていて、情報がでているほうですしまず安心。骨膜が出てペースダウンといった噂(?)もありますがなんとか無事にいってほしいです。

 名前のマグダラって何だ?って思って調べてきたところどうやらキリスト教関連らしいです。『マグダラのマリア』という人物が聖書の登場人物の中にいるようなんですが、キリスト教の知識が皆無な自分にはちょっと難しくてよくわからないですorz。娼婦だったという説もある模様(最初の名前のイメージは牡馬っぽいなーでした・・・)。メサイアも聖書のなかで『救世主』という意味だったのでその繋がりですね。メサイアよりは名前の意味で負けてる感じですが、なんとか姉以上の活躍を期待して、母のリベンジ(GⅠ制覇)を期待したいと思います。

 migu.jpg
[↑マグダラのマリア]

 今回のPOG注目馬は1頭ずつ選んで書いているので時間がかかりそうです。一応SS産駒以外も書きたいので(特にエアジハード産駒、情報あんまり無いです・・・)、6月いっぱいくらい時間をかけてゆっくり選んでいきたいと思います。

POG馬:注目の2003年度産SS産駒①

 さて安田記念も終わりGⅠはひとまず小休止。そろそろ本格的に来年の活躍馬を探す時期になりました。ほかにネタもないですしせっかくですから今年の自分の注目馬を何回かに分けて挙げてみたいと思います。まずはサンデーサイレンス産駒①です。


パルジファル(牡)
父:サンデーサイレンス
母:エリザベスローズ(母父:ノーザンテースト)

厩舎:荻原清
馬主:池谷誠一
生産者:社台ファーム


 もはやPOGでは言わずと知れたこの血統。セレクトセール2003で価格6番目の1億2800万で取引された馬で、全兄に弥生賞勝ちのフサイチゼノン、きさらぎ賞、スプリングS勝ちのアグネスゴールド、現在も短距離重賞で活躍中のリミットレスビッド。走らないわけがない血統です。間違いなく走ると確信していますw。この血統待望の関東馬で馬主もプリサイスマシーンの池谷誠一氏、厩舎も同じくプリサイスマシーン、プラズマ、メテオバースト、ハルクバニヤンなどを管理している荻原清厩舎。個人的にはもう大好きになるしかないだけの好条件なわけで・・・。仕上がりも早いタイプで9月あたりにデビューできるように調整しているらしいです。おそらくどんなに遅くなってもデビューは兄達とおなじ11月~12月あたりか。産地馬体検査時の馬体重は480㌔だそうです。

 問題はやっぱり脚元が弱い血統だと言うことです。フサイチゼノン、アグネスゴールドは間違いなくクラシックでも人気を集めたはずですが、無念にもクラシック前に故障してしまいました。ただ厩舎的には馬を大事に扱う厩舎ですのでそのあたりに期待したいところ。4度目の正直でこの血統のクラシック制覇に期待したいと思います。

 個人的に名前もお気に入りのパルジファルですが、もちろんかの有名なR・ワーグナー最後の作曲のオペラ「舞台神聖祝祭劇 パルジファル(Parsifal)」からきているのは間違いないでしょう。何で名前が早くもお気に入りかと言うと、R・ワーグナーの名オペラから名前を取った馬ローエングリンも大好きな馬だからです。いわばR・ワーグナーシリーズの第2弾なわけです。これは名前的にも間違いなく走ってきますよw。ところで他にワーグナー作曲のオペラで『タンホイザー』、『ヴァルキューレ(ワルキューレ)』、『ジークフリード』といった有名なオペラがあるんですけど、全部競争馬につけてもめちゃめちゃかっこよくて強そうな名前だと思いませんか?(ジークフリードは過去いましたが微妙で・・・)。またR・ワーグナーシリーズ第3弾、第4弾の登場にも期待したいですねw。

通算100エントリー達成!安田記念の感想

 この記事でこのブログ通算100個目の記事になります。最近は忙しくてホントに書くペースが遅くなってしまっていますが、これからもよろしくお願いします。
P1000027.jpg

 安田記念は時間があれば競馬場まで行こうかなと思っていたのですが、突然の用事が入ってしまってとても競馬場からでは間に合わない感じだったので大人しく後楽園のウインズで安田記念を観戦しました。しかもウインズに到着した時間がかなり遅かったために馬券はほとんど買えませんでしたorz。結果的にはそれで助かったんですけどねw。

 自分の◎アサクサデンエンはまさに自分が予想した通りのレース運びでGⅠ初勝利。正直この馬だけは少し自信があったんですw。ウインズではレース中比較的静かにみんな観ているのですが一人『藤田差せっ!!』って思わず叫んでましたw(迷惑)。◎候補だったプリサイスマシーンが回避することになった時から◎にしようと思っていました。その決め手となったのはやはりマイラーズCですね。あのすごい末脚には驚かされましたし、それによって京王杯でも勝負になると思ったわけですから。タイムも良いですしまぐれではないでしょう。完全に本格化しましたね。東京専門な感じもしますけどまだまだ活躍できそうです。藤田騎手が勝利インタビューで自ら『男・藤田』と言っていたのはシビれました。『男・藤田』復活ですね。

 ただ安田記念の予想で的を得ていたのは◎アサクサデンエンだけで2~5着までの馬は全て"ヌケ"ですからどうしようもありませんでしたorz・・・。スイープトウショウは後々考えれば買えたかなぁと思いますねw。香港組は考えてなかったので無理ですけど、サイレントウィットネスは強いですね。逃げなかったのはびっくりしましたが、折り合いもばっちりでしたしスプリント戦なら再び連勝街道に乗るでしょう。またスプリンターズSにきて欲しいです。

 しかしダンスインザムードはどうしたんでしょう??故障かと思うほどの大失速・・・。なんかここまでくるとデザーモ騎手と合わないのかなと思ってしまいますね・・・。なんか今後も心配です。



 土曜のユニコーンSカネヒキリが断然人気に応えて勝利。着差以上に強い内容でした。これからが楽しみな馬ですね。正直単勝1.1倍にまでなるとは思っていなかったのでびっくりしましたけど、まさに人気もダートのディープインパクトでした。
P1000026.jpg

[↑1.1倍にびびって思わず買った記念馬券(ミーハー・・・)]

 今週からは少しGⅠが休憩ですね。しかし毎年安田記念が終わると夏がきたなーって感じがしますw。暑くなりますね。

GⅠ安田記念予想

 GⅠ安田記念。個人的には非常に好きなレースの一つです。今年も面白いメンバーが揃ったと思いますが難しいです・・・。人気も割れに割れていますし今日の雨の影響も気になるところ。やっぱり一筋縄ではいきませんかね。

 過去10年勝ち馬の人気は⑥④⑦⑨⑩④①①①④、1番人気の馬の成績は⑤③⑤⑨④②①①①②。1番人気の馬はあのエアジハードが勝った時のグラスワンダー以来2着以内にはきていません。今回の一つのポイントは外国産馬3頭の取り捨てですが自分は今のところ"捨て"の方向で考えています。

◎アサクサデンエン
○ダンスインザムード
▲テレグノシス
×アドマイヤマックス
☆バランスオブゲーム
△ローエングリン
△オレハマッテルゼ
△ダイワメジャー

 今回は前にいく馬がガンガン行くと思いますが他の馬はミドルペースぐらいか。前すぎず後ろすぎずが理想か。◎アサクサデンエン。京王杯の時も押していた馬なのですがあれはまさにピタリとハマったレースでした。ようやくこの馬も本格化した印象です。今回も前走のように好位置からグリーンベルトに乗るような競馬が理想ですが、この馬は鋭い脚が使える馬なので前が速いようならまん中からでもOKでしょう。ほんとにどこからでも鋭い脚が使えるのは今の馬場では有利です。今年のNHKマイルCのラインクラフトのような競馬ができれば勝ちも夢ではないはず(GⅠ馬らしかぬ名前なのはキニナリますが・・・)。

 ○はダンスインザムード。前走で人気は落としそうですがこの馬は去年の天皇賞(秋)でゼンノロブロイの2着、マイルCSでデュランダルの2着だったのを忘れてはいけません。いわば中距離、短距離の日本のエース2頭に次ぐ走りをしたわけですから甘くみると天皇賞のようなことになりかねません。1600m戦は(3・1・0・0)と完璧。ひっかからずに流れにしっかり乗れればこの馬は確実に崩れません。デザーモ騎手も2回目なのでそのへんは考えて乗るでしょう。

 ▲テレグノシス、×アドマイヤマックス共に東京は大好きです。どんなに崩れても5着以内はキープしてそうな感じ。ただ追い込み一辺倒の脚しか持っていないは気になります。仮柵が外されたことによって有利なのは内に。大外を回して届くかどうかを考えて評価はここまで。

 3連複◎→○▲×→○▲×☆△
     ○→▲×→▲×☆△
 3連単◎○▲☆×BOX
     ◎○→◎○▲×☆→◎○▲×☆△

 明日もしっかり朝起きられたら競馬場まで行く予定です。

明日の東京競馬全レース予想

 たまには明日の東京競馬の全レースを簡単に予想したいと思いますw。安田記念の予想だけはまた後ほど別にUPします。

 1R3歳未勝利(牝)  ◎スパイラルリング
 2R3歳未勝利(混)  ◎スマートパイレーツ
 3R3歳未勝利(混)  ◎レイジ
 4R3歳未勝利(混)  ◎トーセンビッグバン

 まずは午前中の4レース。すべて出遅れないことが条件の馬を◎に。1Rのスパイラルリングは今まで出遅れても最後いい脚で追い込んできています。スタート良く好位置にすんなりつけられればあっさりがあってもおかしくありません。2Rのスマートパイレーツはデビュー戦で出遅れてレースをしていません。まともに出ればこのメンバーなら面白い。3Rのレイジはもう負けられません。4Rはエアジハード産駒のトーセンビッグバン。前走馬体重がなんと576㌔。そのあたり注目してくださいw前走はその影響か降着となってしまいましたが休みを入れてみたら調教がとんでもない動き。鞍上も内田博騎手なら面白いか。

 5R3歳500万下   ◎ニューグランジ
 6R3歳500万下   ◎イブロン
 7R4歳上500万下  ◎ウォーターバロン
 8R夏木立賞      ◎マチカネキララ
 9R4歳上1000万下ビッグロンドン  

 午後からのレースの7R、8R、9Rは強い馬が出走するので頭は堅いのでは思っています。特に8Rマチカネキララは3歳世代が不調の藤沢厩舎の期待の馬。まだまだこのメンバーでは負けられません。9Rのビッグロンドンもここでは抜けてるでしょう。

 10R麦秋S

◎タイキヴァンベール
○クリアーザコースト
▲ピサノボス
☆トウショウギア
△アグネスギンガ
△ツルマルバクシン
△ワキノカイザー

 ◎は昇級のここでも持ち時計が断然のタイキヴァンベール。前走58㌔を背負ってあのタイムならここでも実力は抜けてるか。ちょっと狙ってみたいのが○クリアーザコースト。前走はなかなか強い競馬でした。

 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

 12R稲村ヶ崎特別

◎ルーベンスメモリー
○トムディアマンテ
▲シンワインザダーク
☆ティーリーフ
△アグネスパウエル
△ウェルシュステラ

 ◎はもう1丁ルーベンスメモリー。秩父特別は2着入選したトウカイトニーの降着の影響で涙したレース・・・。ここでその分を取り返したいところです。東京は(1・5・2・0)と確実で58㌔も経験済みなら大丈夫でしょう。○トムディアマンテも堅実な馬。今なら東京でも大丈夫か。

 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

GⅢ愛知杯予想

 中京11R、GⅢ愛知杯。去年から牝馬限定戦に変わってなかなか面白いレースになったと思います。このレースは条件変更される前から荒れる難しいレースでしたが牝馬のハンデ戦になってからますます難しくなった感じがします。去年は⑦⑤⑧人気で決着と荒れましたが、それよりも好きだったオースミハルカの大失速が印象的なレースでした・・・。

◎ウイングレット
○メイショウオスカル
▲マイネサマンサ
×チアズメッセージ
☆オースミコスモ
△レクレドール
△スターリーヘヴン

 人気で休み明けでトップハンデ・・・これだけでかなり危ない感じがするのですがさらに今日の中京の馬場を見るとそれほど前が有利でもない感じ・・・それを承知で◎はウイングレット。この馬は今年のはじめから牝馬路線で応援しようと決めていた馬なんです。まだまだ裏切れません。幸い今回もメンバー的にペースは速くなりそうにありませんし、枠も最内枠。スタート次第では逃げてもいいと思います。平坦で直線も短い中京は合うと思いますし敵は斤量だけでしょう。

 ○は前走強かったメイショウオスカル。どんな競馬もできるのは強みです。平坦はおそらく滅法得意なタイプ。斤量もトップハンデから1㌔もらいなら恵まれたと言っていいでしょう。人気になりそうです。ただウイングレットには4戦して先着したことはないので○にしました。

 ▲マイネサマンサと×チアズメッセージは堅実で強力な末脚が魅力。ハマれば怖いです。そろそろ☆オースミコスモも走り時か。56㌔なら不利さえ受けなければ面白いはずです。

 3連複◎→○▲→○▲×☆△
 3連単◎○→◎○▲×☆→◎○▲×☆△

GⅢユニコーンS予想

 東京11RユニコーンS。過去シンコウインディ、タイキシャトル、ゴールドティアラ、アグネスデジタル、ユートピアとすごいGⅠ馬達を輩出している出世レース。今年はダート無敗馬が5頭。大器の片鱗を見せている馬もいるので楽しみなレースです。

 日程変更されてからの過去4年勝ち馬の人気は⑤①⑦③、1番人気の馬は④①②②。1番人気の馬が堅実な反面人気薄の勝ちも目立ちます。

◎カネヒキリ
○シンメイレグルス
▲ドンクール
☆モエレアドミラル
△アグネスジェダイ
△プライドキム

 ◎はやっぱりカネヒキリ。ダートでの勝ちっぷりがすごすぎて思わず芝の毎日杯でも▲を打ってしまったほどの馬。現状では明らかにダート向きですね。しかし勝ち方は素晴らしい。抜け出してからも気を抜かずに走れることがこの馬の1番の強みかもしれません。だから直線の長い東京も大丈夫でしょう。ここまでダートでは負けなしで毎日杯を使っているあたりがユートピアとかぶる気がするのでユートピア級の勝ち方を期待です。

 ○はシンメイレグルス。この馬がこのメンバーのなかでは1番東京コースは向いてる気がします。前走は休み明けのせいかズブいところも出していましたが結果的には完勝。叩かれた上積みは大きいので好勝負が期待できます。

 ▲は5戦無敗のドンクール。勝ち方にカネヒキリほどの派手さはありませんが実際強い競馬をしてきている馬です。57㌔も東京コースも道悪も経験済みですが一気のメンバー強化での1㌔差はさすがに大きいか。枠もあまりいいとは言えません。ただそんなこと関係しないのがこの馬のキャラクターな気もしますが・・・。

 今回上位にあげた馬は初勝利のレースでの人気はカネヒキリ9番人気、シンメイレグルス10番人気、ドンクール8番人気と決して最初からエリートとは言われていなかった馬がダート無敗、さらに重賞で主役を張っているのは競馬の面白いところであり難しいところですね。

   馬単◎→○▲☆
 3連単F◎→○▲☆→○▲☆△

 

関ヶ原S予想

 中京11R関ヶ原S

 10頭立てにも関わらず骨っぽいメンツで難しいです。10頭全部印つけたい感じ・・・。でもそれじゃ馬券にならないので絞らないとダメでしょうねw

◎テイエムテンライ
○スパルタクス
▲ビッグコング
☆アドマイヤモナーク
△アグネスシラヌイ

 先週までの中京は高速馬場で前に行ける馬が有利でした。今週もその傾向を信じて前に行けそうで中京に実績がある馬も上位に。その中でも◎テイエムテンライはこの距離で中京ならここは負けられないくらいの馬。少なくとも大崩れはしないのではと思っています。前走のダート惨敗は度外視でそろそろ1600万下卒業か。

 ○は休み明けながら中京は(1・2・0・0)と得意のスパルタクス。調教を見てもどうやら休みを入れて馬がだいぶ戻ってきた印象です。堅実な脚が使えるのも魅力で展開一つ。▲ビッグコング、☆アドマイヤモナークあたりまでは本当に展開一つな気がします。前にいける分前者を上に見ましたが差はないでしょう。

 3連複F◎→○▲→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 もうすぐサッカーの日本対バーレン戦です。普段はサッカーはあまり観ませんがやはりこのワールドカップの予選は別。絶対に負けられない戦いらしいですし応援したいと思います。観ながらユニコーンSの予想を書きたいと思いますw

Home > 2005年06月

Page Top