アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

esprit URL 2005-10-18 (火) 10:50 edit

ホントにちょっと‥扱いが地味目なのですが^^;

>ちなみに、仮にコーフィールドCを勝っていたら
>メルボルンCは2kg増の56kgとなるところでしたが、
>2着でしたので当初の予定どおり54kgで出走が可能です。

‥ということなのでチャンスです。

MOTTOI URL 2005-10-18 (火) 17:00 edit

espritさん、コメントありがとうございます。
しかし扱い地味ですよねー。まるでオーストラリアに渡った森厩舎の馬のように・・・(さすがに言いすぎかw)。
豪GⅠを勝つってことは香港GⅠを勝つようなもんだと思いますのですごいことなんですけどね。
距離延長は明らかにプラスでしょうし、54㌔のハンデも日本ではありえません。勝って盛り上げてもらいましょう!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想

Home > 競馬雑記 > アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想

アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想


 ちょっと遅くなりましたが豪GIコーフィールドCに出走したアイポッパーは大健闘の2着でした(SANSPO)。向こうでは全く人気がなかったそうですが、自分的には勝ちも十分ありえると思っていたのでちょっと悔しい内容です。

10/15 豪 GⅠ コーフィールドC 結果
1着 RAILINGS2:27.96G.チャイルズ
2着 アイポッパークビ藤田
3着 MUMMIFYクビD.ニコリック

 レースを見ていない方は、netkeiba.comの掲示板の中でchronoさんという方がレース動画をUPしてくれています。chronoさんには本当に感謝したいと思います。自分のようにこのレースが見たいの見れない人がたくさんいたでしょうから。

 コーフィールドCのレース映像は→こちら

 いや~何度見てもいいレースです。直線で抜け出してくるアイポッパーに対して何度も何度も向こうの実況が『EYE POPPER!! EYE POPPER!!』と叫んでいるのは気分がいいものです。アメリカの新聞でもアイポッパーが取り上げられたそうです。ホントにいいレースだからこそ悔しい悔しいクビ差でしたね。ただし今回はあくまでメルボルンCへの叩き台でしょうし、メルボルンCのほうが距離的にも良いのは明らかです。今回の勝ち馬のレイリングスのハンデも増えるそうですし(アイポッパーはおそらく据え置きの54㌔)、マカイビーディーヴァは58㌔・・・天皇賞を素直に物差しにすればこれはひょっとしたらひょっとしますね。応援しましょう。

 (コーフィールドCの3着馬マミファイがレース後骨折が判明したため安楽死処分となってしまったそうです・・・。激戦を物語る・・・合掌)

 しかし海外遠征だっていうのにJRAをはじめ、盛り上がり方が足りませんね・・・。まあGⅠ馬でもありませんし地味な馬なので仕方ないことなのかもしれませんが・・・。メルボルンCは中継も考えてくれるんでしょうね??

 しかしアイポッパーの妹のサンデーアイの03の情報がない・・・。エアジハード産駒の期待馬なんですけどね・・・。この一族もアイポッパー、インマイアイズとすごい好きな一族ですので応援したいんですけど・・・情報がない!!父がエアジハードだからか??サンデーRじゃないからか??
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:2

esprit URL 2005-10-18 (火) 10:50 edit

ホントにちょっと‥扱いが地味目なのですが^^;

>ちなみに、仮にコーフィールドCを勝っていたら
>メルボルンCは2kg増の56kgとなるところでしたが、
>2着でしたので当初の予定どおり54kgで出走が可能です。

‥ということなのでチャンスです。

MOTTOI URL 2005-10-18 (火) 17:00 edit

espritさん、コメントありがとうございます。
しかし扱い地味ですよねー。まるでオーストラリアに渡った森厩舎の馬のように・・・(さすがに言いすぎかw)。
豪GⅠを勝つってことは香港GⅠを勝つようなもんだと思いますのですごいことなんですけどね。
距離延長は明らかにプラスでしょうし、54㌔のハンデも日本ではありえません。勝って盛り上げてもらいましょう!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > アイポッパーのコーフィールドCレース映像と感想

Page Top