アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > 2007年02月

2007年02月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

相互リンク

 早いもので、このつたない競馬ブログも開設からあと3日で2周年を迎えます。ブログは個人個人の産物ですから、ある意味2年間ブログを我が子のように育ててきたようなものですかね。


 しかし2年間でブログのデザインも変わったし、ブログタイトルも変わりました。なによりもたくさんの他の競馬ブログさんにお世話になりました。参考にさせてもらった部分はあげればキリがないくらいです。


 先週からサイドバーにブログのリンクを設けました。今までお世話になってきた競馬ブログさんを中心に(まだ抜けはたくさんあると思います・・・)、勝手ながらリンクさせていただいてます。競馬とブログはとても愛称が良いので、すでにブログ界では大きなコミュニティーを形成していますが、限られた話題に偏りがちなので、ブログ間のコミュニケーションが難しいと感じています(予想にコメントをつけるのはマンネリになりがちですし)。

*競馬ブログ界では予想の記事へのトラックバックには賛否両論がありますが、話題違いの明らかな宣伝目的やスパムを除き、個人的にはコミュニケーションとしての活用には有効かなと思っているのですが。


 今回リンクを設けたのはさらなる競馬ブログ界のコミュニケーションの向上や相乗効果を期待してのものです。ありがたいことに早くも相互リンクをしていただいたブログさんもたくさんあります。相互リンクをさらに増やしていければいいと思っているので、もしよろしければよろしくお願いします。

すみれS:弟は危ない◎アルナスライン

 阪神9R すみれS
  ◎アルナスライン

 ニュービギニングが大人気になっているが、もしいつものように後方から追い込むようなら危ないと思う。それくらい阪神は前が有利だと感じる。ここは◎アルナスライン。人気はないが、個人的に京成杯組は強いと思っている。中でもこの馬はスローを差してきた馬。十分通用する。単勝勝負。





<追記・結果>

阪急杯:怒涛の末脚炸裂◎キンシャサノキセキ

 阪神11R 阪急杯
  ◎キンシャサノキセキ
  ○シンボリグラン
  ▲プリサイスマシーン
  ☆エイシンドーバー
  △スズカフェニックス
  △イースター


  今日の阪神の馬場を見た感じはやはり内の先行が良さそうな感じではあったが、しっかり差しきるシーンもあり、必ずしもというわけではなさそう。ここを逃げたいのはニシノデューだけで、しかも末脚自慢の馬が揃ったここはスローの上がり勝負になりそう。すると前、しかも内で競馬できるほうがいいのは明らかだろう。

  しかし、しかしここは◎キンシャサノキセキを推したい。前走は大幅にかかって沈んでしまったが、距離もやや長かったか。もはや1200m~1400mに照準を絞ったほうが結果が出そうだと前走で感じた。そこでここ。55キロで出走できるのはやはりいいし、今回は鞍上ペリエ。さらに前々で競馬しても、32.9の上がりを記録したことがある馬で、上がり勝負は歓迎するところ。調教具合もいいし、阪神コースもそんなに気にならない。ここを勝って高松宮記念に挑んでほしい。しかし1番人気はやめてほしい・・・。

 ○は外枠シンボリグラン。1400mは得意のところだし、この馬は休養を挟んだ後はとても走る。3着は堅いと思う。▲にプリサイスマシーン。8歳だが、まだまだ衰えしらず。阪神コースもいいし鞍上アンカツ。この馬も惨敗はなさそう。

 以下☆スズカフェニックス、△エイシンドーバー。

 キルトクールはスーパーホーネット

  単勝◎

  3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△





中山記念:2つの復活の狼煙◎インティライミ

 アーリントンカップは◎→▲→☆の本線で決着し、単勝、馬単、3連単的中。でも配当が安すぎたな・・・。今週の重賞予想は◎が最低1勝と公言(?)してたのでとりあえずはOK。この調子で今週は的中祭りにしたい。



 中山11R 中山記念 G2
  ◎インティライミ
  ○ローエングリン
  ▲エアシェイディ
  ☆ブラックタイド
  △ダンスインザモア
  △トウショウシロッコ

  

中山のG2の番人、とりわけ中山記念は強かったバランズオブゲームが引退。当ブログの心情としては、関東のG2なだけに関東馬を応援したいのだが、今回はどうしても◎にしたい関西馬がいる。◎インティライミだ。全走は大暴走で最後はバタバタだったがなんと4着に粘った。しっかり折り合っていたなら間違いなく勝ち負けで、改めて実力を実感した。距離短縮は折り合いの面では大きくプラスだし、元々時計勝負を好む馬なのでで、開幕週で前が有利なこの条件は絶好だろう。今日見た感じではかなり前が有利な感じだった。ダービー2着馬がいよいよ復活の狼煙をあげる。また鞍上の柴田善臣も今週から復帰。土曜はメインも勝ったように、非常にうまい騎乗が多かった。インティライミはリベンジと復活の意味もあり、先生もなんとしても勝ちたい一番だろう。

 ○はローエングリン。最近は安定した走りを見せているし、中山記念と言えば忘れてはならない1頭。鞍上が後藤に戻るのも良いし、偶数の内枠も最高。斤量はまったく気にならないし、頭も考える。▲にエアシェイディ。得意の東京マイルで重賞を勝たなかったのは痛かった。ここはさらに斤量をもらってしまうし、調子もさらに上がっている印象はない。ここは▲までが妥当だろう。

 以下☆にブラックタイド。△ダンスインザモア、トウショウシロッコまで。

 キルトクールはシャドウゲイド。今度はメンバーも斤量も強くなるし、外枠。さすがに前走のようにはいかない。

   単勝◎

 3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△



続きを読む

アーリントンカップ:自信の◎トーセンキャプテン

 先週の3重賞は◎が3回連続で3着だった。今週は3連続1着を目指して・・・いやせめて◎が1勝できるように1レースごと大切に予想したい。

 阪神11R アーリントンカップ
  ◎トーセンキャプテン
  ○コンティネント
  ▲ローレルゲレイロ
  ☆マイネルレーニア

 ここは朝日杯組5頭 vs 新鋭組をどちらを上にとるかがポイントになりそうだ。当ブログは新鋭組を上にとる。というか、朝日杯組がそうも評価できない。今年はいまだに朝日杯出走から、重賞を勝った馬は出ていないどころか、レースを勝った馬がわずか3頭。朝日杯は上位以外は低レベルの評価が妥当だ。ここは朝日杯組からは本田の引退に花を添えたいローレルゲレイロが出走するが57?だし▲まで。

 ◎は自信を持ってトーセンキャプテン。これまで下してきた馬がオープンでも活躍している馬だけに、実力は疑いようがない。今回はさらに調子を上げているようだし、タイムはまだ詰まる。先行内枠有利の阪神なら圧勝もありえると思う。

 ○はコンティネント。とにかくこのレースは逃げ馬と武豊の相性が抜群。とにかく買っておいたほうが良いだろう。あとは☆マイネルレーニア。あとは当日の馬場と気配次第だがこの4頭で十分だろう。

 キルトクールはアドマイヤヘッド。

  単勝◎
  馬単◎→○▲
 3連単◎→○▲☆→○▲☆

20070224155809.jpg

続きを読む

フェブラリーS結果:村田頑張った

20070218155609.jpg


 予想はこちら

 ☆→▲→◎だっただけに、3連単マルチだったか・・・と悔やむところですが、万馬券でしたし、3連複と複勝での勝負だったのだから、ある意味最高の結果ですね。これ以上は欲張りか。

 サンライズバッカスは強かった。伊達にこの舞台でカネヒキリに勝っていないと言ったところか。その武蔵野Sのタイムも良馬場で1分35秒2なのだから、強いのはわかっていた・・・とレース後なら思いますよ。

 ◎にしたビッググラスも頑張ってくれました。4角での手ごたえは一瞬夢を見ましたw。『村田、差せー差せー』っと。

 他はもう一度レース見てから書くことがあれば追記します。

フェブラリーS:がんばれ村田!!◎ビッググラス

 今日の2重賞が◎が共に3着。3連複も買っていたので、的中は的中ですが安すぎました。しかしあれだけ不安材料があったにも関わらず、アドマイヤムーンの快勝が恐れ入りました。さすがレベルの高い4歳世代。ドバイも十分期待できます。


 東京11R G? フェブラリーS
  ◎ビッググラス
  ○メイショウトウコン
  ▲ブルーコンコルド
  ☆サンライズバッカス
  △シーキングザダイヤ
  △シーキングザベスト


 いやいよG?の幕開け。1番人気が5連勝中のフェブラリーS。雨予報でハイペースが必至。前が止まらないのか、それとも差し馬有利の展開になるのか。

 当方が後ろからの馬を重視する。何がなんでも逃げたい馬はいないが、好位を取りたい馬は多い。そんなときは前がごちゃつきがち。差しきりも十分にありえる。

 なかでも勢いのある2頭をピックアップ。そろそろ1番人気の連勝も終わるだろうと◎はビッググラスでいく。東京ダの2戦2勝を含め、左回りは(4・1・0・1)。1600mも1戦1勝、本格化した今はタイムも詰められるだろうし持ち時計も気にならない。根岸Sもトウショウギアがすっ飛ばしていただけで、他のペースはそれほど速くはなかった。そこをしっかり差しきっているだから価値は高いと言える。根岸Sからはノボトゥルー、メイショウボーラーの2頭の勝ち馬を出しているのも心強い。なにより重賞で目下絶好調のエルコンドルパサー産駒。勢いは重視したい。 陣営が雨予報を嫌っているようだが、過去重にも対応できているの気にならない。関東馬が少なすぎるので、関東所属騎手を応援する。

 ○も父の産駒が絶好調のメイショウトウコン。コース適正の差で◎にはしなかったが、平安Sの差しきりは半端じゃなかった。当然直戦が長い東京の舞台は絶好だろう。鞍上も先週きさらぎ賞を勝ち勢いがある。▲ブルーコンコルドもさらに本格化した印象。東京コースに成績はないが、怖い1頭であるのは変わりない。

 ☆サンライズバッカスも○よりも前で競馬できるのは魅力。展開に左右されないだけに、確実に走ってくる。

 以下森シーキング2頭を抑えておく。シーキンザダイヤはもっと距離があったほうが良いのだろう。ここは3着まで。

 キルトクールはフィールドルージュ。鞍上は怖いが、平安Sを見ればサンライズバッカスには勝てないだろう。

  単勝◎
 3連複◎→○▲☆→○▲☆△
 3連単も積極的に買いたい。

  generated by feedpath

クイーンC:◎ハロースピード

 東京11R クイーンC
  ◎ハロースピード
  ○カタマチボタン
  ▲ローズオットー
  ☆シュガーヴァイン
  △イクスキューズ
  △クラウンプリンセス

 ここは◎ハロースピードでいく。とにかくこの馬の末脚は世代牝馬ではナンバーワンじゃないかと思う。末脚が生きる絶好の舞台の東京。左回りの新潟で高いパフォーマンスをしている。この条件ならばマイルも克服できそう。

 ○はカタマチボタン。今年非常に好調な加藤征厩舎。鞍上も非常に魅力的で東京なら十分勝機。▲にローズオットー。この馬はPOG馬だけに、◎を献上したいところだが、どうも当てにできない。▲にとどめる。

 ☆シュガーヴァインの末脚も東京であいそう。以下クラウンプリンセスまで。

 単勝◎
 3連複◎→○▲→○▲☆△

 単勝がおいしいといいが・・・。

京都記念:◎トウショウナイト

 先週のきさらぎ賞は◎→▲→△で決まり、3連単をスマッシュヒット。レース中は心の中で『そのまま!!』を叫び興奮したレースでした。いよいよ今週はG?があります。G?がくるのはうれしいですが、最近は時間の経過が早く感じるのが気になります・・・。まずは明日の2重賞をサックリ的中といきたいところ。

京都11R 京都記念
 ◎トウショウナイト
 ○ポップロック
 ▲シルクネクサス
 ☆トウカイワイルド
 △アドマイヤムーン

 
 ここで人気になりそうなのはやはり4歳アドマイヤムーンか。京都記念は4歳馬の活躍が目立つレースだし、実績を考えても実力はここでは一枚上なのは確かだろう。しかし今回はあまりにもマイナス材料が多すぎる。ただでさえ調整の難しい遠征帰り初戦で、さらにこの後にはドバイが控えているのでこのレースある意味”間”のレース。去年シックスセンスがこのレースを半ば強引に勝ったために故障⇒引退を余儀なくされたことを思い出せば、まず無理はしてこないし、するべき馬ではない。しかも斤量59キロ。4歳馬の活躍が目立つといっても59?を背負っては厳しい。ナリタトップロードですら4歳時は58?の斤量で2着だった。そもそもこの馬に2200はやや長い印象だし、馬場も渋るかもしれない。クリティカルな要因が多く、本音はキルトクールだが、ここは△まで。

 ◎は唯一の関東馬トウショウナイト。京都は天皇賞でも4着した大得意の舞台。スローになりそうなメンバー構成だが、前で競馬でき、さらに33秒前半であがってこれる末脚はここでは協力な武器になる。重馬場はむしろ歓迎で、ここは自信を持って◎を打つ。

 ○に有馬2着のポップロック。持ち時計も優秀に、重馬場も歓迎。さらにペリエとくればここは落とせないレース。▲にシルクネクサス。AJCCの内容も良く、今回はホームコースの京都。頭まで考えたい馬。

 ☆にトウカイワイルドだが、前走は軽ハンデに鞍上の好騎乗によるところが大きい。3?増ならこのメンバーでは頭までは考えにくいか。

 キルトクールは気持ち的にはアドマイヤムーンなので、指定はしない。

  単勝◎
 3連単◎○▲→◎○▲→◎○▲☆△

ダイヤモンドS:◎バイロイト

 東京11R ダイヤモンドS
  ◎バイロイト
  ○トウカイトリック

 ここはガッチガッチに堅いが◎バイロイトと○トウカイトリックを信頼する。万葉Sはあまりにも2頭の競馬だったし、スタミナ勝負ならこの2頭の信頼度は高い。◎バイロイトのほうが脚質的にも期待できる。馬単1点・・・といきたいところだが、一応裏も押さえる。。

 単勝◎
 馬単◎○→◎○

きさらぎ賞:◎アサクサキングス

 たたき台だったはずのバレンタインSが◎→○で決まりJRAからの馬単というチョコをゲットしました。バレンタインだけにアポロチョコ→アンブレラチョコで決まるとはこれいかに(強引)。明日もたくさんチョコをいただくとしますか。


 京都11R きさらぎ賞
  ◎アサクサキングス
  ○オーシャンエイプス
  ▲ナムラマース
  △アドマイヤヘッド
  △サムライタイガース
 

 注目の"海猿"○オーシャンエイプスの2戦目。巷ではすでにディープ級だのタキオン級だの騒がれている。ディープのような一般をも巻き込むスターホースになるには血統背景が少し地味な気もするが、ちゃっかり騎手は武豊。厩舎的は必然的だが、やっぱりこの騎手のすごいところは強い馬を逃さないところにある。調教も抜群で、東スポの調教採点ではなんと9点。まさにディープ級の扱い。ここも圧勝なのか。清水成駿も◎。ある意味"映画のタイトル"という名馬の条件もそろえている。

 しかしどうも素直に◎を献上できないのがひねくれの本ブログ。そういえば弥生賞皐月賞もディープを◎にしなくて痛い目見たっけ・・・。いやいやまさかこの馬がディープ級ってことは・・・。新馬戦のメンバーがあまりにも低レベル。なにせ次戦の未勝利を走った馬で、新馬の着順を超えた馬はいないというのだからひどい有様。タイムの裏づけもないし”低レベルの新馬戦の中に1頭重賞級の馬がいた”くらいの評価が妥当ではないか。ならばここには同じ重賞級で持ちタイムの裏づけもある馬がいる。ディープですら2戦目に選んだレースはOP戦、まだ早いのではないか?・・・というのが○オーシャンエイプスの理由。

 ならば◎は必然的に海猿に勝てる馬ということになる。◎アサクサキングスにその可能性を感じる。百合草特別はスローペースながらこのメンバーの持ち時計から1秒~2秒差のタイムで勝利。下した相手がその後京成杯を勝ったのだから価値は非常に高い。ラジオNIKKEI杯も不利がなければ2着もあったかもしれない。ここもスローペースが予想されるし、今回は先行策を予告しているこの馬には展開も向くだろう。

 ▲はナムラマース。やはり1㌔が大きいか。確実に走ってくるので信頼はできる。以下△はアドマイヤヘッドと逃げ馬のサムライタイガースの粘りにも注意をしておく。


  単勝◎
 3連単◎○→◎○▲→◎○▲△

バレンタインS:JRAからチョコはほしい◎アポロノサトリ

 海外旅行から帰ってきました。海外遠征帰り初戦は調整が難しい競走馬の世界。海外帰り初戦の予想も難しいかもしれません。なのでいきなり重賞ではなく、1回準OPで叩いておきますw

 東京11R バレンタインS
  ◎アポロノサトリ
  ○ピサノアルハンブラ
  ▲ゴッドスマイルユー
  ☆ペニーホイッスル
  △タケショウレジーナ

 バレンタインS。「ハッ!もうすぐバレンタインデーだったのか・・・」と思い出すレースです。競馬でのチョコ(当たり馬券)はもらえるのか。なのでここは牝馬からか?とも思うのですが、どうやら◎アポロノサトリで堅そう。前走は出遅れた分の負け。東京1400はベストの条件だし33秒前半の末脚を使える瞬発力はスローになりそうなここの展開にもあう。

 ○はピサノアルハンブラでどうだろうか。前述のとおり、ここは確固たる逃げ馬不在で、スローになりそう。積極的に逃げれば面白いかもしれない。初芝の不気味さもある。▲堅実なゴッドスマイルユー。3着ははずさないだろうから、この馬を軸にした3連単マルチもよいかもしれない。

 その他も絞って☆ペニーホイッスル、△タケショウレジーナの牝馬2頭。競馬という気難しい”相方”からチョコレートをいただきたいものです。

 単勝◎
 馬単◎→○▲
 3連単◎→○▲☆→○▲☆△

共同通信杯:◎フサイチホウオー

 東京11R 共同通信杯
  ◎フサイチホウオー
  ○フライングアップル
  ▲ニュービギニング

シルクロードS:そろそろ走りごろ◎サチノスイーティー

 京都11R シルクロードS
  ◎サチノスイーティー
  ○アンバージャック
  ▲スピニングノワール
  ☆ナリタシークレット
  △コパノフウジン


 ここはサチノスイーティーに穴のにおいがする・・・。

小倉大賞典:いよいよ?◎ナスノストローク

明日から海外旅行に行ってきます。なので予想は簡単か、もしくはお休みになるかもしれません。今週はエアシャムスのデビューもあって、競馬が面白いだけに心残りではありますが、楽しんできたいと思います。

 小倉11R 小倉大賞典
  ◎ナスノストローク
  ○エイシンドーバー
  ▲マルカシェンク
  ☆マヤノグレイシー
  △マヤノライジン

 いよいよメイショウカイドウがいない小倉重賞か。てっきりアグネスラズベリがエアジハード産駒初の重賞ウイナーになると思っていましたが、実はここでしたか!◎ナスノストロークはチャンス。1000万、1600万と連勝中の、いかにも小倉重賞で連に絡みそうな上がり馬。ハンデも手ごろで、枠も経済コースの最内枠。これはひょっとしたらひょっとする。雨が降って後ろが届かないほど馬場が悪くなるようなら、いよいよ重賞初制覇の可能性大。

 強敵は○エイシンドーバーと▲マルカシェンクか。特にエイシンドーバーの好位から抜け出す脚質は脅威。叩き3走目も走りごろなだけに、ここは頭も。

 単勝◎○
 3連複◎→○▲☆→○▲☆△

Home > 2007年02月

Page Top