アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > GⅠ高松宮記念の展望

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

J\'s@koony URL 2005-03-23 (水) 12:32 edit

ついにG1シーズンですね(⌒∇⌒)
今、当サイトでは競馬予想をされているFC2ブログ様の相互リンクを募集しています
ある程度数が集まったらリンクブログ様の予想結果発表なども企画しておりますヽ(*^^*)ノもしよろしければリンクの片隅にでも置いてやってくださいm(._.)m
それでは今週末からのG1戦線のご幸運を♪

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > GⅠ高松宮記念の展望

Home > 競馬雑記 > GⅠ高松宮記念の展望

GⅠ高松宮記念の展望


 今週はいよいよ電撃6ハロンのGⅠ高松宮記念。短距離王デュランダルも出走せず、しかも低調気味の短距離路線。前評判では3強対決ムードですが、やっぱり小回り平坦の短距離戦ですのでまぎれも全然多く、過去9年1番人気は③⑧④②④①⑤⑦②着で、勝ち馬の人気は③⑥②⑧④①③③②と何気に1番人気は1回しか勝ったことがなく2着も2回、3着も1回だけしかありません。狙いは2~3番人気の馬ですかね。馬連平均4072円と何気に荒れる傾向。3連単がある今年はすごい高配当が期待できます。

 3強でもおそらく人気の筆頭であろうプレシャスカフェは芝1200mは4戦4勝、ダート1200mも含めると8戦8勝。今まで勝ったレースは全て1200mとこの距離の超スペシャリストの超上がり馬です。前前走の今回と同じ舞台CBC賞でも内を回って好位から抜け出す高松宮記念のリハーサルのような理想的な勝ち方。うーん、死角らしい死角は見つからずに確かに1番人気にふさわしいです。ただシルクロードSの開催日程が変わってから、そこからの直行組は連対したことがなく、この時期に間隔が若干開くのは気になるところ。前に行く馬が多いのでうまく4コーナーで馬群をさばけるかどうか。枠にも左右されますが、一応今のところ◎にはするつもりはないですね。

 フェブラリーSを制してダート短距離王となったメイショウボーラーも人気どころ。ダートに変わってからまるで馬が変わったかのような圧勝劇。勢いならプレシャスカフェにも負けないのでここでももう一丁といきたいところですが、前走フェブラリーSを使った馬の連対は過去なし。前走ダートだった馬ならシーキングザパールが2着していますが、何しろ海外G1制覇した馬ですし、スプリンターズSも2着。芝での実績が違います。ローテーションは予定通りとはいえ、今年から使い詰めですし、CBC賞でも完敗。速い馬がいるので逃げることも難しいと思うのでここは押さえ程度ですかね。当日の馬体重にもよりますが。

 3強の中で自分が最もいいんじゃないかと思っているのがカルストンライトオ。スプリンターズSのあの圧勝は記憶に新しいですし、前走も59㌔を背負ってよく粘りました。近年は阪急杯連対馬の連対も目立ちます。逃げるのが難しいレースですが本当に強い馬ならショウナンカンプのように逃げ切れると思います。自分で小回りの平坦を1分8秒フラットで走れれば勝てるレースですので、内枠を引ければ逃げてそのままもまたありそうです。ただ中京は連対したことがなく、左回りも微妙。前走の反動も気になりますので調教の動きと枠順には非常に注目です。

 その他の有力馬はアドマイヤマックスウインクリューガーキーンランドスワンギャラントアローあたりでしょうか?アドマイヤマックスとウインクリューガーは1200m自体を勝ったことがないのでここでは厳しいか?ギャラントアローは熱発の影響がなければ面白いのですが。

 中京だけはやたら走るゴールデンロドリゴも中間は好時計を出して順調。ここでも怖い存在です。
 
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:1

J\'s@koony URL 2005-03-23 (水) 12:32 edit

ついにG1シーズンですね(⌒∇⌒)
今、当サイトでは競馬予想をされているFC2ブログ様の相互リンクを募集しています
ある程度数が集まったらリンクブログ様の予想結果発表なども企画しておりますヽ(*^^*)ノもしよろしければリンクの片隅にでも置いてやってくださいm(._.)m
それでは今週末からのG1戦線のご幸運を♪

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > GⅠ高松宮記念の展望

Page Top