アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > 2005年10月

2005年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ディープインパクトの次走は有馬記念に決定!

ディープインパクト、次走は有馬記念 (nikkansports.com)
3冠馬インパクト 次走は有馬記念(スポニチアネックス)
無敗の3冠馬ディープインパクト、次のレースは「有馬記念」(SANSPO.COM)■ディープインパクト、次走は有馬記念に決定(ラジオNIKKEI)

 ついにディープインパクトの次走が決定しました。

 次の"フォースインパクト"は有馬記念だそうです。速報記事がいくつも出ています。おそらく上にリンクした以外にもありそうです。次走報がこんなにたくさん速報で出るんですから注目度の違いを感じますね。まあたんなる次走報ではないんですけどw。しかし個人的にはジャパンカップのほうに出てほしかった。世界と戦うと共にそしてルドルフ越えの5冠を達成してほしかった。でもまあ日本競馬の宝ですから無理してもらっても困りますけどね。

 しかし有馬記念は去年すごいレコードでゼンノロブロイが勝ったレース。ロブロイにとってもベストの条件と言えそうです。でも天皇賞(秋)のユル~イ古馬戦線を見るとなぁ・・・。やっぱりディープに日本競馬をシメてもらうしかないのかw。楽しみに有馬記念を待ちたいと思います。

JBC枠順確定!日本一は東京じゃなくて名古屋で決まる

 昨日もこのブログの1日のアクセス数が1000を越えてました。2日続けて1000を越えるとは思ってなかったです。ありがとうございます。

 天皇賞(秋)に関してはいろいろ言いたいことがあります。今年に入って古馬の中長距離GⅠは何かがおかしい。でもそんなこと言ってもどうにもならないですから、天皇賞の不満を地方競馬に晴らしてもらいましょう。いよいよ『フサイチネットJBC』です。本当の日本一は名古屋で決まるんですw。天皇賞(秋)じゃなかったんですw。こっちに期待しましょう。枠も今のうちに作っときます。

名古屋 11R GⅠJBCクラシック
 ユートピア57安藤勝
 ニューシーストリー57永島太
 シーキングザダイヤ57横山典
 タイムパラドックス57武豊
 パーソナルラッシュ57藤田
 ユウキャラット55安部幸
 サカラート57秋山
 グレートステージ55田中学
 レイナワルツ55兒島真
10 クインオブクイン53濱口楠
11 ナイキアディアライト57石橋駿
12 ミツアキサイレンス57東川公

 いいメンバーです。距離が1900mっていうのも、どの馬も力が発揮できる絶妙な距離な気がします。いよいよサカラートがGⅠに手が届くのか?個人的にはあっちこっち忙しい藤田騎手に注目していますw。アイポッパーも勝ってくれ。

名古屋 10R GⅠJBCスプリント
 カセギガシラ57安藤光
 ノボトゥルー57武豊
 ハタノアドニス57御神訓
 メイショウボーラー57福永
 ニホンピロサート57安藤勝
 タイガーロータリー57内田利
 マンボツイスト57村松学
 ブルーコンコルド57
 トーシンブリザード57石崎駿
10 ヨシイチバンボシ57吉田稔
11 ベルモントソレイユ57早田秀
12 アグネスジェダイ56小牧太

 こっちもいいメンバーです。人気予想が難しいですけど1番人気はメイショウボーラーかブルーコンコルドか?メイショウボーラーも復活してほしいだけに予想悩みます。

 
JBCの馬券を買うにはジャパンネット銀行D-NETで!





天皇賞(秋)の感想:サイン通り女帝誕生ですけど・・・

 
東京 11R GⅠ天皇賞(秋) 結果
1着 ヘヴンリーロマンス2:00.1松永
2着ゼンノロブロイアタマ横山典
3着ダンスインザムードクビ北村宏
4着アサクサデンエン蛯名
5着スイープトウショウ1/2池添
13.4 - 11.5 - 12.1 - 12.5 - 12.9 - 12.3 - 11.8 - 11.0 - 11.2 - 11.4
上り  4F 45.4 - 3F 33.6

 えっっ???ヘヴンリーロマンス???

 女帝誕生・・・サイン通り・・・なんですよね??でも何かがおかしい・・・ヘヴンリーロマンスとは・・・。松永騎手は来年調教師転向挑戦を発表したばかり。調教師に向けてハクがつきましたね。さすが牝馬のミッキーだ・・・。しかしフジの勝利騎手インタビュー短くないかw?

 最初から振り返ると天覧競馬とあってファンファーレが上手かったw。1000m通過が62・4秒・・・思ったよりもペースが早くないどころかスローじゃん!追い込み馬にはきつい展開。リンカーン、テレグノシスあたりはこの時点でもう脱落でしたね。勝ったヘブンリーロマンスはというとスタートが1、2に絶好でずっと内の経済コースを通って脚を貯めていました。最後は内をつくと決めていたんでしょうね。最後ダンスインザムードとゼンノロブロイに並んでからの勝負根性はものすごかったです。この馬強いですね・・・。しかし難しいですよ。

 2着のゼンノロブロイはさすがノリといった感じ・・・。最後ロブロイがちょっと内に切れ込んで競り合う形になってしまったのが結果的にヘヴンリーの勝負根性に火を点けちゃったのかもしれません。もっと外を通れていればわからなかったかもしれません。でもやはり日本の大将はロブロイってところは見せられたと思います。ディープインパクトはジャパンCに出走して直接対決してほしい。

 3着は魔性の女ダンスインザムード。スローペースなのにかかりもせず最高の競馬でした。難しい魔性の馬ですけどやはり好きな馬ですねw

 そして4着アサクサデンエン。距離やっぱり大丈夫だったぜーって感じですw。本当にエアジハードみたいになってきました。次はマイルCSでしょうけど変わってくるのは必至ですので楽しみです。◎スイープトウショウは頑張っているんですけど展開が合わなかったか・・・。でもスタートも良かったですし悲観することは全くなく次にも期待でしょう。

 今回は展開予想が甘かったです・・・。

1日のアクセス数が1000を越えました。m(__)m

 
 このブログの昨日土曜日の総アクセス数が1000を超えました。正確には1108ヒットです。たくさんの方が訪れてくれたみたいで本当にありがとうございます。天皇賞(秋)の予想記事にはたくさんのTBもいただきました。アクセス解析を見ると昨日は『オンファイア』がらみで訪れてくれた方が多数いたようです。あとまだ『ディープインパクト』も多いですね。1番嬉しいキーワードが『アサクサデンエン 距離』ってやつw。読んでくれた方(?)に参考になったといいのですけどw

 これで一つの目標をクリアしました。もうそろそろブログをスローペースにしてあまり頑張らなくてもいいかなと思ってきています。本当に自分が気になった記事や予想、回顧くらいをまったりアップするスタイルのブログに少しづつしていこうと思っています。毎週の予想は予想の記録室的な役割も勤めているので続けていきますけどね。そういう意味ではブログは非常に役立ちます。新聞を保存するよりも全然スリムですからw。またブログをやっていることによっていろいろな方の競馬予想や競馬観がわかってくるのもとても面白いことの1つです。ブログと競馬は相性がいいですよね?w

 ではこれからもまったりとした『彩の国こうのす競馬BLOG』をよろしくおねがいします。m(__)m

天皇賞(秋)予想:そして女帝誕生へ・・・◎スイープトウショウ


東京10R GⅠ 天皇賞(秋)
 ヘヴンリーロマンス56松永
 スズカマンボ58安藤勝
 リンカーン58武豊
 ハットトリック58ペリエ
アサクサデンエン58蛯名
タップダンスシチー58佐藤哲
 ホオキパウェーブ58藤田
 キングストレイル56福永
 メイショウカイドウ58
10ハーツクライ58ルメール
11 ストーミーカフェ58四位
12ダンスインザムード56北村宏
13ゼンノロブロイ58横山典
14スイープトウショウ56池添
15 テレグノシス58勝浦
16サンライズペガサス58後藤
17 アドマイヤグルーヴ56上村
18 バランスオブゲーム58田中勝

::週中に書いたデータ的な記事は→こちら
::アサクサデンエンに関しての記事は→こちら
::騎手の乗り替わりに関しての記事は→こちら


 さていよいよ『天覧競馬』『エンペラーズカップ』のGⅠ天皇賞(秋) 。週が始まったばかりのころは3冠の余韻でなんだか天皇賞がショボく感じて魅力感じていませんでしたw。が、だんだん考えていくうちにすっごい楽しみになってきましたよ。GⅠ馬8頭、出走全頭重賞馬のフルゲートで行われるんですからすごいレースになりそうです。

 今週から東京芝はBコース。それによって前が有利になると言われているんですが、土曜に行われた芝5鞍のうち4鞍は差し追い込み馬が勝っています。今回はタップダンスシチー、ストーミーカフェがいるので前が速くなりそうな後ろからでも大丈夫でしょうと考えた予想にします。

 まずは人気どころでいらないと思われる馬から。怖いけど積極的に行きます。怖い怖い武豊のリンカーンは勝ち鞍5勝の全てが京都、阪神で挙げたもの、それだけじゃなく2着の4回も3回全てが京都、3着の2回も全て阪神です。そうこの馬は内弁慶なんです。今の3歳にもローゼンクロイツという内弁慶がいますねw。有馬記念で2着がありますがあれは距離が2500mあったからとも言えます。去年の天秋も鞍上が違ったとはいえ1・8負けの12着では今年も・・・。もう1頭はテレグノシス。たしかにこの馬の東京適正は現役最強と言ってもいいほどで毎日王冠もしっかり2着。しかし去年を思い出すと京王杯2着、安田記念2着、毎日王冠1着で秋天は11着・・・。今年は京王杯3着、安田記念6着、毎日王冠2着と明らかに去年のほうが成績がいいではありませんか。今年はもうピークは過ぎたんじゃないか?と考えれば2000mの今回はいらない馬かもしれません。

 自分が確実に5着以内には入るだろうと思われる馬の3頭中心でいきます。◎スイープトウショウ。トラセンの予想企画でも秋天はこの馬を指名しました(いまんとこ全て指名どおりですw)。ちまたでは天皇両陛下ご観戦→女系天皇復活の容認→女傑スイープトウショウ??のサイン馬券だと言われていますが、自分もそれに乗ろうじゃないですかww。もちろんそれだけではなく、枠も好枠、東京はGⅠ2着2回のコース、叩き2走目はGⅠでも確実といろいろ条件は揃っています。しかも前が速いなら文句なしにこの馬の出番です。

 ○ゼンノロブロイ。本来なら◎にすべき馬なんですが、今後のローテを考えてここはまだ一杯じゃないなと思いまして・・・。しかもノリですから2着臭がプンプンします。でも実力は文句なしにナンバーワンですので十分頭もありえますが。▲はハーツクライ。この馬までの3頭が自分が確実に5着以内には入ると思っている馬ですw。5頭中3頭が分かっていれば簡単ですからねw。ダービーで2着した舞台です。厳しい流れになればなるほどこの馬の出番です。宝塚記念で最も強い競馬をしたのはこの馬でした。しかし人気になってますね。ちょっと不安なのはこの馬も内弁慶気味ってことです。同じコースのダービー2着があるからOKだと思っていますが勝ち鞍3勝は全て京都、阪神・・・。でも5着以内なら確実でしょうw

 ☆を付けたいのがアサクサデンエン。理由は週中に書いたとおりです。あえて付け足すことはありません。距離は大丈夫だと思います。ヤネもエビショーならOK。

 △はタップダンスシチー、サンライズペガサス、ダンスインザムード。タップダンスシチーもいらないかとおもったんですがストーミーカフェがつくるペースに乗って有馬のような粘りこみが怖い。このブログお馴染みの『魔性の女』ダンスインザムードが去年2着。今年もなんだか復調気配で速い流れが合いそうです。以上の7頭までで勝負。

 キルトクールテレグノシス・・・。
 
 馬単◎○▲BOX
 ◎○▲のBOX厚めに3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△

武蔵野S&スワンSの感想:カネヒキリの敗北とコスモの復活

東京 11R GⅢ武蔵野S 結果
1着サンライズバッカス1:35.2佐藤哲
2着カネヒキリ1.3/4武豊
3着ヒシアトラス3/4小野
12.5 - 10.8 - 11.2 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.9 - 12.7
上り  4F 49.5 - 3F 37.7

 カネヒキリが敗れました・・・。自分の◎トウショウギアがとんでもなくすっ飛ばしたせいでペースが超ハイペース・・・orz。なんであんなに離して逃げる必要があるんだよ・・・。おかげで勝ち時計1:35.2という良馬場にしてはかなり速い時計で決着。今まで王道競馬しかしてこなかったカネヒキリが不安要素として言われていた『厳しい競馬の経験がない』ことをまさに露呈した結果となってしまいました。出遅れたことでより厳しい競馬になっちゃいましたしね。でも最後はすごい脚で追い込んできましたからやはり能力はあります。この馬の上がりは何秒だったのかが気になるところ。負けたからと言ってこの馬の評価が下がるわけではなくて、勝ち馬との差は斤量と距離適正。距離が伸びるJCDはもちろん怖い馬になのは間違いありません。

 勝った▲サンライズバッカスは54㌔だったとはいえ素直に強かった。なかなか良でこの時計にはなりませんもん。やはり今開催の東京ダートはスピード馬場です。やはり3歳世代は強いですね。ただこの馬は短いところのほうが適正がある気がしますので距離が伸びてどうかは疑問です。隔年で3歳馬が勝つ法則は今年も健在でした。再来年もご注目。このレースで明日の天皇賞の資金ができましたwウマー

 キルトクールだったアジュディミツオーは危ない4着。やっぱり力あります。JDDのほうが距離がいいので怖いな・・・。

京都 11R GⅡスワンS 結果
1着 コスモサンビーム1:21.5本田
2着サイドワインダー1/2福永
3着 ウインクリューガークビ藤岡
  12.4 - 10.6 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 12.0 - 12.5
上り  4F 47.2 - 3F 35.9

 コスモサンビームが連闘で奇跡の復活!!(・・・)3連単も100万馬券!(・・・)

 はぁ・・・こっちはぼろぼろでした。コスモサンビーム自体はすごい好きな馬です。朝日杯でも儲けさてもらいましたし、NHKマイルでも・・・。好きな馬だから今夏の復帰はすごい嬉しかったです。復帰してからの自分のコスモサンビームの予想を見てみると・・・

GⅢ関屋記念→☆(結果5着)→→こんな記事まで書いてるorz
    ↓
GⅢ京成杯AH→▲(結果10着)
    ↓
GⅢ富士S→キルトクールorz(結果9着)
    ↓
GⅡスワンS→無視シカト(結果1着o-rz)
    ↓ 
GⅠマイルCS→?

と復帰して2戦は高い評価をしたにも関わらず富士Sではキルトクールに・・・そのキルトクールが決まったため今回のコスモサンビーム無視に至ったのだと思われます。いや好きな馬なんですよ??はぁ・・・。マイルCSではどうしましょ?

 2着のサイドワインダーは骨折明けとは思えない走りでした。こりゃマイルでも人気しますね。1番人気になった一昨年のマイルSCが思い出されます。あの時も長期休養明け→富士S2着→マイル惨敗でしたから今回もこの馬に関してはしっかり考えなければ。でも当時よりも力がある気がするので好勝負になりそうな気がします。

 明日は天皇賞(秋)。資金はありますw。予想はまた後ほど。

エアジハード産駒キープザフェイスが圧勝!

 東京9Rの河口湖特別はエアジハード産駒の◎キープザフェイスが圧勝してくれました。これでダートは(3・2・0・0)。これは楽しみな馬です。上でも東京なら通用するかもしれません。2着も○のセクシーシューズ、3着も△のラヴァーズナットで気持ちよく的中。堅いけどウマーw。エアジハード産駒が勝って、自分の馬券も勝てるのが1番嬉しいものですw

 しまった~勝負レースと言っても100円ずつしか買ってない・・・でもとりあえず今日の分の馬券代ができました。さてメインメイン。

20051029150621.jpg

萩S&福島放送賞予想

 今日は重賞2つ以外にも面白いレースがたくさんあります。明日の資金を捻出したいところ。しかし東京は良馬場、京都は重馬場・・・。なんだか早くも自分の重賞予想はダメな感じがプンプン・・・。

 福島11R 福島放送賞

◎フィールドルーキー
○アタゴビッグマン
▲カネサマンゲツ
☆リッチスマイル
△エスユーガーデン
△セイカチューバ
△レイテストモデル

 福島ダはやはり前が有利。福島で大幅な前進が見込めそうなのは◎フィールドルーキー。連は堅いと思います。アタゴビッグマンも面白い。

 3連複◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単◎○→◎○▲→◎○▲☆△

 京都9R 萩S

◎オースミタキオン
○ロジック
▲ドリームパスポート
☆フサイチリシャール
△メイショウサムソン

 ここはタキオン産駒2頭に期待。◎オースミタキオンは前走のレースぶりが鮮やか。Sペースを痛恨の出遅れにも関わらず差しきり。当然ペースも上がるであろう同じ距離のここも主役。○ロジック。タキオン産駒でも1番くらいに評価されていた馬で新馬も順当勝ち。素材は良さそうです。ただ血統的には短距離向きな気もするので距離経験の差で○。

 馬単◎→○▲☆、○→◎
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△
 
 東京9R 河口湖特別

◎キープザフェイス
○セクシーシューズ
▲カメリアローズ
☆ランタナ
△ラヴァーズナット
△フロムアップランド

 これが勝負レースか?w。エアジハード産駒の◎キープザフェイスでw。デザーモが惚れるほどの素材でアメリカに強い同名馬がいるのは有名な話。まだダートでは連対外してなく勝つときは圧勝という馬。東京も合いますし成長していればここも面白いと思います。○は1000万でも安定しているセクシーシューズ

 3連複◎→○▲→○▲☆△
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

オンファイア未勝利戦は順当勝ち!

東京 3R 2歳未勝利 結果
1着 オンファイア1:49.7北村宏
2着 レオヴァーサス江田照
3着 トーホウダンサリン1 3/4武豊
ハロンタイム  13.1 - 11.6 - 11.9 - 12.7 - 12.6 - 12.8 - 11.7 - 11.7 - 11.6
上り  4F 47.8 - 3F 35.0

 今度は、今度は勝ちました!関東期待の雄のオンファイア。まあ前走だって負けてはいけないはずだったんですが・・・。今日は1R、2Rと断然の1番人気が2着に負けていたのでまさか・・・とは思いましたけど今度は強かったです。単勝も1・2倍でしたしね。+体重で出走してきたんでひょっとして1・0倍になるんじゃないか??なんて思ったりもしましたが杞憂でしたw。しっかり馬単1130円いただきましたw。しかしまた最後方からの競馬になるとは思わなかったのですこーしヒヤヒヤw。ラスト11.7 - 11.7 - 11.6からわかるようにいい末脚を持ってます。タイムも前よりもしっかり伸ばしてきてますし、この馬は大丈夫ですねw。走ります。まあ兄と比べるのはいくらなんでも辛いですが、その上の兄のブラックタイドくらいの活躍はしてほしい。楽しみになってきました。

 この馬これから路線はどうするんでしょう?まさか朝日杯を目指すわけはないと思いますし・・・放牧??。個人的には東スポ杯に出てほしいな。

スワンS予想:鞍上藤田で◎チアフルスマイル


京都11R GⅡ スワンS
サイドワインダー57福永
 タマモホットプレイ58和田
 マルターズヒート55ボニヤ
デアリングハート53上村
チアフルスマイル55藤田
 ゴッドオブチャンス57川島
 コスモサンビーム57本田
 ペールギュント55小牧
マイネルハーティー56安藤勝
10 ビッグプラネット55池添
11 ニューベリー57柴原
12 シンドバッド57岩田康
13リキアイタイカン57武幸
14 エイシンヴァイデン55石橋守
15 ネイティヴハート57熊沢
16キーンランドスワン57ルメール
17ギャラントアロー56
18 ウインクリューガー58藤岡


 過去10年勝ち馬の人気は⑩⑪②②⑧①⑤②⑦④、1番人気の馬の成績は③④⑤⑦⑯①⑦②⑤⑥着。難しい重賞の一つです。4年前から3歳馬が出走可能になって、3歳馬の成績はこれまで(2・0・2・13)。特にここ2年は3歳馬の人気薄が勝っています。今年も3歳馬5頭出走で不気味な馬も・・・。

 人気になりそうな馬、サイドワインダーは骨折明けと最内枠、キーンランドスワンは距離、タマモホットプレイは58㌔など不安が多く大荒れの予感・・・。展開もギャラントアローとビッグプラネット、ゴッドオブチャンスがいるので速いのは必至。去年のように差し馬からか。◎はチアフルスマイル。なかなか思い入れのある好きな馬です。最近こそ本格化してきて中距離もはしれるようになりましたが本来は短距離志向。クイーンSで見せた上がり33秒8は能力の証です。なにより勝ち鞍6勝のうちの4勝を挙げている藤田騎手とのコンビ復帰がいい。展開も明らかに向きそうです。欲を言えばもう少し外枠が良かったか。競馬新聞によっては重い印が並んでるところもありましたから穴にならないかもしれませんが・・・。

 ○はデアリングハート。距離はやはりこのあたりがベストでしょう。距離が長かった古馬相手のクイーンSでも4着ですから距離が戻ればあっさりもあるかもしれません。▲はサイドワインダー。骨折から奇跡のスピード復帰。さすがにマイルCSへの叩き台だと思いますが能力でどこまで。

 ☆はリキアイタイカン。ひょっとしたら最も展開が向くかもしれないのはこの馬かもしれません。外枠ですし。一昨年の再現なるかも。以下キーンランドスワン、マイネルハーティー、ギャラントアローまで。

 キルトクールは強気にタマモホットプレイ。58㌔じゃきたことないですし・・・。京都は怖いですが・・・。

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

武蔵野S予想:雨で重い馬場なら逃げ残れる?◎トウショウギア

東京11R GⅢ 武蔵野S
 ハギノベルテンポ56横山典
 トシザボス56北村宏
 アジュディミツオー59内田博
サンライズバッカス54佐藤哲
 エドモンダンテス56吉田豊
ヒシアトラス57小野
 ドンクール56後藤
カネヒキリ57武豊
 サンライズキング56蛯名
10 クーカイ56小林淳
11 ベラージオ56勝浦
12トウショウギア56田中勝
13 カフェオリンポス59四位
14マイネルモルゲン57柴田善
15サイレントディール57ペリエ
16 トップオブワールド57松岡


 3歳が出走できるようになり、現行の条件で行われるようになった過去4年勝ち馬の人気は⑤①④①、1番人気の馬の成績は⑬①⑥①。隔年で1番人気が勝っているレースだけでなく隔年で3歳馬が1番人気で勝っています。3歳馬で出走した馬の過去4年の成績は⑤⑩①⑩⑪⑯①⑧⑫とさすがに古馬との差はあるようですが、隔年に1頭3歳馬ですごいダート馬がこのレースから誕生しています。それはもちろんクロフネとサイレントディール。そして今年も偶然なのか、それとも必然なのか・・・同じ勝負服の強い3歳馬が出走してきます・・・。

 もちろん人気はそのカネヒキリ。ダートは6戦6勝、その全てが圧勝で馬主も騎手もおなじことからダートのディープインパクトの異名もつくほど。そのディープインパクトが3冠達成して、今度はこの馬にも当然注目が集まります。しかも明日は雨予報。軽い走りをするこの馬にとっては好条件でしょう。でもこの馬に逆らうならここという気もします。初の古馬との対戦で57㌔は楽ではありません。クロフネが3歳で57㌔を背負い圧勝したのは記憶に新しいですが、果たしてこの馬はクロフネ級なのか??同じ舞台だったユニコーンSの内容は超圧勝っていうわけではないですし、ここを圧勝されるともう逆らいようがないですからあえて○に評価を落とします。データ的には3歳の金子馬なんですけどねw。

 代わりの◎の条件はカネヒキリよりも前で競馬ができて、斤量がカネヒキリと同じかそれ以下の馬。カネヒキリが負けるなら雨で前が止まらない展開しかありません。ピッタリの馬がいました、いましたw。◎トウショウギア。この馬東京が得意というだけでなく。1600mは無敗でもち時計もカネヒキリよりも0.4上回る良で1:36.1。重馬場も大丈夫です。まさしく適格な馬です。同型はアジュディミツオーがいますが、相手は距離が少し短いでしょうし、59㌔。同型はいないようなモノです。雨が条件になりそうですが期待してみます。

 ▲も3歳馬サンライズバッカス。カネヒキリから3㌔もらいの54㌔は魅力です。重馬場もいい。☆はヒシアトラス。叩いた上積みも見込めますしこの馬も重馬場ならフェブラリーSの経験が生きてきます。今なら距離もこのあたりがいいのかもしれません。

 以下サイレントディールマイネルモルゲン。サイレントディールはもう?な感じですがペリエでどこまで・・・。

 キルトクールは強気にアジュディミツオー。距離短い上に59㌔では・・・。

 3連複◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△(36点)

ミステリーな騎手の乗り替わりに見る天皇賞(秋)

 天皇賞(秋)はGⅠ馬8頭、全頭重賞勝ち馬、牝馬も4頭と豪華絢爛なメンバーです。ですが、そのせいなのか騎手乗り替わりの馬が7頭とGⅠにしては多いです。しかもそのうちの3頭がGⅠ馬ですからこれはとんでもないことです。いかにメンバーの実力が拮抗しているかがこのあたりで分かります。

 その乗り替わりも面白い乗り替わりや不思議な乗り替わりが多く、予想の参考にもなるかもしれませんw。なんていってもレースでの馬の実力が1番分かるのは騎手でしょうし、その選択には重要な意味があるはずです。(あくまで自分の想像ではありますが・・・)

 まずはゼンノロブロイの乗り替わり。ペリエ騎手が来日しているにも関わらず横山典。これは早いうちに決まっていたことですが不思議です。しかもペリエ騎手は今回の来日は関西を拠点にしています。藤沢調教師と一悶着あったのかと疑ってしまうほど不自然な感じ。個人的には関東に帰って来いペリエって感じ。ペリエだったらもっと人気していたでしょうから今回の混戦の理由の一つでもあります。ノリはハーツクライよりもゼンノロブロイを選んだってことですからゼンノロブロイ>ハーツクライってことになりますよね?ハーツクライは去年ダンスインザムードを2着に持ってきたルメール騎手ですので怖さはあまり変わりませんが・・・。

 去年3着のアドマイヤグルーヴもついに武豊から乗り替わり。デビューから一度も譲らずにずーーーっと乗ってきたのに、ついにこの馬から降りるんですからこれは相当リンカーンがいいってことでしょうか?去年はリンカーンから降りて大正解(リンカーンは12着)でしたし、武豊騎手の選択は非常に参考になります。GⅠ馬よりも単なる重賞馬なんですから間違いなくリンカーン>アドマイヤグルーヴです。

 1番面白いのは中堅組の乗り替わり。自分がひいきにしていて安田記念でも珍しく大穴の◎を的中できたアサクサデンエンもなぜか藤田からエビショーに乗り替わり・・・。なんで??おかげで東スポもゲンダイも揃って無印に・・・。その藤田騎手はどこいったと言えばホオキパウェーブを後藤から乗り替わり。たしかに新馬とか乗ってましたけどGⅠ馬を捨ててまで取るんですからホオキパは相当良さそうです。調教もバッチリですし。ホオキパに乗ってオールカマーを勝った後藤はどこへ行ったかと言うと毎日王冠をにテンノリで勝ったサンライズペガサスへ。サンペガは天皇賞(秋)3着の実績がありますから、まあこれは順当でしょうか。3着したときの鞍上ヨシトミはいずこへ・・・w。サンライズペガサス>ホオキパウェーブ>アサクサデンエンってことになりますね。

 乗り替わり組のまとめ

ゼンノロブロイ>ハーツクライ
リンカーン>アドマイヤグルーヴ
サンライズペガサス>ホオキパウェーブ>アサクサデンエン

 もちろん選択ミスもありえますが、ちょっと注目して見てみます。ミステリーな乗り替わりもありますからw。

アサクサデンエン=エアジハード??

 
 アサクサデンエンの天皇賞での評価が低い、低すぎる・・・。今日買った東スポ、デンエンに印がついてる記者、皆無。夕刊ゲンダイも左に同じ。つまり無印なんです。フジは見てないですがこの感じだと良くても△がついてるくらいか??この調子だと下手すると単勝人気は8~10番人気くらいかもしれません。みんな今年の安田記念馬を忘れてしまったのでしょうか?

 今年の安田記念では自分はこの馬を◎にしていたのでとても印象に残っていますw。今年の安田記念はレコードタイ決着ですよ。しかも2、3着馬はその後GⅠを勝っています。大荒れだったので見落としがちですが決してレベルが低いレースではありませんでした。しかも東京は(6・0・1・2)とメンバー屈指の東京適正。決してテレグノシスに見劣るものでもありません。距離も2000mこそ2戦して共に着外ですが、2戦とも北海道での結果。単純に馬場があわなかったのかもしれません。1800mでは(1・1・2・0)ですから、本格した今なら東京2000mは守備範囲と考えられます。今回は前が早そうですから展開も向くでしょうし。

 それなのにしかしなぜ評価がここまで低いのか?それはやはり休み明けだからっていうのがあるでしょうね。本当は毎日王冠で叩く予定だったんですが調整遅れと59㌔を嫌って回避。ぶっつけ本番となりました。たしかに使って良くなっていくタイプなのでこれは痛いマイナス。新馬戦は勝ってるんですけどね・・・。しかもなぜか鞍上が藤田騎手から乗り替わりで蛯名騎手なのも要因の一つか・・・これは今回の天皇賞でいくつかあるミステリーな乗り替わりの一つです(詳しくはまた後ほど)。なんか河野調教師と揉めたんでしょうか?GⅠ馬を手放すとは・・・。エビショーはこの馬に過去1回乗って2着1回。これは評価をそこまで落とすほど悪くはないと思いますが。

 安田記念から秋天に直行組の過去の成績は③④⑥⑥①③⑰④着。実はそんなに負けてません。馬券対象が3回もありますから。安田記念からの秋天直行組で思い出す馬はもちろん・・・

 エアジハード!!

 自分が最も愛する馬ですw。実はこのアサクサデンエン、エアジハードとかぶるところがありまして、ローテーションが京王杯SC→安田記念(1着)→放牧→天皇賞(秋)も同じ、なんと今回は鞍上も同じではあーりませんか!!突き詰めれば安田記念で2着に下した馬が共に宝塚記念を勝ってます(グラスワンダー&スイープトウショウ)。これはデンエンは十分3着はありえるってことに他なりませんw。人気よりは頑張れると思いますよ。

 頑張れデンエン!!

天皇賞(秋)の枠順考察と展開考察

 今日の北海道2歳優駿は1着入線馬が降着するアクシデントで少し波乱。当然自分の予想はアサッテの方向へ・・・。地方競馬&2歳は難しいのは分かってたのでいたって冷静ですよw。忘れて今週のGⅠの話に。

 天皇賞(秋)の枠順が確定しました。GⅠ馬8頭だけでも豪華なのに、出走全頭重賞馬の豪華ラインナップ。なんだかすごい楽しみになってきました。


東京10R GⅠ 天皇賞(秋)
 ヘヴンリーロマンス56松永
 スズカマンボ58安藤勝
 リンカーン58武豊
 ハットトリック58ペリエ
 アサクサデンエン58蛯名
 タップダンスシチー58佐藤哲
 ホオキパウェーブ58藤田
 キングストレイル56福永
 メイショウカイドウ58
10 ハーツクライ58ルメール
11 ストーミーカフェ58四位
12 ダンスインザムード56北村宏
13 ゼンノロブロイ58横山典
14 スイープトウショウ56池添
15 テレグノシス58勝浦
16 サンライズペガサス58後藤
17 アドマイヤグルーヴ56上村
18 バランスオブゲーム58田中勝


 過去10年の勝ち馬の人気は①①③④①④⑥②③②、1番人気の馬の成績は①①⑬②①⑤中②③⑫。以前は1番人気が勝てないジンクスが存在したのはご存知の通りですが、最近は過去5年で3勝とそんなジンクスは消えたと言っていいでしょうw。勝ち馬は1~4番人気の馬からほぼ出ているので今年もそのあたりの人気馬から勝ち馬が出そうな気がします。

 天皇賞(秋)はそのコース形態から外枠の馬は不利だ不利だと毎年言われていますが過去10年の勝ち馬の枠は⑦⑧④⑦⑦⑤⑤⑥②①と外枠が不利な感じはしません。一昨年は大外枠でシンボリクリスエスが勝ちましたし。むしろ内枠の勝ち馬が8年連続で出ていません。外の馬が距離面で不利なだけに一気に内にくるので、そのぶん内枠が不利なんじゃないかと思います。5枠~7枠が10年で6勝しているのでそのあたりがベストか。ゼンノロブロイ、スイープトウショウ、テレグノシス、ハーツクライの人気馬はいい枠だと言えそうです。特にハーツクライスイープトウショウは絶好枠でしょう。

 展開は厳しい流れになることが多く、過去10年で9回ハイペースのレースになっています。逃げ馬の勝ち馬は皆無で、最高に逃げねばった馬でも3着が最高、勝ち馬の位置取りも3番手が最高です。その3番手もオフサイドトラップの時ですので例外。過去10年で8回差し馬が勝っているように、このレースは差し馬から選ぶのがセオリーでしょうね。しかも今年もストーミカフェ、タップダンスシチーの逃げ馬がいるのでペースが落ち着くことは考えられません。

 今のところ確実に5着以内には入るだろうと考えている馬が3頭いるので、自分の予想はその3頭を中心に考えていくことになりそうです。あまり面白い予想にはならなそうですが・・・。問題はSSと菊花賞でドンガバっているキルトクール・・・。強気に攻める姿勢は崩したくないのでリンカーンとかにしちゃいそうです・・・。うーむ、怖い・・・。

北海道2歳優駿予想

門別10R GⅢ北海道2歳優駿
フジヤマスウィープ55武豊
 ストロングヒーロー55服部茂
 コスモバーン55齋藤正
モエレジーニアス55五十冬
 フレンチウォリアー55柴山雄
カネマサドゥイット55宮崎光
 アオイハル55今野忠
 ワールドキャッスル55藤原幹
 フェノンガルウ55渋谷裕
10 エイティジャガー55佐々国
11ケイアイテイメント55中舘英
12 ピースメーカー55山口竜
13エイシンセイテン55安藤勝
14 モエレヤマト55千葉津


 正直、難解なレースで良くわかりまてん・・・。オッズを見ても、現時点では割れ割れなので当てになりませんし・・・。でもこのレースは年末の全日本2歳優駿に直結するレースですので、予想くらいはしておきましょう。

 ◎は実績から言ってモエレジーニアスで堅いか?芝とはいえここではダントツの実績、ここはある意味試金石となるレースになりそうです。でも1800mは札幌2歳Sで克服済みですし、しっかり内枠ならここは大丈夫か。

 ○はJRAから。ケイアイテイメント。前走はダート替わりのこの距離で圧勝。血統からも明らかにダート向きなので頭まであってもおかしくないと思っています。▲カネマサドゥィットも無敗で面白い馬です。血統的にも長い距離のほうが向きそう。

 以下武豊のフジヤマスウィープエイシンセイテンまでで大丈夫か?これにパフィオペディラムが出てればもっと面白かったと思いますね。

 馬単◎→○▲△、○→◎

リニューアルしました。

 
 リニューアルしました。ディープインパクトが3冠達成した直後に変えるつもりだったんですが、なんだかんだ時間がかかってしまいましたw。おかげさまでこの記事で301エントリー、カウンターもちょうど40000を回ったところですので区切り良くリニューアルするころができました。ありがとうございます。

 変わった点で1番大きいのはテンプレートがプラグイン対応になったところでしょうか?もともとプラグイン対応にしたくてリニューアルしたようなものですからw。しかし便利ですね。自分はHTML初心者のくせに色々いじりたがりなので、今までかなり悪戦苦闘しましたが、プラグイン対応になったことで多少楽になったと思います。デザイン的にも自分では気に入っているんですがいかがでしょうか?w

 もう一つ変わったことは実験的にアフィリエイトを始めたことです。今流行りのあれですw。最近ようやく即パットに加入するためにジャパンネット銀行に口座を作ったので、口座を最大限利用するためにちょっとやってみました。あくまで実験的なので辞めるかもしれませんw。でもまあしばらく続けてみます。競馬関係のアフィリエイトの研究も今後やっていきたいと思います。アドバイスやご指摘があればよろしくお願いします。

 それでは今後とも当ブログをよろしくお願いします。今週は天皇賞ですね。天皇陛下もついにいらっしゃるそうで・・・天覧競馬です。気を引き締めて(?)いきたいと思いますw。
 

今日はディープインパクトの3回目の『バースデイ』♪

 
 まだまだディープインパクトネタで・・・w。おそらくこれがリニューアル前の最後の記事になると思います。

 今日の24:25分からTBS系のドキュメンタリー番組『バースデイ』でディープインパクトの3冠ドキュメントが放映されます。まだ3冠の余韻漂う"サードインパクト"2日目ですから、これは早い。楽しみすぎます。忘れないようにチェックですよ。

 たしかこれでディープインパクトの『バースデイ』は3回目だと思います。一応全部見てきたつもりなんですが、もし違ったらごめんなさい。これまでもなかなかいい番組でしたから、今回も期待が高まります。なんていっても3冠ですから。やっぱり池江調教師や市川厩務員をはじめとした『池江厩舎』に注目した内容にしてほしいですね。しかしディープインパクトはバースデイが多い馬ですw

 じゃ始まるまでの3時間、自分は勉強に励みたいと思いますw。

菊花賞の視聴率の意外な不思議?

 
 今年の菊花賞は3冠馬誕生と大変な盛り上がりで幕を閉じました。京都競馬場の入場者数も13万人超で過去最多、菊花賞単勝支持率史上2位の79.03%など記憶と記録の両方に残るレースになったのは間違いありません。素晴らしいレースでした。菊花賞の過去最高単勝支持率はメイズイの83.2%だそうですがこの時のメイズイは6着に負けたんですよね・・・。そんな馬が負けたら競馬場で暴動が起こりそうですけど・・・今回はディープが勝ってくれてよかったw。

 しかし3000mのレースで上がり3ハロン33.3は本当にオバケと言わざるを得ません。ダンスインザダークの上がり33秒8も当時鬼脚と呼ばれていたのに、それをコンマ5秒も短縮。鬼脚を超えた魔脚ですよw。

 いろいろ記録尽くめだったんですけど、視聴率だけはフジ(7.3%)とNHK(4.8%)を合わせても平均12.1%と日本ダービーの時の12.5%に及びませんでした。もちろん普段はGⅠでも平均6%ほどなのですごい数字ではあるのですが、ダービーの数字を考えると物足りない気も・・・なぜだ??日本ダービーのほうが14万人と観客の数は多かったのに。以前このブログで日本ダービーの視聴率について取り上げたんですけど、その時は『競馬史上最高視聴率、ナリタブライアンの菊花賞の15.4%も超えるのも夢じゃない』と書いたんですけど約3%も差がありました。まあ当時とは世間の競馬への関心度が違うとはいえ、今年の日本ダービーよりは視聴率があってもいいと思うんですけどね。つまり関西のほうが競馬ファンが多いってことでしょうかねw?関西の競馬ファンがみんな京都競馬場に行ったから視聴率がいまいちだったと・・・。しかも日本ダービーのときよりもフジの視聴率が下がってNHKが増えてますw。ドリーム競馬が関東に受けいれられなかったのか?自分的には井崎vs杉本の対決や宮川さんと福原さんの司会の掛け合いも面白かったんですけどね。いまいち息があってなかったですけどwまあ菊花賞はそんな視聴率の不思議がありました。

 菊花賞後もディープインパクトは相変わらずケロっとしているそうです。もう今週末から調教を始めるそうで、上手くいけばJCにも出走してくれるかもしれません。年内1走のプランらしいですけど、どうせならルドルフの4冠をお超える5冠を目指して欲しいと思うのがファン心理ってもんです。それでもう誰にも抜けない3歳時獲得賞金を築いて欲しいw。

 菊花賞が終わって満足感と変な脱力感がありますw。今週も天皇賞と熱いレースがあるので気持ちを切り替えていこうと思います。

ディープインパクト3冠!!これが日本競馬の結晶だ!

 
 祝!ディープインパクト3冠達成!

10/23 京都 11R GⅠ 菊花賞 結果
1着ディープインパクト3:04.6武豊
2着 アドマイヤジャパン2横山典
3着ローゼンクロイツ4安藤勝
ハロンタイム  13.0 - 11.6 - 11.7 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 13.5 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.1 - 11.6
上り  4F 47.8 - 3F 35.7


 世界のホースマンよ、見てくれ!これが日本近代競馬の結晶だ!
 ディープインパクト!!


 やはりすごいレースになりました。レース後しばらく鳥肌と心臓のバクバクがおさまらなかったですw。すごい。ついに3冠を目撃してしまった・・・。競馬場の入場者数は菊花賞レコード、いったい視聴率がどれくらいだったのかが気になります。またダービーのときのように12%以上はいったと思いますが・・・。単勝はなんと想像もしてなかった100円元返し。2000万円を単勝につぎ込んだ人は一体どういう気持ちでレースを見たのか・・・。記録と記憶の両方に残る一戦だったのは間違いありません。レース最後の馬場さんの実況がカッコよすぎですw。何回も繰り返し見ちゃいましたw。

 ディープインパクトはスタートこそ良かったものの、道中は掛かり気味でスムーズとはいえませんでした。そのへんがあまり着差がつかなかった理由でしょうか(まあそれでも2+4馬身離していますが)。さすがのディープも初の3000mには戸惑ったようです。ひょっとしたらあまり長すぎる距離よりも2000m~2400mくらいがベストなのかもしれません。それでも全く問題なく圧勝するのがこの馬のすごいところで、ディープインパクトたる所以なんでしょうね。とりあえずレース後のダメージがないことを祈って。これからJC、有馬としっかり出走して古馬との新しい戦いでもフォース、フィフスインパクトを見せてほしい。

 2着はアドマイヤジャパン。キルトクールでした・・・ナンテコッタイ・・・。まさしく切ったらきちゃいました・・・。ノリを舐めたらダメですね。セイウンスカイ、イングランディーレと長距離GⅠが得意な騎手だというのを忘れていました・・・。(セイウンスカイは覚えていましたが、イングランディーレは完全に忘却の彼方へw)。ノリはたまに『これしかない』っていう競馬をするんですよね。今回はそれにやられちゃいました。追いきりを見た直後は☆候補にも考えたんですけど、ダービーの大敗が気になってしまって・・・。今回は自分の直感を信じられなかったのが敗因でした。直感ではアドマイヤフジがキルトクールだったのに・・・。

 3着はローゼンクロイツ。この馬はこれまでの薔薇一族の中でもやはり優秀なほうです。まだこれから伸びる馬だと思うので今回の3着は確実に次に繋がると思います。来年ディープ、ロブロイがいなくなったあと日本を引っ張っていけるだけの力は秘めている気がします。期待したいと思います。

 ディープが3冠したらこのブログをリニューアルしようと思っていたので近いうちにリニューアルしようと思います。準備はしていたんですが、いろいろ苦戦中です。新しくなってもよろしくお願いします。

菊花賞予想:いよいよ3冠馬が誕生の時きたる!

京都11R GⅠ菊花賞
 コンラッド57小牧太
 ヤマトスプリンター57池添
 ミツワスカイハイ57渡辺
ローゼンクロイツ57安藤勝
アドマイヤフジ57福永
 アドマイヤジャパン57横山典
ディープインパクト57武豊
 シャドウゲイト57佐藤哲
 エイシンサリヴァン57吉田豊
10 レットバトラー57
11シックスセンス57四位
12 ピサノパテック57岩田康
13 ディーエスハリアー57石橋脩
14フサイチアウステル57藤田
15 マルブツライト57松岡
16 マルカジーク57角田


 過去10年の菊花賞の勝ち馬の人気は⑧⑤⑩⑥②③③②③①③、2着馬の人気は④④⑯⑪③②①⑦⑥⑨、1番人気だった馬の成績は⑦③中④⑤⑥②⑤①⑤。1番人気が過去不振だとかは3冠するような馬の前にはデータなんて無力です。

 ◎ディープインパクトに関してはもう何も言うことありません。いまさらすごいとか強いとかいうのはヤボってもんですw。間違いなく勝ちます、3冠です。いよいよ3冠馬が見れるのか・・・。あと10年は3冠馬が見れないかもしれませんからしっかり目に焼き付けておかなくては。

 さて相手。悩みました。かなり悩みました。考えて考え抜いて出した結論は○シックスセンスでいきます。今までディープインパクトと一緒に走ったレースは②③②。今年の初春はOPでも苦戦したほどの馬がディープインパクトと一緒に走ってみたら世代2番に強かったという不思議な馬です。ひょっとしたら明らかな目標がいると強い馬なのかもしれません。『強い馬がいると同世代をも強くする』という格言もありますし、ずっとディープと戦ってきたシックスセンスもかなり鍛えられているかもしれません。ダービー2着のインティライミがいないですし、神戸新聞杯を走ってみたらやっぱり2着。相手では抜けてるのかもしれません。血統は母父のデインヒルが不安とされていますが、菊花賞はまず折り合うのが第一。折り合いに関しては全く不安がありません。それでいて速い上がりが使えることが菊花賞の第2のポイント。皐月賞2位、ダービー3位、神戸新聞杯2位の上がりをしっかり記録してきた馬ですから、ここも間違いはないでしょう。鞍上も戻って四位騎手なら神戸新聞杯以上の力を引き出せるはず。GⅠでは頼りになりますし、ここも大丈夫でしょう。

 ▲はフサイチアウステル。最近の菊花賞は長距離経験がある馬、夏に古馬に揉まれてきた馬が活躍しています。この馬は今回その少ない1頭です。また平坦がすごい合う馬が、前走中山で好走したのも大きい。成長が伺えます。藤田騎手も今年の春天で3着しましたし、乗り替わりに不安はありません。

 ☆はやっぱり薔薇一族のローゼンクロイツでw。不安は多々ありますが、前走のプラス体重を考えると上積みはかなり見込めます。そろそろこの一族からGⅠで通用する馬がでてもいいはず。

 最後はこれまた不安を感じるアドマイヤフジ。京都苦手な上に、追い込みですからこの馬をキルトクールすることも考えたんですが、やっぱり人気と鞍上には逆らわないことにします。

 キルトクールはアドマイヤジャパンで。ダービーを見ても長距離は向かないと思います。

  馬単◎→○勝負と
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

続きを読む

オパールS&西郷特別&いちょうS予想

 富士Sだけでは明日の資金は捻出できそうにないので、各場のメインも予想します。傷口を深くするだけだったりして・・・。

 京都11R オパールS

◎キーボランチ
○エイシンニーザン
▲アグネススペシャル
△カゼニフカレテ
△メジロマントル

 ここは◎キーボランチと○エイシンニーザンの一気討ちムード。それでも当てにしずらい3歳馬よりもやはり古馬の利と京都適正でキーボランチのほうを◎にします。

   馬単◎→○、○→◎
 3連単F◎○→◎○→◎○▲△


 福島11R 西郷特別

◎ニシノニチリン
○ソリッドスライダー
▲ホシノプレゼント
☆セブンスバート
△マリウス
△サンバレンティン

 ここは◎ニシノニチリンの51㌔の軽ハンデを生かした逃げに期待。しかも開幕週、最内枠なら自信の◎にしたいくらいです。人気がないなら面白いと思います。

 3連単F◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆△


 東京9R いちょうS

◎ニシノイツマデモ
○ジャリスコライト
▲マイネルメロス
△セトウチアポロン

 ここは◎ニシノイツマデモ。東京コースは兄を考えれば大幅にプラスなはずで、ここも圧勝が期待できます。自信の◎。藤沢厩舎唯一の勝ち上がり馬○ジャリスコライトを応援したいのですがどうも2着のイメージが・・・。

 3連単F◎○→◎○▲△→◎○▲△

エアジハードの甥アペリティフが勝利!ペディクラリスは・・・

 
10/22 京都 4R 2歳未勝利 結果
1着 アペリティフ2:01.3佐藤哲
2着 タニノベリーニ1/2四位
3着 キャプテンベガ1.3/4武豊
ハロンタイム  12.6 - 10.8 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 12.0
上り  4F 48.8 - 3F 36.4

京都3Rの2歳未勝利に出走したエアジハードの妹のアイシーサイレンスの産駒、アペリティフが勝利!なかなかいい勝ち方でした。POGでエアジハード関連取るならこっちでしたか・・・w。でも2戦目の勝ちあがりでなかなか期待できるのではないでしょうか。楽しみです。

 なんと言ってもこれで新馬、未勝利戦で続けてあのキャプテンベガに先着しましたw。キャプテンファンにとってはとんでもないヒールなのかもしれませんが、キャプテンに勝ったというのは後々のブランドになるかも?

 今日の東京のほうの注目新馬だったベディクラリスだったんですが、あんまり見せ場のない6着に終わりました・・・。藤沢厩舎勝てませんね・・・。まだ2歳はジャリスコライトの1勝のみです。オンファイアの2戦目は大丈夫か??ちょっと今年はリ-ディング怪しくなってきたんじゃ??ペリエも関西だし・・・でもデザーモと、今年はデムーロが関東の加藤征厩舎に来るらしいですね。ちょっとデムーロ関東は楽しみだったりしますw。

富士S予想:現役屈指の末脚確実馬◎キネティクス

東京11R GⅢ富士S
ニシノシタン56吉田豊
モノポール56横山典
マイネルレコルト54後藤
アルビレオ56松永
 トレオウオブキング56張田
 アサクサキニナル56藤田
 イシノミューズ54江田照
 ダンスインザモア56蛯名
×グランリーオ56松岡
10 タニノマティーニ56須貝
11 オーゴンサンデー54勝浦
12ウインラディウス57田中勝
13 コスモサンビーム56柴田善
14キネティクス56池添
15 ダンツジャッジ57北村宏
16 フジサイレンス56五十嵐


 明日は菊花賞で大きい勝負をするためのタネを稼ぐ大事な大事な土曜日になりそうです。しかもしっかり面白そうなレースがたくさんあるではないですか。その筆頭がGⅢ富士S。なんだか人気予想すら難しい、難解なレースになりそうですが、当たればでかいのは間違いないでしょう。

 1600m戦になってからの過去5年間、勝ち馬の人気は①②①③⑥、1番人気の馬の成績は①⑪①⑦⑨着。1番人気は勝つか飛ぶレースです。反面2番人気の馬が安定していて②①③②⑥、案外堅いレースとなってます。差し馬が勝つことが多いのが特徴と言えるか?

 なんだか自分の好きな馬ばかり出てきますw。こういうレベルの関東重賞は大好きですw。その中でも期待は◎キネティクス。末脚の確実っぷりは現役でも屈指です。ここも間違いなく追い込んできます。先週も府中牝馬Sあたりを見てもようやく東京も差しが決まるようになってきましたし、展開一つで圧勝まであるんじゃないかと思っています。鞍上も相性バツグンの池添騎手。こういう追い込み馬が良く似合います。

 ○は54㌔が魅力なマイネルレコルト。この馬がおそらく1番人気か?3歳とはいえマイルGⅠ馬が54㌔で出走できるなんて、この馬のためにあるようなレース規定です、同じ3歳馬のダンスインザモアの56㌔と比較すればどれくらい恩量と言えるかわかります。マイルは2戦2勝、しかも同じ左回りの新潟2歳Sも含まれます。左回りの敗戦2回も京王杯とダービーの5着なら大丈夫。なんだか追い込みも板についてきました。ここで勝たないようだとあとあと苦しくなるので、関東3歳馬代表格として頑張ってほしい。

 ▲はマイル(5・4・2・1)、東京コース(3・3・3・1)とこれだけ見れば◎付けたくなるモノポール。骨折の長期休養明けを考えて▲にしましたが、鉄砲も(2・0・1・0)とここは3着は外さないんじゃないかという数字がたくさんw。しかも鞍上ノリですよw。ここでもし人気がないようなら狙いたい馬です。骨折明け以外不安材料ないですから。まあ内枠はきになりますけどノリならw。

 以下もコース実績を重視して☆ウインラディウス、×グランリーオあたりまでが連候補。グランリーオは脚質がきになりますが、鞍上込みで期待してみたいと思います。

 3連複F◎→○▲☆→○▲☆×△
 3連単F◎○→◎○▲☆×→◎○▲☆×△

 キルトクールはコスモサンビームでどうでしょ?

菊花賞の相手でキニナル馬、不安な馬&枠順

 いよいよ3冠最後の菊花賞の枠順も発表されました。

京都11R GⅠ菊花賞
 コンラッド57小牧太
 ヤマトスプリンター57池添
 ミツワスカイハイ57渡辺
 ローゼンクロイツ57安藤勝
 アドマイヤフジ57福永
 アドマイヤジャパン57横山典
 ディープインパクト57武豊
 シャドウゲイト57佐藤哲
 エイシンサリヴァン57吉田豊
10 レットバトラー57
11 シックスセンス57四位
12 ピサノパテック57岩田康
13 ディーエスハリアー57石橋脩
14 フサイチアウステル57藤田
15 マルブツライト57松岡
16 マルカジーク57角田

今回の菊花賞の最大の馬券のポイントはディープインパクトの2着馬3着馬探し。『ディープインパクトのディープインパクトによるディープインパクトのための菊花賞』なんて言われるくらいですから、3連複はディープインパクトがもしいなかった場合の馬連、3連単は馬単と考えてもいいくらいじゃないでしょうか?このレースを馬券で儲けるためには先週の秋華賞のように馬単か3連単を少点数ででっかく取るしかないでしょうね。だからこそ相手を絞りきる必要があります。

 過去10年の菊花賞の勝ち馬の人気は⑧⑤⑩⑥②③③②③①③、2着馬の人気は④④⑯⑪③②①⑦⑥⑨、1番人気だった馬の成績は⑦③中④⑤⑥②⑤①⑤。これだけを見てもわかるように1番人気の馬は過去10年でたった2連対しかしてません。ちなみに同じ長距離GⅠの天皇賞(春)もご存知の通り過去3年の勝ち馬の人気⑬⑩⑦と大荒れになっています。長距離は堅いなんて言われていたのはもう過去の話でいまや激ムズのGⅠレースです。

 ディープインパクトがいないと考えると、そんなに簡単なレースにならないのは目に見えてます。他のジョッキー達はどういうふうに乗るんでしょうね?ひょっとしたら最初から2着狙いでのる騎手もかなりいるかもしれませんw。2番人気の馬を1番人気に、3番人気の馬を2番人気に置き換えて考えるのもいかもしれませんw(単勝はディープしか売れないと思うので人気は今回全く当てにならないでしょうけど。)

 そろそろ展望のほうを考えて絞っていかなければ・・・。ローゼンクロイツがそこそこ人気になりそうですが自分は最も危険な気がするのは実はこの馬だったりします。薔薇ファンなんですけどねw。血統的にも長距離をこなせるなんて連日新聞に書かれてますけど本当にそうでしょうか?全姉のローズバトは2200m以上のレースでは⑤⑧⑭②②着と勝ち星はありません。GⅠ2着が2回ありますが、展開に助けられた感もあり、どちらかというと1600m~2000mくらいがベストな馬だった気がします。半兄弟2頭と母親のロゼカラーも2000m以上の勝ち鞍はありません。薔薇ファミリーにまで考えても、ロサード&ヴィータローザの菊花賞惨敗もありますし、特にヴィータローザなんて2000m超えるとさっぱりですからね。ローゼンも果たして本当に長距離砲なのか不安になります。ただ鞍上は安藤勝騎手・・・。ザッツザプレンティ&スズカマンボで早くも長距離GⅠ2勝しています。『長距離は騎手で買え』の格言もありますし、怖い・・・。やはり簡単には扱えないのか??悩ましい馬です。

 アドマイヤフジも人気しそうです。が、しかし熱発や京都苦手説も聞こえてきます・・・。熱発の真偽はわかりませんが、たしかにきさらぎ賞や京都新聞杯はいまいちな競馬でしたし京都は不得手なのかもしれません。長距離は母の実績から大丈夫と言われていますが、母の産駒実績を見ると長距離巧者はまだ出ていません。マヤノトップガンやブライアンズタイムでも短距離~中距離までの馬っぽいですし、ビーマイゲストの血はその辺に影響しているのか?アドマイヤベガのフジはさらに??です。セントライト記念もいまいちでしたがヨシトミってことで納得できますが、熱発、京都不得手、長距離?のことを考えるとここは5着以内が精一杯な気もします。でも鞍上福永騎手は今年幾度となく武豊騎手といいレースを見せてきましたので怖いジョッキーですから簡単には扱えないか・・・。悩ましい。

 GⅠ2着といえば四位騎手+横山典騎手は忘れられません。シックスセンスはディープインパクトと一緒に出たレースは必ずきていますから軽視できないのはもちろん、アドマイヤジャパンもここにきて気になってきています。何より追いきり内容がいい。最もディープインパクトにせまった馬はこの馬ですので気になります。もう終わった馬で扱われて人気がないなら面白いかもしれません。

 今のところ○候補で考えているのがフサイチアウステル。血統は抜きに2400m超えのレースを経験しているのはこの馬だけですし、さらにそのレースは圧勝でした。平坦が超得意なので京都は明らかにプラスなはずで、坂があったセントライト記念でクビ差2着もかなり評価できます。前で競馬できる点もいい。陣営もローゼンクロイツには負けないと意気込んでいるようです。ただ鞍上は2着狙いで乗るようなジョッキーじゃないのでそのへんがどうか。池江丼もありえると思うんですがどうでしょうか?

 あとはコンラッド、ピサノパテック、マルブツライトのあたりで吟味したいと思います。そんなにいっぱい買うわけにはいかないので考えなければいけませんがw。予想は土曜日に・・・。キルトクールはどうするべきか・・・。

続きを読む

『ヒーローは1レースにして成らず。』の矛盾?

『ヒーローは1日にして成らず。』

皐月賞には驚きました。日本ダービーには言葉を失いました。
そして、それを上回る感動の瞬間を目撃する日、

3冠ファイナル菊花賞。

まさに3000mの大河ドラマです。
ビッグレースを見ずして、今年の競馬を語るなかれ。

10.23。歴史が動きます

BIG TIME

GⅠ 菊花賞


 今回のJRAが作った菊花賞のキャッチコピーは上なわけですが・・・いやーいいCMです。最初読んでるだけで鳥肌が立ちましたw。さすがにこういうの作るのは上手いです。ナリタブライアンが3冠を取った94年はまだ自分は小学生で、かすかにしか当時のことは覚えていません。だからもしディープが3冠を達成すれば(ほぼ確定ですがw)、自分の競馬歴中で初めての牡馬3冠を目撃することになります。いよいよこの瞬間が来ましたか・・・。スティルインラブの牝馬3冠も鳥肌ものでしたが、当時はそこまでスティルを応援していなかったので微妙でしたしw。

 しかしJRAもちょっとディープインパクトに頼りすぎな気がしますけどね・・・w。これじゃ菊花賞のCMなのかディープインパクトのCMなのかわからないですからw。菊花賞の当日にはJRAなに用意してるんでしょうね?またレープロにポスターかw?ディープインパクト像か?それともさらにすっごいのが待ってるのか・・・?

 今回の記事の主題はヒーローは1日にして成らず。・・・ってことの矛盾についてですw。よく考えるとこのCMはディープインパクトに似合わないと思いませんか?ヒーローは1日にして成らずってことは最初は苦労したってこととも解釈できますしwディープは全勝で最初からヒーローのようなものでしたし。どっちかというとナリタブライアンのほうがこの言葉しっくりくる気がしますけどどうでしょう?

 なんてくだらないこと考えてる場合ではなくてそろそろ菊花賞の予想について考えなければ・・・。まだ全然絞りきれてないですし・・・。今日の夜にでも考えたいと思います。しかし相変わらずディープの調教すごいな・・・。

高崎まで不本意に行ってきました・・・。

P1000067.jpg

 今日、学校帰りに高崎まで行ってきました・・・。何でわざわざ高崎まで行ったかと言うともちろん高崎競馬場跡を見てきたわけでもなく、他の観光でもなく、寝過ごしたわけでもなく・・・ 。

 今日の学校への行きの電車の中に(高崎線上野行き)、なんと・・・

 携帯電話を忘れてしまいました・・・・・・・・orz。

珍しく座れたのが良くなかった・・・。電車の中で寝てて起きたら上野だったので慌てて下車したのが良くなかった・・・ナンテコッタイ(/´△`\)

 携帯が無いことに秋葉原で総武線に乗り換えたあたりで気づいて、すぐに上野に戻って駅員さんに聞いてみたんですが、すでに時遅し・・・上野には届いてませんでした。まあ仕方ないので書類を書いてそのまま大学に行くしかありませんでした。時間もなかったので・・・

 授業も4限まで出て、そのあと上野でまた駅員に届いてないか聞いてみました。するとなんと・・・

 高崎に届いてやがった・・・orz ドンガバチョ(/´△`\)

 上野に忘れたはずなのにいったいなぜ高崎に・・・。上野の電車掃除のおじさんサボりすぎーw

 携帯がないとさすがに困るので、高崎まで取りに行くことに。ちなみ高崎は群馬県にありますw。上野から電車で約2時間・・・。いつもの2倍くらいの道のり・・・。しかも携帯が心配で寝られませんでした・・・。

 往復で電車賃1900円・・・orz

 これは痛い・・・どうせならその金は全部菊花賞につぎ込みたかった・・・。なんだか今週はついてないかもしれません。でも先週もipodが壊れるなどついてなかったですけど秋華賞は的中してくれたし、ひょっとしたら今週も??とプラス思考でいきますか。高崎で名物の幸せになるダルマにも触ってきたことですしw
P1000066.jpg

 
 しかし天皇賞(秋)の登録のメンバーは豪華ですね。除外対象のダイワメジャーを含めればGⅠ馬9頭です。他にもリンカーンやサンライズペガサス、ハーツクライなどのGⅠ好走歴がある馬もいますし、超豪華版天皇賞(秋)になりそうですね。楽しみです。

アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想

 ちょっと遅くなりましたが豪GIコーフィールドCに出走したアイポッパーは大健闘の2着でした(SANSPO)。向こうでは全く人気がなかったそうですが、自分的には勝ちも十分ありえると思っていたのでちょっと悔しい内容です。

10/15 豪 GⅠ コーフィールドC 結果
1着 RAILINGS2:27.96G.チャイルズ
2着 アイポッパークビ藤田
3着 MUMMIFYクビD.ニコリック

 レースを見ていない方は、netkeiba.comの掲示板の中でchronoさんという方がレース動画をUPしてくれています。chronoさんには本当に感謝したいと思います。自分のようにこのレースが見たいの見れない人がたくさんいたでしょうから。

 コーフィールドCのレース映像は→こちら

 いや~何度見てもいいレースです。直線で抜け出してくるアイポッパーに対して何度も何度も向こうの実況が『EYE POPPER!! EYE POPPER!!』と叫んでいるのは気分がいいものです。アメリカの新聞でもアイポッパーが取り上げられたそうです。ホントにいいレースだからこそ悔しい悔しいクビ差でしたね。ただし今回はあくまでメルボルンCへの叩き台でしょうし、メルボルンCのほうが距離的にも良いのは明らかです。今回の勝ち馬のレイリングスのハンデも増えるそうですし(アイポッパーはおそらく据え置きの54㌔)、マカイビーディーヴァは58㌔・・・天皇賞を素直に物差しにすればこれはひょっとしたらひょっとしますね。応援しましょう。

 (コーフィールドCの3着馬マミファイがレース後骨折が判明したため安楽死処分となってしまったそうです・・・。激戦を物語る・・・合掌)

 しかし海外遠征だっていうのにJRAをはじめ、盛り上がり方が足りませんね・・・。まあGⅠ馬でもありませんし地味な馬なので仕方ないことなのかもしれませんが・・・。メルボルンCは中継も考えてくれるんでしょうね??

 しかしアイポッパーの妹のサンデーアイの03の情報がない・・・。エアジハード産駒の期待馬なんですけどね・・・。この一族もアイポッパー、インマイアイズとすごい好きな一族ですので応援したいんですけど・・・情報がない!!父がエアジハードだからか??サンデーRじゃないからか??

府中牝馬Sの感想:こっちも◎的中、復調気味か・・・

10/16 東京 11R 府中牝馬S 結果
1着ヤマニンアラバスタ1:46.7江田照
2着マイネサマンサ1.1/2内田博
3着オースミハルカ1/2川島
ハロンタイム  12.8 - 11.7 - 11.9 - 12.3 - 12.0 - 12.1 - 11.1 - 11.3 - 11.5
上り  4F 46.0 - 3F 33.9

 府中牝馬Sも見ごたえがあるレースでした。やや重の馬場でレースの上がりが33.9、それを後ろから33.2の豪脚で差しきった◎ヤマニンアラバスタはすごい。完全に前が有利な展開だったのに、圧勝ですからね。これは馬が強くなったと考えたほうが良さそうです。次はエリザベス女王杯。この馬は紫苑Sを見ても左回り専用ってわけでもなさそうですし、去年府中牝馬Sを勝ってエリザベス女王杯2着のオースミハルカの例もありますので要注意ですね。

 2着のマイネサマンサはちょっと見くびってました、鞍上込みでようやく印を付けられた程度でしたから・・・。距離も実はこのくらいが合うのかもしれませんね。この馬は京都のようなコースのほうがいい馬ですので場合によっては本番も注意です。3着のオースミハルカも良く頑張りました。これなら今年も本番もまた期待できるかもしれません。

 ダンスインザムードはなんと最後方からの競馬、しかもかかっているようには見えませんでした。最後は唯一大外から一気に詰めてきて8着。展開を考えればすごいことです。なんと上がりは32.7・・・展開が違えば勝っていたかもしれません。今回はキリましたけど、次はまた考え直したほうがいいかもしれませんね・・・。まったく困った牝馬だぜ・・・。

秋華賞の感動!7年越しの夢と母を超えたエアメサイア!

 感動!!

 いいレースでした・・・。やっと母を超えましたね!7年越しの母と娘の夢・・・。おめでとうございます!!

10/16 京都 11R 秋華賞 結果
1着エアメサイア1:59.2武豊
2着ラインクラフトクビ福永
3着ニシノナースコール横山典
ハロンタイム  12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 12.1
上り  4F 46.8 - 3F 35.0


 時間がないので簡単にですが、ローズSの再現のようなレースになりました。ライラプスも5着にきていましたし。勝ったエアメサイアは本当に良く頑張ってくれました。追い出しのタイミングも絶妙でしたし、やはり武豊騎手なんでしょうね。ただただ感動しました。エリ女も楽しみです。

 しかしラインクラフトは強い馬です。かなりかかっているように見えたんですが、それでも2着。ローズSの時よりも際どかったですから、距離さえベストに戻れば間違いなくすごい力を発揮するでしょう。こちらも楽しみです。

 久しぶりに◎○▲の順番で決まりましたw。もちろん簡単ではありましたがカンペキは嬉しいものです。馬単400円がおいしい!3連複1点が1番おいしかったななんて思ったり・・・w。キルトクールも初めて上手く決まってくれました!!良かった良かった!

 来週もすごいレースが待ってるのは間違いありません。衝撃を楽しみにしたいと思います。

オンファイアも新馬戦敗れる・・・

10/2 東京 5R 2歳新馬 結果
1着 クラシックスタイル1:40.0内田博
2着 ハートランカスタークビ藤岡
3着 オンファイアハナ北村
ハロンタイム  12.9 - 12.1 - 12.9 - 13.3 - 13.6 - 12.3 - 11.2 - 11.7
上り  4F 48.8 - 3F 35.2

 関東期待の星のディープインパクトの全弟のオンファイアなんですが・・・

なんと負けました・・・

まじかよ、関東の夢が・・・。今年のディープインパクトは素直に応援できなかっただけに、来年はこの馬でニヤニヤするつもりだったのに・・・。確実に勝てるレースだっただけにこりゃまた騎手の差とかいわれちゃうな・・・。完全に前残りの展開でしたがただ1頭、最後方から直線だけで一気にクビ+ハナ差まで差してきましたから、決して弱い印象ではありません。次は勝てるはずです。でもやっぱりディープインパクト級ではなかったです。当たり前か・・・。3冠馬の弟はプレッシャーきついですしね。2ちゃんで今駄馬駄馬言われまくってますけど駄馬ではない、駄馬ではないぞ・・・。

 しかし今年のPOG戦線は3強と言われていたキャプテンベガオンファイアが共に新馬戦で敗れました。残るはアグネスタキオンの弟アグネスサージャンだけとなりました。もしサージャンも負けたら・・・しかも1番怪しいと言われていたのがアグネスサージャンですからw。3強共に駄馬だったら正直笑えませんよ・・・。

 これだからPOGは奥が深くて面白いですね。

Home > 2005年10月

Page Top