アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > 英GⅠインターナショナルSを予想してみる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 英GⅠインターナショナルSを予想してみる

Home > 競馬予想 > 英GⅠインターナショナルSを予想してみる

英GⅠインターナショナルSを予想してみる


 今日はいよいよ英GⅠインターナショナルSです。この結果によって明日からの自分のテンションが左右されると言っても過言ではありません。親切なことにグリーンチャンネルに加入してない自分でもリアルで実況が聞けるようにMBSインターネットラジオ『みんなの競馬』で実況してくれるようです。ナイス!

英ヨーク競馬場 GⅠインターナショナルS
エース59.4K・ファロン
ドワイエン59.4K・マカヴォイ
エレクトロキューショニスト59.4M・キネーン
 マラーエル59.4R・ヒルズ
ノースダンサー59.4J・イーガン
ゼンノロブロイ59.4武豊
 ニューモーニング58.1P・ロビンソン

 予想っていってもゼンノロブロイ以外は正直良くわかりません。情報をネットで集めた結果出した結論なので当てにもなりません。印が頭数のわりに多いのはよくわからないからw。とにかくロブロイが勝てはそれでいいんです。結構向こうのブックメーカーでも1番人気のところが何社かあるようです。少なくとも1~2番人気でしょう。

 人気を分けてるのはエレクトロキューショニスト。イタリアの馬で6戦5勝2着1回と連対率100%。イタリアの馬ってのは良く分かりませんがジョッキーのレベルは高いのできっと馬も強い馬が多いはず。もう4歳なのにまだ6戦ってことは大事に使われていたのか、それとも脚元が弱いのか。初遠征なのはロブロイと同じなのでそこまで信頼に足る存在ではないのかもしれません。でもキネーン騎手が乗ってるもは不気味です。それよりも不気味なのは馬名のElectrocutionist。これは英語で『感電死させる者』、『処刑人』・・・。そんな名前馬につけんなよ・・・。怖いよ・・・。

 エースも人気があります。自分は前走のキングジョージが5着なので素直にこっちを○に。このへんの距離ならまず凡走はない馬なのでこの馬を基準のロブロイの海外での実力をはかる一つのものさしになりそうです。あえて単純に考えればこの馬に勝てばキングジョージ5着以上ってことになりますし。1番の強敵はこの馬かなと思います。ファロン騎手も怖いですし。馬名もかっこよすぎですしねw。

 他は去年のこのレースの2着馬でGⅠ2着が多いノースダンサーや去年のキングジョージ馬ドワイエンぐらいでしょうか。ノースダンサーを上に取りましたがドワイエンもいきなり復活の可能性もあるかもしれないので怖いです。Doyenも意味は『最高権威者』ですごい名前です。紅一点のニューモーニングもいますが海外ではたった1.3㌔しか斤量が変わらないんですねぇ。かわいそうな気がするのは自分が無知なせいか?それしか差がないんではさすがにきつい気がします。

 メンバー的には勝てるメンバーだと思います。問題は59.4㌔の斤量と2分6秒以上かかる重い馬場への対応か。今まで破れないと思っていたレコードを更新してきたロブロイですから力がいる競馬はどうなのか。でもわざわざヨーク競馬場へ芝の管理や当日水を巻かないように言ってあるそうなんで大丈夫かな。っていうかそんなこと1頭の馬のためにやってくれるんですね。粋な計らいってやつでしょうか?w。絶好調っていう報道は正直当てにはなりませんが信じます。そして祈ります。

頑張れ!ロブロイ!
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬予想 > 英GⅠインターナショナルSを予想してみる

Page Top