アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > 2005年07月

2005年07月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GⅢ関屋記念の感想:カッチーたのむよ・・・

 GⅢ関屋記念は▲サイドワインダーがすんげー末脚で快勝。一体何秒の上がりだったんでしょう?レースの上がりが33.8ですからおそらく32秒台でしょうね。しかしすごい脚だった。2着は軽視してしまったダイワメジャー。やっぱり上がりが早いわりに前が潰れる展開だったので自分の予想は的を得ていたほうだったはずなんですがこの馬の、GⅠ馬の実力をなめていました・・・orz。強い競馬でした。やっぱりGⅠ馬は強いんですね。

 自分の◎ウインラディウスは7枠なのに最後は最内を走っていました・・・結果11着。たしかに前走もそんな感じで勝ったんですけどわざわざあんなに狭いところを抜けてこなくてもよかった。外枠の追い込み馬有利と見ていた通りダイワメジャー以外の3頭が外枠の馬だっただけに、外を回していたらまた違う結果だったと思います。今日の田中勝春騎手はダートではやたら外の差しを狙っていたんですけどね。○のインセンティブガイもこれからが楽しみになる結果でした。

 驚いたのは☆コスモサンビームが追い込みで5着だったってこと(復活やった!)。いつもは前で競馬するこの馬が後ろから2番目からの競馬だったのでやっぱりダメなのかなと思っていたらとんでもない。すんごい脚で追い込んできました。あれはなかなか故障明けの馬にできることではないと思います。とりあえず故障に気をつけてがんばってもらいたいです。秋が楽しみです。
 埼玉は16時くらいからほんとにとんでもない雨が降ってこれから出かけるので嫌だなーなんて思っていたら今はもう止んじゃってますw。本当にすんごい夕立でした。

GⅢ関屋記念予想:外の追込馬が有利◎ウインラディウス

 明日のGⅢ関屋記念はおそらく一筋縄ではいかないレースで難しいと思います。ただ同距離で行われた今日の新潟メイン五頭連峰特別に明日の関屋記念の攻略法が隠されていた気が・・・。

新潟11R GⅢ 関屋記念
 ミッドタウン56津村
 エリモピクシー54中舘
マイネサマンサ54安藤勝
×ケイアイガード56熊沢
コスモサンビーム57佐藤哲
 ハレルヤサンデー56大西
 エイシンハリマオー56村田
 マヤノシャドー56石橋脩
 ロードフラッグ56二本柳
10 ニシノシタン56吉田
11 ダイワメジャー57横山典
12 オースミコスモ56江田照
13ウインラディウス57田中勝
14インセンティブガイ56後藤
15 ダイワバンディット56北村宏
16 マイティスピード56木幡
17サイドワインダー57福永
18ニューベリー56柴田善
 
 五頭連峰特別は平均ぐらいのペースだったにも関わらず、レースの上がりが33秒8を記録する超上がりの競馬になりました。それなのに前が残れないレース。正直自分の◎タケショウレジーナは展開も向き、しかも反応も良かったので残り150mくらいでは勝ったと思っちゃいました。しかしそこで脚が止まって外からきた馬にかわされて結果6着。それはこの馬の距離が長かったというよりも、むしろ内と外の馬場にかなり差ができてきた印象です。明日は先行勢は軽視して、もし五頭連峰特別と同じ流れになったら多少距離ロスでも外から33秒台前半の脚で追い込んでこれる馬を重視したいと思います。それなら◎はウインラディウスが1番。この馬は東京コースで行われた白秋S、東京新聞杯、京王杯SCを全て33秒台の脚で快勝していますし、新潟コースなら堅実に素晴らしい末脚が出せるはず。前走も58㌔を背負いながら最速上がりで快勝していますし、しかも今回は57㌔、そして外枠。舞台は整ったと言ってもいいと思います。出遅れは心配ですけどそれ以上に今は田中勝春騎手が魅力。前日では4番人気と人気もあまりない!これはおいしい気がします。

 ◎はやや自信があるので問題は相手。やはりフルゲートなだけに外枠からの追い込み馬がごちゃつかずに競馬できていい。○インセンティブガイでどうか。この馬もいずれは重賞で勝負になる馬とずっと思っていた馬で、おそらく平坦の左回りは今は最もこの馬の能力が引き出せそうな舞台。そろそろ身が入ってきて激走してもおかしくないです。休み明けがあまり得意ではないのは気がかりですが、テン乗りの後藤騎手でどうなるか。思い切ってタメまくる競馬が個人的には理想です。

 ▲サイドワインダー、×ケイアイガードはどちらも左回りになるのが魅力的ですし33秒台の末脚が使える馬でもあるので軽視はできません。ただケイアイガードは内枠がきになるので×まで。注目していたコスモサンビームは☆。いきなりは厳しいかもですが2着までならの期待をこめて応援したいと思います。

 3連複F◎→○▲×→○▲×☆△
 3連単F◎→○▲×☆→○▲×☆△

HTB賞予想:当然◎プラズマです。

 函館9R HTB賞

◎プラズマ
○ミキノマーベラス
▲トムディアマンテ
☆コンドルクエスト
△スズカフェニックス

 ここは◎プラズマ。年頭に今年の競馬を考えた時には夏にまだ1000万走ってるとは思ってなかった馬ですし、ここは通過点にしてOPまで一気にいってほしい。平坦もかなり合いますし函館も大丈夫です。ここは大丈夫でしょう。萩原調教師&個人馬主の中では最も好きな池谷誠一氏と個人的にはたまらないコンビの馬です。西川清氏が本当に惜しくも亡くなってしまったので関東優先の個人馬主である池谷氏にこれからの関東を担ってもらわなければなりません。パルジファルも期待してまっせ!函館巧者ということで○にしたミキノマーベラスと▲トムディアマンテはそこまで差はないと思います。

   馬単◎→○▲☆
 3連単F◎→○▲☆→○▲☆△

九州スポーツ杯予想:ツルマルハートも面白い

 小倉10R 九州スポーツ杯

◎フサイチアウステル
○ツルマルハート
▲スプリングダボス
☆マイティーカラー
△エムティーダイオー
△ドルチェリモーネ

 過去10年で5頭の重賞馬を輩出している出世レース。このメンバーで出世しそうなのは文句なしで◎フサイチアウステル。とにかく坂が全くダメな馬で、平坦コースだとまったく違う馬になる変な馬。スピードも瞬発力もあるので小倉はその意味でも最も合うコースかもしれません。個人的にはポストメイショウカイドウはこの馬だと思うので出世レースのここは勝っておきたいところ。それだと配当的には全く面白くなさそうなので○はツルマルハートでどうか。小倉は4戦3勝、しかも早い時計にも対応できる馬です。橋口調教師は小倉巧者に育てるのがうまいですね。小倉なら1000万でも十分通用すると思うのでひょっとしたら頭までありそうです。☆マイティーカラー、△ドルチェリモーネは人気でも3着くらいのイメージですかね。

 3連単F◎→○▲☆→○▲☆△

五頭連峰特別予想:距離大丈夫◎タケショウレジーナ

 今日行われた全国高校野球埼玉県大会決勝は春日部共栄が9回2アウトまで4-1と埼玉栄に3点のビハインドがあったにも関わらずそこから驚異的な粘りと集中力で一挙4点をもぎ取り逆転優勝!高校野球らしいドラマチックな結末でした。今日の酷暑もありまさしく熱闘、若い力はすごいです。ぜひ春日部共栄は甲子園でもがんばってほしいと思います。
 ほんとに暑さで馬もバテそうな感じですね。(ちなみに完全に自分はバテています)

 新潟11R 五頭連峰特別

◎タケショウレジーナ
○ムーンシャイン
▲ルーベンスメモリー
☆フェミニンガール
△ニシノナースコール
△ワディラム
△ウインディグニティ

 ここは自分が来賓席で見ていた前走が強い競馬だったタケショウレジーナ。1600mでは3戦して全て3着とこの距離では詰めが甘くなってしまいますが、それはあくまで3歳の時の話。1600m戦は約1年ぶりなだけに変わってきてる可能性が高いです。前走は東京の1400m戦で圧勝してますので、計算的には平坦の新潟なら1600mは十分こなせるはずです。展開的にも前目で競馬ができそれでいて34秒後半~35秒前半の脚がコンスタンスに使えるこの馬には有利でしょう。この馬で思い出させるのは3連複を1点で的中させたアネモネS。それも1600m戦でした。○はムーンシャイン。休み明けながらフレッシュな状態のほうが走るフジキセキ産駒。時計勝負も任せろって感じです。今週から復帰の後藤騎手も心強いです。ルーベンスメモリーもこの相手なら勝ってもおかしくありません。

 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

  

コスモサンビームがいきなり大復活する可能性

 今週はGⅢ関屋記念。過去10年勝ち馬の人気は①⑧①④③④①②①⑨、1番人気の馬が⑦①⑥①③⑤③①③①着と1番人気の馬が安定して走っている割には掴みどころがなく難しいレースです。1番人気の馬は1着が4回、3着3回とやけに1着と3着が目立ちます。順番的に今年は3着の番なんですけどw。

 今年の出走馬で個人的に気になるのはなんと言っても去年の日本ダービー以来の出走になる朝日杯FS馬のコスモサンビーム。たった1年弱しか経っていないのにキングカメハメハをはじめとする4頭が故障で引退、この馬やフォーカルポイントなど3頭が故障等で1年以上の休養を必要とし、ハイアーゲームやハーツクライも去年の秋は大不振に陥ったというあの悪夢の日本ダービー以来です。長かった・・・一時は引退も考えるほどの故障だったそうで復帰できること自体が奇跡に近いです。スタッフの並々ならぬ努力の結果でしょう。常識的には厳しいですが調教の動きは1年前とそこまで遜色なくいきなりの大激走もありえそうです。

7/20 栗東CW 79.7 65.7 50.3 37.8 12.1(1番時計!)
7/27 栗東坂路 ---- 51.4 37.5 24.7 12.6(1番時計!)


 元々調教はめっちゃ動くほうでしたけどこれは故障明けの馬とも思えないタイムをたたき出していてひょっとしたら・・・を期待させます。なんいっても芝1600m以下は(4・3・0・0)と完璧です。左回りも大丈夫ですのでこれはいきなりでも面白いと思います。血統的にも早熟ってわけでもないでしょう。ただ心配なのは休み明けは苦手ってことと時計勝負にもあまり強くないってこと。新潟の高速馬場にいきなり対応できるかどうか。上がりがかかるようならしぶといのですが上がり33秒台の競馬になるってのも勘弁してほしいです。結論としては大激走の可能性はあるってことです。まあ激走の可能性は50%くらいはあるんじゃないかって思ってるんですけど・・・とりあえず無事が1番ですが期待したいと思います。

 明日は試験が3つ!!orz明日が終われば残り1個です。夏休みが近い!がんばります。

サイレントプライドは2着か・・・



 今日は昨日の豪雨が嘘だったかのような晴天でまさしく台風一過。ここ埼玉も青空が非常にきれいです。風がすんげー強いですけどね。自分の前期試験もようやく後半戦に入って残り4つです。結構回りの友人なんかはもう終わったっていう人も多いんですけど、まだ4つもあるんですよね・・・。そろそろ集中力が切れてきちゃいました。今日も1限に試験があったんですけどその試験内容が『10年後の自分を想定してそこまでのキャリア計画を描き、評価しなさい』なんていう完全に今までの授業と関係ない変な試験で、どうしようもないから10年後は自分はすごい成功しているっていうキャリアを作っちゃいました(痛)w。これで単位とれるのかわからないですけどね。

 実は中日ドラゴンズ8連勝中ですw。8連勝って言ってもニュースや新聞で大きく取りあげられることもなく中日ファン以外知ってる人少ないんじゃないのって感じですけど・・・今日の朝日新聞なんて中日-横浜戦の記事はたった5行ほどでした。しかもその5行は全て横浜の牛島監督のインタビュー・・・(中日無視??)。我が家は全員中日ファンなんで東京中日スポーツを取りたいぐらいです(当然今日も1面は中日です)。今日も勝って9連勝にすればもうちょっと朝日新聞にも載りますかね?
 しつこいぐらいサイレントプライドの話。この馬はあんまり人気がないってことと、デビューが早かったということでもはや今年のPOGの中では最も好きな馬になるかもしれない馬ですw(せっかち)。シャドーロールをつけて出走したってのもナイスです。こういう馬の一口馬主になってみたいものです。社台RHで総額4000万ということは一口100万か・・・・・無理だ。とりあえずレース後のコメントを。

村田一誠騎手コメント
『残念でした。いいスピードは持っているけど、まだ子供っぽいところがありワンペースで走ってしまうところがあります。乗ったことはないけど兄弟と同じようなタイプなのかな。1200mを使って次は変わってくれるでしょう」

 ちまたでは鞍上の差で負けたってことになってますけど、たしかにマイネルパイレットがノリノリの田中勝騎手じゃなければ・・・ってのはありますけど別に村田騎手が悪い騎乗したわけではないので騎手のせいではないです。まだ馬体に余裕があったので上積みは必至で、次は480㌔前半での出走なら間違いなく確勝でしょう。村田騎手のコメントから次走は8月6日の新潟芝1600m8月13日の新潟芝1400mが有力っぽいです。なんとか新潟2歳Sに出走できるようにがんばってもらいたいです。

 触れてなかったですけどピットファイターの骨折(全治6ヶ月)は大ショック・・・。秋期待してたのに・・・

函館記念の感想:ナスノストロークは8着か・・・

 函館記念エリモハリアーが函館の馬場との相性の良さを見せて勝利。この馬自身重賞初勝利なのはもちろん北村浩平騎手もデビュー3年目にして重賞初勝利。だんだん若い騎手の力が際立ってきました。特にデビュー2~3年目のジョッキーは粒揃いな感じです。自分が◎にしたワイルドスナイパーはなぜか見せ場が全くなく今までの函館成績と前走内容に完全に騙されました。これだから競馬は難しいです。(今回自分の予想で的を得てたのは1番人気のエアセレソンを△止まりにできたってことだけでした・・・)

 JRA所属のエアジハード産駒では重賞初挑戦となったナスノストロークは8着でした。12頭立ての10番人気で8着と初挑戦にしては分相応な結果ですがまずまずだったのではないでしょうか。3~4コーナでは『おっ』っと思わせるほど反応が良かったですし直線でもジリジリと差を詰めていました。最後脚が止まってしまい8着でしたがなかなか実力があるところは見せられました。距離も長かったですし根本的には左回りの広いコースが合っている馬なので函館は適正もいまいちだったかもしれません。でも個人的には見応えがあるレースでしたのでこれからが楽しみになりました。

 だんだんとエアジハード産駒の活躍が目立つようになってきました。最近ではこの馬やレオハスラーキープクワイエットなどが準OPでもやれそうな馬になってきていますし3歳では期待のキープザフェイスもいます。基本的に晩成っぽい感じなので楽しめるのはこれからでしょう。同期の種牡馬達になんとかくらいついていけるようにがんばってほしいです。

GⅢ函館記念予想:適正重視◎ワイルドスナイパー

 土曜の競馬は自分の◎つけた馬が全て2~3着・・・orz。複勝率100%と前向きに考えて頑張りたいと思います・・・(馬鹿)。

函館9R GⅢ 函館記念
 テイエムジェネラス53.0秋山真一郎
エアセレソン56.5藤田伸二
 ブリットレーン54.0松永幹夫
ブルートルネード54.0横山典弘
エリモハリアー55.0北村浩平
グランリーオ56.0蛯名正義
ウイングランツ55.0松岡正海
ナスノストローク51.0菊沢隆徳
 ハギノハイグレイド55.0北村宏司
10 マチカネメニモミヨ55.0四位洋文
11ワイルドスナイパー53.0藤岡佑介
12 タイガーカフェ54.0武幸四郎
13 スプリングシオン54.0田中剛

 非常に難しい・・・。おかげで7頭も印をつけることに。適正で言えば去年このレース3着の◎ワイルドスナイパーが抜けてます。なんて言ってもクラフトワーク、ファインモーションの3着で、今年はこの2頭級の馬はいないんですから格下とはいえ大威張りできます。勝ち味に遠い馬とは言っても3着は堅いでしょう。あとは人気が上がらないことを祈るだけですw。○はこの実績で55㌔ならおいしいウイングランツ。函館の2000mなら十分守備範囲でしょう。このレースは若い騎手二人に期待です。中央馬で重賞初出走のエアジハード産駒で面白いナスノストロークは☆。前走スムーズならもっと上位でした。軽ハンデで大激走を超期待です。

 3連複F◎○→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

佐世保S予想:養成ギブスで変わってきたか?◎ヒューマ

 小倉10R 佐世保S

◎ヒューマ
○フサイチホクトセイ
▲ツルマルオトメ
☆ケイアイフウジン
△クリノワールド
△マルカキセキ

 このレースから小倉名物の佐世保S→小倉日経OP→北九州短距離Sと電撃1200mの3連戦が始まります。でも平気でどの馬も格上挑戦するので3連戦でメンバーがあまり変わらないのが面白いところ。唯一の1600万戦のここはかなり早いタイムが出そうで堅いレースのイメージ。◎ヒューマはむしろこの後のOP戦のほうが斤量が軽くなってチャンスかもしれないですが、なにより今はすごぶる調子がいいです。今週の調教など追われてからの反応が素晴らしかったです。なんか特別なトレーニングしたんですかね?wいつもはズブイこの馬がひょっとしたら完全に別馬に変わってくるかもしれませんよ。豪腕の安藤勝騎手もこの馬にかなり合ってると思います。○はおそらく断然人気のフサイチホクトセイ。早い時計が出る平坦コースはかなり合いますね。ここは強いでしょう。ただ前回武豊騎手が乗った皆生特別が唯一の凡走なだけに付け入るスキもあると思います。▲ツルマルオトメは前走が強かったです。タイキシャトル産駒は小倉って感じのレースでした。ただ連闘で格上げで斤量1㌔増はさすがに楽ではないでしょう。

 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

北陸S予想:◎サンライズキング

 地震でかかったですね・・・。ガクガクブルブル・・・

 サイレントプライドが地味に負けてしまいました・・・orz。マイネルパイレットにクビ差の2着。タイムも平凡です・・・。なかなかいいレース運びをしたと思ったんですけど直線では思ったより弾けませんでしたね・・・。まだ太め残りでしたし距離も短かったと思うしかありません。次は大丈夫でしょう(と思うしかない)。7月新馬戦2着→8月新潟未勝利戦1着→9月新潟2歳Sのローテーションでお願いしますw。
 新潟11R 北陸S

◎サンライズキング
○リンガスローレル
▲トウショウギア
☆タイキバカラ
△プリンセスアスカ

 ナニやら前がガンガン飛ばして早くなりそうなメンバー。ここは1番人気でもそこまで抜けた人気にはならないだろうと見て◎サンライズキング。2頭どうしてもハナにいきたい馬がいるので相当早くなりそうな感じ。前がたれるとみて番手でいけるこの馬はかなり有利でしょう。前走も重賞にも関わらずうまい競馬で2着。なにより鞍上が内田博騎手ってのは魅力です。そこまで断然人気にならないのを希望。○も差し馬リンガスローレル。OPとはいえこのメンバーで53㌔ならずっと55㌔以上を背負ってきた同馬にとっては軽量ですし、今までやってきた相手をみてもここなら勝ち負けでしょう。問題はタイキバカラ、トウショウギアの逃げ馬2頭。軽視はできないですけども両馬とも解消されきたとはいえ元々出遅れ癖がある馬。しかもオーバーペースになりそうですしそこまで評価するのは危険かもです。それでも絶好調田中勝春騎手と今までの勝ちっぷりから▲はトウショウギアのほうをを上に見ました。でも勝つまではどうかなぁって思ってるんですけど・・・あーれーって感じの逃げ切りもありますかね。

 3連単F◎→○▲☆→○▲☆△

明日の新馬戦予想:サイレントプライド

 0時を回りはいよいよ今日は期待のPO馬サイレントプライドの初陣です。まだHTMLがよく分かってないので出馬表作りの練習も兼ねて予想してみます。しかしHTMLは難しい・・・目が回りそうになります。BLOGはそういう勉強にもなってタメになりますw

新潟5R 2歳新馬(混)
レオヴィーナス54土谷
 アムールリッチ54石神
サイレントプライド54村田
 セイカホルン54池田
フォワードダンサー54芹沢
 マイネエリス54丹内
 ナモンジェット54郷原
ネヴァベーカリー54小林俊
リンガスベガ54柴田善
10 ミヤコサンサン54木幡
11 サファリバンブー54中舘
12 アイアムマイネル54勝浦
13 カワキタグローリー54江田照
14 マイネルパイレット54田中勝


 とりあえず今日新聞をみるまえは期待3不安7みたいな感じだったんですけど見たらどこの新聞もがっつり印がついていて自信が出てきました。今は不安3期待7ってとこでしょうか。単勝人気はひょっとしたら1倍台かもしれません。調教通り走れればこのメンバーならまず勝てると思うんですけど。内枠ですし前々で競馬できれば・・・。同厩のマチカネノワキとのかねあいで日曜の1600mほうに出走できず距離が短いっていわれてますけど、たとえ距離が足らなくても十分勝てると判断したんでしょう。それでも不安なのはなんででしょうね。

 もしここを勝ったら次は新潟2歳Sのようです。この馬の将来を妄想する(痛)と新馬=1着→新潟2歳S=2~5着→どっかの500万=1着→東スポ杯2歳S=2~5着→朝日杯FS??って感じでしょうか(期待しすぎ・・・orz)。

 あんまりこの馬は指名されていないらしく大手のPOGサイトさんでもあんまり情報が載ってないんですよね。そのへんが不安材料です。でもとりあえずここは勝ってほしい(負けたら立ち直れない・・・)。
 明日の函館の新馬戦にも個人的に色々注目しているジーカップマリーっていう馬がいます。厩舎も好きなところですし父バチアーも社台系がやけに肩入れしてるのでちょっと気になっています(もちろん名前もキニナルw)。思ったより人気になりそうですね。

小郡特別予想:ここも『くぼくん』とともに・・・

kubo2.gif

 小倉10R 小郡特別

◎ヒシアスカ
○シーキングマイラブ
▲シュペリユール
☆ファストアズライト
△リボンアート

 ここも◎は7枠7番のヒシアスカで。別に合わせたわけじゃないんですけどねwというか『くぼくん』ははくぼ競馬専門なのかな?ヒシアスカは平坦コースで改めて期待です。同型馬もいないですし楽にいけるのではないでしょうか。○はシーキングマイラブ。素質だけならこんなところにいる馬じゃないはずなんですけどなんか勝てないですね。ただ最近は復調気味ですのでこの馬も1400mと平坦で改めて期待です。▲のシュペリユールも牡馬相手に肉薄したレースをし続けているので当然上位。ただ気まぐれなところがあるのでそろそろ凡走かも・・・。

 3連複F◎→○▲→○▲☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△
 なんか土曜は全体的に堅い予想になってしまいました・・・。荒れそうな感じも・・・。

青函S予想:ここは手堅く◎ディープサマー

kubokun1.gif
 このJRA北海道シリーズ非公式キャラクターの『くぼくん』っていうのはなーんかツボですねw。実は20歳の大学生っていうのが自分と全く同じですし、好きな新聞が夕刊(東スポだったら自分と同じw)っていうのも親近感がすごい持てます。非公式っていう扱いもなんともたまりません。来年の夏はもういないんでしょうし、くぼくんとタメってのはすごい偶然ですから応援したいと思いますw。7枠か・・・w
 函館9R 青函S

◎ディープサマー
○タニノマティーニ
▲アタゴタイショウ
☆トールハンマー
△イーグルスウォード
△リキアイタイカン

 ここは堅くても函館SS3着の◎ディープサマーで。前走は相手が強かった。函館はすごい相性いいですし一叩きされて上積みも十分。番手の競馬でも大丈夫でしょう。○は函館(3・0・0・1)のタニノマティーニ。函館は大好きでハンデ54㌔も手ごろ。個人的にフリーウェイS上位馬は強いと思っているのでここでも十分やれるでしょう。

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

 函館10R ラベンダー賞

◎シルクドラグーン
○クリムゾンルージュ
▲リザーブカード
△モエレジーニアス

 ここはくぼくんが勝つレースw!7枠7番のシルクドラグーンは前走はいいタイムで勝ちましたし、連闘も輸送があるわけではないですから大丈夫と判断します。相手はエンドスウィープ×SSのいかにも芝を走りそうな血統のクリムゾンルージュ

 3連単F◎○→◎○▲→◎○▲☆△

天の川S予想:ハットトリックだ!◎トウカイトリック

 テストも無事今日で前半戦終了。昨日徹夜だったので今が猛烈に眠い・・・ここから中休みしてまた来週からテストです。ここで緊張感がなくなるとやばいですが、競馬予想はしっかりと。函館記念で使おうと思っている出馬表がちょうどこの天の川Sも頭数が同じでそのまま使えたので使ってみました。しかしこれはホントに大変・・・めんどくさいので重賞の時だけ出馬表を使っていきたいと思います(3日坊主もありえる・・・)。

新潟11R 天の川S
トウカイトリック52芹沢純一
 ハッピートゥモロー57川島信二
アグネスシラヌイ56小牧太
 ブラーボウッズ54木幡初広
ニシノセレッソ54石神深一
 グリーンプレジャー57柴田善臣
カゼニフカレテ55田中勝春
エローグ56中舘英二
 カフェブリストル53村田一誠
10 ダイワバーミンガム52勝浦正樹
11 ゴーウィズウインド55大西直宏
12ビッグコング55吉田豊
13 マイネルプレーリー55小林俊彦

 人気予想すら難しい難解極まりないレースです。しかしハンデ戦にも関わらず過去3年は3着以内まで全て5番人気以内の馬で収まっている不思議なレース。トップハンデの馬も堅実です。しかし今年はハンデ差がないので小波乱ぐらいと予想。◎は3歳馬トウカイトリック。現在2連勝中でコース実績もあり52㌔。前走も圧巻の差し脚でした。自分がこの馬に注目したのは3走前のはなみずき賞。直線不利がありながらコメディアデラルテに0秒2差。このレースで一皮むけた印象です。2000mのタイムも1戦ごとに詰めてますし自在性もあるのでここは期待。○はカゼニフカレテ。かなり勝ち星から遠のいていますが実績はNo.1です。前走ようやく復調の兆しが見えてきましたし、55㌔、しかも得意の直線の長い平坦なら頭まで考えたい馬です。新潟も先週見た感じではそれほど前残りって感じでもなかったですし。▲ニシノセレッソも新潟は得意コースですし、このメンバーでは持ち時計は超断然。夏に勝ちが集中している馬なので面白いかも。

 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 新潟9R マリーゴールド賞

◎スターライトルビー
○シップアルーフ
▲ミヤギノサクラ
△コスモミール

 ◎スターライトルビーはここはおそらく大丈夫。問題は相手探し。○シップアルーフはイメージ的に去年のナチュラルメイクとかぶります。新種牡馬クロフネの馬ですし。2着は十分あるでしょう。

 3連単F◎→○▲△→○▲△

シーザリオ故障orz&函館記念確定

 シーザリオが故障したようです・・・(SANSPO)。右前外側の繋靭帯炎で全治3ヶ月。秋は全休もありえるとのことです。凹みますね・・・。でも3ヶ月なら軽症でしょうししっかり治してほしいです。キャロットもディアデラノビアに続きついてないですね。

 エアジハード産駒が出走する函館記念も確定。ついでにはじめてテーブルで出馬表を作ってみました。めちゃくちゃ大変でした・・・。

GⅢ 函館記念
 テイエムジェネラス53.0秋山真一郎
 エアセレソン56.5藤田伸二
 ブリットレーン54.0松永幹夫
 ブルートルネード54.0横山典弘
 エリモハリアー55.0北村浩平
 グランリーオ56.0蛯名正義
 ウイングランツ55.0松岡正海
 ナスノストローク51.0菊沢隆徳
 ハギノハイグレイド55.0北村宏司
10 マチカネメニモミヨ55.0四位洋文
11 ワイルドスナイパー53.0藤岡佑介
12 タイガーカフェ54.0武幸四郎
13 スプリングシオン54.0田中剛

 とりあず今日二つ目の試験がまだ残ってるのでがんばります。

函館記念に出走するエアジハード産駒

 GⅢ函館記念の出走馬が決定しました。その中にエアジハード産駒のナスノストロークの名前が!!登録しているのは知ってましたけど本当に出走するんですねw。地方ではこないだGⅠのJDDにチャコティーも出走しましたが中央所属のエアジハード産駒が中央重賞に出走するのは初めてです。ていうかOPに出走したことがある馬もビッグハートしかいないんですよ・・・。ある意味バージンなエアジハード産駒、いよいよ重賞に殴りこみですか!(おそらく期待しすぎorz)

日曜 函館9R GⅢ函館記念
ウイングランツ 55.0 松岡正海
エアセレソン 56.5 藤田伸二
エリモハリアー 55.0 北村浩平
グランリーオ 56.0 蛯名正義
スプリングシオン 54.0 田中剛
タイガーカフェ 54.0 武幸四郎
テイエムジェネラス 53.0 秋山真一郎
ナスノストローク 51.0 菊沢隆徳
ハギノハイグレイド 55.0 北村宏司
ブリットレーン 54.0 松永幹夫
ブルートルネード 54.0 横山典弘
マチカネメニモミヨ 55.0 四位洋文
ワイルドスナイパー 53.0 藤岡佑介

 ナスノストロークはまだ階級的には1000万下の馬でめちゃくちゃ格上挑戦です。前走のSTV杯は直線で不利もありほとんど追えない状態で8着。ただそれでも1着ワイルドスナイパーとは0.5差でしたからあの不利は痛かった・・・。今回は最軽量の51㌔ですしワイルドスナイパーから2㌔もらいならもう少し競馬にはなりそうです。と思っているのは自分だけで、さすがに重賞ではさすがにまだ厳しいですかね??函館もそんなに合ってる気もしませんし最重量の馬でも56.5㌔とそこまでハンデに差もないですし・・・。ただ函館記念は荒れるレースですので51㌔とテン乗りの菊沢騎手が上手くあえばひょっとしたらひょっとしますか。とりあえず初重賞挑戦楽しみにします。しかしなんでこんなときに限ってSUPER競馬がないんだ・・・。25時間TV内の中継じゃレースの実況のみですかね。

 さてまた試験勉強しなきゃ・・・明日は二つ・・・orz

POG馬:今週デビューの注目馬②サイレントプライド

 今週自分のPOG馬の2頭目が出走します。この馬も血統的にかなり期待馬なのでアドマイヤカリブに続いて勝っておきたいところです。

7月23日 新潟 2歳新馬

サイレントプライド(牡)  村田一誠
父:フレンチデピュティ
母:サイレントプレアー
(母父:サンデーサイレンス)

厩舎:国枝栄
馬主:社台RH(募集額:4000万)
生産者:社台ファーム
 鞍上が今の今まで分からなかったのですがどうやら村田一誠騎手のようです。ふむ悪くないですよ。今開催の新潟では10戦1勝ですが、人気薄の馬も持ってきていますし、人気より走らせなかった馬のほうが少ないですから。母のサイレントプレアーの産駒はデビューできた馬は全て勝ちあがっていますし兄のスズノマーチは先日エプソムCを勝ったばかりです。新馬戦も4着以下になったことがない堅実血統。父フレンチデピュティも母父がSSからかなりいいはずで、ここは勝ってもらいたい馬です。当然人気になるでしょう。

 この馬はずっと坂路で調教されてきたのですが新馬としては圧巻のタイムを叩き出し続けています。
7/20 美浦 坂路 51.6 37.5 25.4 12.9
(2歳坂路2位美浦坂路全体6位)
7/13 美浦 坂路 51.7 37.7 25.4 13.0
(2歳坂路1位美浦坂路全体10位)
7/06 美浦 坂路 52.9 38.3 26.0 13.5
(2歳坂路3位)
 今日の調教内容などタイムでこそ全体で6位ですが内容は3位に値する内容でした。ハードに見える調教ですが毎週タイムを縮めているのはすごい。アドマイヤカリブ級の時計を出しているのでアドマイヤカリブ級の勝ち方を期待します。相手はリンガスベガやエイシンテンクーなどの良血馬もいて楽ではないかもしれませんが。

 馬名の由来は公式HPに『「静かなる誇り」の意。母名からの連想である。戦へと立ち向かうとき、沸々とわきあがる己への自信。そんな静かなる誇りを持つ本馬だけに輝かしい未来が待ちうけていることを、今は誰も気付いていないか。堂々と胸を張って、いざウイナーズサークルの地へ。』と。静かなる誇り・・・かっこいい!控えめなところがなおグッド!この馬が社台RHに流れを戻すはず!

初リニューアル&アドマイヤカリブほか

 リニューアルしてみました。夏ですし気分を変えるためにもちょこっと明るい感じにいじってみました。あんまりホームページの知識がないもんでかなり悪戦苦闘しましたけどねw(今日も試験があるんですけど、何やってんだ俺・・・orz)。とりあえずしばらくはこれでやっていきたいと思います。これからもよろしくおねがいします。

 今日は自分のPOG馬の話。2歳戦では1番期待してるアドマイヤカリブですけど函館2歳Sの鞍上がなんと武豊騎手に決定しました!(SANSPO)。とりあえず函館2歳Sだけの決定のようですけど、もし勝つようなことがあれば2歳戦はずっと武豊騎手ってことも十分ありえるわけで、まさに鬼に金棒って感じです。函館2歳Sのメンバーも悪くないですが、ひょっとしたら1番のライバルはデビュー戦でちぎったタキオンバッハかもって感じですから、とりあえずここは自信が持てます。武豊騎手ならもう超断然人気になりそうですけどね。

 夏になって自分のPOG馬も続々入厩してきました。SS産駒のパルジファルエメラルドシティも札幌競馬場に入厩したようです。特にパルジファルはSS産駒の中でも最も期待している馬ですので早めの入厩は心強い。またエンドウィープ産駒のパワーコレクター、アグネスタキオン産駒のバーニングレッドも入厩。パワーコレクターにはかなり期待してます。思ったよりも早めの入厩で順調そうなのはなにより。少なくとも候補で迷ってたアドマイヤムーンよりは走ってもらわなければwバーニングレッドは去年のホワイトペッパーのリベンシの意味あいが強いですが姉よりは走りそうな感じもします。

 今週の土曜新潟芝1200mでこれもかなり期待しているサイレントプライドがデビューする予定なんですけど鞍上や調教タイムが出てから詳しく書きたいと思います。

 じゃテスト行って来ます・・・。

WRONG SCALE 『Triangle To Square』

 たまには競馬じゃなくて音楽の話を。しかも洋楽じゃなく邦楽の話。
20050718133539.jpg
 7月6日に自分が日本のバンドでは最も好きなんじゃないかと思っているWRONG SCALEの新作『triangle to square』が発売されました。高校の頃発売されたS☆CREATERSとのスピリットCD『DRAW THE MELODY』を聴いて以来ハマりまくって今まで発売されたCDは全部持っています。自分は洋楽派なんでこういうバンドは珍しいのですが、このバンドは本当に素晴らしいです。自分の高校時代の青春はこのバンドと共にあったと言っても過言ではありませんw。今でも聴くと青春を思い出して切ない気持ちに。ジャンル的に言えば日本では珍しいいわゆるエモっていうジャンルのバンドなんですかね?青春パンクのエモとは違い海外のバンドのエモに近い感じです。

 今回の新作は今まででひょっとしたら1番いいかもしれません。今回から3人編成から4人編成になって音に厚みと深みが増したのも大きいですが、何より4人編成になったことでコーラスワークが格段に良くなりました。ギターもフェンダーのテレキャスターを使うようになり音もグッド。自分もこういうギターが弾きたい・・・。高校時代は耳コピしまくってたんですけど今回は耳コピが難しいですw。

試聴もできます→http://www.indiesmusic.com/itemview.asp?id=10789

 個人的にこのバンドは夏が合ってると思うんですよね。『風』を感じるというか・・・。本当にお勧めです。いつのまにかHMVのインディーズチャートで7位に入ってるくらい有名になってしまいましたがまだまだ上にいけるバンドだと思います。この夏はライブ観にいこうかな。テストが終わったら・・・orz。

マーキュリーC:ピットファイター圧勝

 今日、盛岡競馬場で行われたマーキュリーCピットファイターが他とは次元の違う末脚で2着に7馬身差をつける圧勝でした(レース動画)。このメンバー相手にあの競馬ですから強かったの一言。この馬は好きな厩舎の好きな馬なんで嬉しいですね。これで地方交流競馬という選択肢も広がります。安藤勝騎手とのコンビも相性ばっちりで、まだまだ強くなりそうな感じもして楽しみです。もう1頭好き馬クーリンガーはいつものしぶとさが見れずに5着。最内枠ってこともあり積極的にハナに行ったんですけど終始力んで走ってた感じがしました。やはり番手追走くらいがベストかな。今回は負けましたけどこの馬はまだまだ楽しませてくれるでしょう。人気が落ちてきたあたりでまた激走しそうです。

 友人の父親が盛岡競馬場の競馬新聞の本紙を担当していて、よく盛岡競馬場の話を聞いていることもあり、盛岡競馬場にはいつか行ってみたいと思っています。いいレース結構ありますし。遠いですけどいつか。

 明日は超大事な試験があるので今日は徹夜で勉強になりそうです・・・。今までサボってただけに・・・orz。

NSTオープン&マリーンS予想

 新潟11RNSTオープン

◎ゴールデンキャスト
○ダイワメンフィス
▲マイネルソロモン
☆ウインラディウス
△ロードフラッグ
△マヤノシャドー

 ここは◎ゴールデンキャストに魅力を感じます。久々の56㌔と開幕週でのこの馬のスピード、そして鞍上中館の前走のリベンジ。なかなか条件が揃って面白いです。○は勢いを買ってダイワメンフィス。前走のような競馬ができれば十分好勝負になるのではないでしょうか。当然熱発後でも新潟実績もあるマイネルソロモン。56㌔ならあっさり連覇も考えられますが海外疲れを考えて▲まで。

 3連単◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

 函館9RマリーンS

◎ラントゥザフリーズ
○ハードクリスタル
▲カイトヒルウインド
☆マルブツトップ
△グランパティシエ

 ここは単騎逃げが見込めるラントゥザフリーズ。前走よりも楽に行けそうで小回り函館ならあっさりも。個人的には▲カイトヒルウインドにがんばってもらいたいのですが。

 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

GⅢ北九州記念予想:薔薇の血統力

 今日は夜時間がなさそうなので今のうちに日曜重賞GⅢ北九州記念を予想をしておきます。

 ハンデ戦から別定に変わった2000年から勝ち馬の人気は⑥①⑥②①、1番人気の馬の成績は⑤①②②①。1番人気の馬は堅実、その代わりに2番人気の馬がいまいちなレースです。小倉開幕週に行われるだけにコース実績も重要なレースで今年もコース巧者が揃った感じ。

◎ヴィータローザ
○メイショウカイドウ
▲ツルマルヨカニセ
☆スパルタクス
△サイドワインダー
△チアズメッセージ

 まず小倉3冠がかかるほどの小倉巧者○メイショウカイドウ。小倉6勝(内重賞2勝)は確かにすごい実績。小倉以外の重賞だとさっぱり走らない不思議な馬です。2歳時を除けば武豊騎手とのコンビも(3・4・0・1)とほぼ完璧な成績です。ただこの馬休み明けはあまり得意でないイメージがあり、取りこぼしも考えられるのであんまり断然人気だと怖い。それでも2着は外さない感じもしますが。◎も2着は外さないだろうという意味でヴィータローザ。金鯱賞2着から小回りの平坦はすごい合いそう。小倉は初登場ですが、思い返せばこの馬の全兄ロサードは小倉記念2勝、この北九州記念は3年連続で2着の恐ろしいほどの小倉巧者でした。ロサードと同じく5歳の北九州記念で小倉初登場、しかも兄の時よりも充実しているなら北九州記念、小倉記念連勝もあるか?▲ツルマルヨカニセ、☆スパルタクスも小倉巧者で56㌔なら面白い。

 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

西日本スポーツ杯:ハンデ魅力◎ホーマンテキーラ

 小倉10R西日本スポーツ杯

◎ホーマンテキーラ
○マルブツブリザード
▲スリーロケット
☆フミノナイナー
△ムーライトソナタ
△ツルマルオトメ

 小倉も開幕週。おそらく好タイムが出る前残りの決着か。そのなかで◎は3歳馬ホーマンテキーラ。休み明けながらなかなかの好仕上がりです。1200mなら出遅れて競馬にならなかったクリスタルCを除けば(2・1・0・0)。なによりも人気になりそうな同じ3歳馬○マルブツブリザードからさらに2㌔もらいの52㌔はすごい魅力です。スピードがある馬なので出遅れさえしなければ最内の経済コースを通ってあれよあれよの逃げきりもありえます。鞍上の川島騎手も個人的には魅力的。○のマルブツブリザードも持ち時計優秀で人気もわかるのですが、同じ舞台だったかささぎ賞であまりたいしたレースをしていなかったのがひっかります。前走もチグハグなレースでしたし・・・。断然人気になるようならちょっと危険か。穴で面白そうなのがフミノナイナー。軽ハンデを生かせば面白い。

 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

豊栄特別予想:左回りでこそ◎ギミーシェルター

 新潟11R豊栄特別

◎ギミーシェルター
○シルクディレクター
▲フェミニンガール
☆レディインブラック
△アグネスパウエル
△マリウス
△プリモピアット

 これも難しいレースですね。素直に降級馬を重視した予想に。1600万でも2番人気になった◎ギミーシェルターを左回りとこの距離で見直したい。新潟は初ですが左回りに良績が集まっていることから十分やれるはずで、平坦コースならさらに持ち味が生きてくると思います。開幕週、しかもこの馬より内には邪魔するような馬もいないですし、経済コースをスイスイ進めればここは勝ち負けでしょう。○は去年の2着馬○シルクディレクター。そもそも重賞でも走れていた馬。前走は休み明け、しかも初距離ながら見せ場たっぷりの2着。適距離に戻ったなら今年も勝ち負けでしょう。▲フェミニンガール、☆レディインブラックも1000万で54㌔なら十分やれると思うんですけど追い込み脚質なだけに開幕週ってのがネックです。

 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

道新スポーツ杯予想:◎エムオーウイナー

 今週からややこしいはくぼ競馬が始まります。函館の場合なんてメインの後に3Rもあってどれがメインレースなのかわからなくなりそうです。3連単の始まりがメインレースからですからね。ある意味まだ資金がまだたくさんあるうちにメインを迎えられるのでチャンスなんですかね?

 函館9R道新スポーツ杯

◎エムオーウイナー
○カラメルアート
▲ナチュラルリーダー
☆エネルマオー
△カリプソパンチ
△ケイエスアイ

 難しいレースです。ここは前走の勝ち方と時計が優秀だった◎エムオーウイナーに昇級でも期待してみる。函館は(3・0・0・1)、4着が1回ある以外は全て勝っています。夏に調子を上げるタイプで調教も抜群、よっぽど函館競馬場が好きなようです。対抗も函館巧者の○カラメルアート。1000万でもいつも人気になるほど素質は高い馬なんですけど、どうも最後詰めが甘くなってしまいます。それが函館だと解消されるから不思議なところ。前が早くなるようなら面白いです。▲ナチュラルリーダーも芝で新たなる可能性を見出した感じ。ここも58㌔さえ苦にしなければ通過点かも。
  
 3連単◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

JDDの感想:神様、仏様、金子様

 先日JDDを大井競馬場まで観にいってきました。やはりあのトゥインクル競馬の雰囲気はとてもよかったです。ただ体調が悪いのを無理していったので辛かったってのはありますが・・・w。
P1000044.jpg

 レースはカネヒキリが断然の1番人気の応えて圧勝。さすがダートのディープインパクトと呼ばれるだけあります。先行勢が総崩れする前が早い展開にも関わらず3コーナーから動いて直線で4馬身突き放す横綱競馬。強いです。本当にディープインパクトを思わせるような勝ち方でとりあえずこれからも3歳相手なら大丈夫そうです。先日シーザリオで海外GⅠを勝った角居厩舎ですので海外も視野に入れてくるかもしれませんね。楽しみです。

 しかしJRA勢はカネヒキリを除いてはちょっと情けなかったかな。カネヒキリを負かしにいく競馬をしたっていうのもあるんでしょうけど。自分が推したコンゴウリキシオーはダートが合わなかったとは思いませんけどやっぱりちょっと実力不足だったようです。もう1度中央でダート戦を使ってみてほしいですね。カネヒキリがメイプルエイトにつけた着差は4馬身、シーチャリオットが東京ダービーでメイプルエイトにつけた着差も4馬身。これを考えるとひょっとしたらシーチャリオットが出走していれば地の利で勝っていたかもしれません。やっぱり対決を見たかった。ただシーチャリオットの回復は非常に順調なようです。
P1000045.jpg



 なんか競馬場まで行った理由はエアジハード産駒初のGⅠ出走馬チャコティーを応援するためと言っていいほどチャコティーのことばっかり考えていましたw単勝500倍台のビリ人気だったので勝つのはありえないんですけど、思わず買った記念馬券wパドックに張り付いて一生懸命写真を撮っていたのですが、手ブレ&ピンボケで1枚も上手く撮れませんでしたorz。カネヒキリはシャッターの雨嵐だったんですけどこの馬は撮っていたのはほぼ自分だけでしょうw結果は12着。ビリじゃなければいいと思ってたんですけど前が早かったせいか最後は結構詰めてきてました。マズルブライトも差しましたしw。しかし中1週の名古屋からの長距離遠征にもかかわらず馬体重を2㌔増やしての出走はすごい。この馬の一つの才能でしょうね。

 JDDのレース後に豊コールとともに金子コールが起きてました。本当にすごい運と馬の見る目を持った馬主です。芝とダートのダービーを二つとも断然人気で圧勝する馬を持っているなんて・・・もはや神様ですね。セレクトセールの神様とも言えるかも。今年のセレクトセールで金子真人氏が買った馬の個人的に注目馬はルビーマイディアの05、シンコウラブリイの05、ビスクドールの05の3頭です。特にシンコウラブリィを神様の金子氏が買ってくれるなんて・・・。これはかなり期待できます。是非関東に入れてほしい。お願いします、金子様。

GⅠJDD予想:未知と厩舎の魅力◎コンゴウリキシオー

 さて今日締め切りだったレポートも無事提出できてほっと一息。今日は大井競馬場でGⅠジャパンダートダービー。カネヒキリvsシーチャリオットで中央vs地方の代理戦争を楽しみにしていただけにシーチャリオットの骨折は残念ですが、今日は現地まで行って観戦したいと思います。カネヒキリの1強モードですけど簡単に人気馬が大圧勝したり、簡単に大崩れするのも地方競馬の面白いところ。あの大井競馬場の雰囲気が好きなので楽しんできたいと思います。

 大井 9R ジャパンダートダービー

◎コンゴウリキシオー
○カネヒキリ
▲アグネスジェダイ
☆ドンクール
△メイプルエイト
△プライドキム
 
 やっぱり逃げか先行が大井では有利なイメージ。そうなると○カネヒキリはやっぱり強い。不安要素の初地方戦もなんなくに克服しそうです。先日帝王賞も勝った武豊騎手ですし・・・。ただこのままでは単1・1倍になりそうで馬券的には何にも面白くないものになりそうなのであえてここは他の馬を探したいと思います。そこで◎コンゴウリキシオー。正直JRA勢のユニコーンS組ではカネヒキリを負かすのは難しいでしょう。この馬はダートこそ初ですが芝の毎日杯ではカネヒキリに先着しているという実績もあり、ダートさえ走れればこのメンバーで唯一カネヒキリを負かす可能性のある馬ではないでしょうか。血統的にはむしろダートのほうが合う可能性もありますし、前々で競馬できる脚質も魅力。何よりも山内厩舎といえば1個上の先輩にパーソナルラッシュがいるようにダートは得意な厩舎です。空気が読めない展開もありうるか?以下はJRA勢を中心にした先行できる馬を中心にしました。地方勢は大将のシーチャリオットが2歳の時にプライドキムに負けているのでちょっと厳しいか。
  
 あと個人的に注目のエアジハード産駒のチャコティーですが単勝が500倍台まで下がってダントツのビリ人気になってしまいました。さすがに印をつけるのは厳しいですけど心のなかで応援しているぞ!

JDDにエアジハード産駒が出走します!

 先週の競馬は難しかった・・・。散々な結果で恥ずかしいので忘れますorz。明日は大井競馬場でジャパンダートダービーがあります。そのJDDの出馬表の中になんとエアジハード産駒の名前が!!!!中央はもちろん、地方の中央交流戦でもダービーと名のつくレースにエアジハード産駒が出るのは初めてです。
大井 9R ジャパンダートダービー
 
7枠12番 チャコティー 清家義徳 56
父:エアジハード
母:スイートジョージ(母父:ミルジョージ)

厩舎:角田輝也(愛知)
馬主:中島稔
通算成績:27戦3勝(中央成績:3戦0勝)
 なんと愛知の馬です。自分は愛知生まれでその影響で中日ファンなわけでなかなか親しみが持てます。2歳時にはコスモバルクの千葉津騎手も乗ったことがある馬です。中央でも走ったことがあり最近では中京の白藤賞で11頭中9着になっています。しかしまだ3歳なのにJDDで28戦目・・・・。去年の12月3日からずーーーっと中1週でレースに使われ続けてます・・・。さすがに使いすぎですよね。地方の馬であまり強くない馬なだけに仕方ないことなのかもしれませんが・・・しかしこれだけレースに使えるってのは驚くべきタフさです。前日のオッズでは単勝368倍のビリ人気。さすがにそこまで期待はできませんが応援したいと思います。

 明日は一応大井競馬場まで行く予定です。間に合ったらパドックでこの馬の写真も撮ってきたいと思います。JDDの予想はできたら明日更新したいと思います。

 今週から本格的に試験が始まってつらいっす・・・。

GⅢマーメイドS予想

 明日は新宿のライヴハウスで演奏してきます!だから明日の競馬はその本番前に新宿のウインズで観戦できたらいいなと思っています。勝ってハイテンションになってライヴではっちゃけたいところですwもしくは負けてヤケになってはっちゃけますかorz。

 阪神11RマーメイドS

◎レクレドール
○ミスパスカリ
▲マイネサマンサ
☆メイショウオスカル
△ダイワエルシエーロ

 ◎候補だったマイネソーサリスの取り消しで結局◎はレクレドールと面白くない予想に。でもここはこの馬が勝ちそうです。このメンバーで阪神ならまず大崩れはなさそうですし、武豊騎手ってのもこの馬に限っては大幅にプラスな気がします。対抗は充実してきたミスパスカリ。阪神で岩田騎手。面白いじゃないですかw

  馬単◎→○▲☆△
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

Home > 2005年07月

Page Top