アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > 有馬記念回顧:何故『英雄』は負けてしまったのか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

basehorse URL 2005-12-26 (月) 01:43 edit

観戦お疲れ様でした。

関西圏のドリームレースは宝塚記念なわけですが、今日のレースをテレビで見ててやっぱり
有馬記念>宝塚記念
なのかなぁ、などと思ってました。

さてさて、本命にはタップを推させてもらってたんですが見事にすっ飛んでしまいました…。

負けてしまったディープ、パドックでえらい細く感じたんですがやはりいつもの持ったまままくってくる勢いがなかったように感じられましたね。

最後に…スタンドの皆さんにはディープが負けたとはいえ一応ルメールさんに拍手はしてほしかったw

MOTTOI URL 2005-12-26 (月) 11:41 edit

basehorseさん、コメントありがとうございます。

有馬記念観て来ましたよ。レース後のあの空気は耐え難いものがありました。自分は馬券も外してしまいましたが、たとえ的中していても喜べない、そんなレースでした。

ハーツクライは完全に悪役ですよね。中山競馬場だったから仕方ないことかもしれませんが、みんなディープインパクトを見に来ていましたから。おそらく一見さんもかなりいたのだと思います。一部は拍手していましたが、やっぱり少なかったですね。

タップダンスシチーの引退式もディープが勝っていたらもっと盛り上がっていたと思います。

1年お疲れ様でした。来年もよろしくおねがいしますね。来年こそ頑張りましょう。

2005-12-26 (月) 18:30 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 有馬記念回顧:何故『英雄』は負けてしまったのか?

Home > 競馬予想 > 有馬記念回顧:何故『英雄』は負けてしまったのか?

有馬記念回顧:何故『英雄』は負けてしまったのか?


P1000074.jpg


 有馬記念を現地で観戦してきました。このレースは回顧しないわけにはいきますまい。ちょっとマジメに回顧したいと思います。今年最後の中央GⅠですので、このブログ始まって以来のマジメっぷりでやりますw。

 
中山 9R GⅠ有馬記念結果
1着ハーツクライ2:31.9ルメール
2着ディープインパクト1/2武豊
3着×リンカーン1.1/4横山典
4着 コスモバルク1.1/4五十冬
5着 コイントス1/2北村宏
ハロンタイム  7.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 12.1 上り  4F 47.8 - 3F 35.5


 勝ったのはハーツクライ。でもハーツクライの悲願のGⅠ制覇よりもインパクトがあるのは1頭の馬の敗戦。明日のスポーツ新聞の1面はディープ敗れるの文字が躍ることでしょう。ハーツクライのことについては他のブログさんに任せて割愛します。

 『英雄』と称された▲ディープインパクトが敗れてしまいました。正直負けられないレースではなく、負けてはいけないレースでした。それはレース後の観客の反応を見れば明らかで、まさに呆然・・・1頭の馬の敗戦があれほど競馬場の空気を一瞬にして変えてしまうのは一体何年ぶりだったのでしょうか。競馬に絶対はないのは当たり前ですが、その絶対に限りなく近いと思われた馬が・・・。ある意味競馬の理想に最も近い馬だったのですが。

 思えば予感はありました。だからこそ自分は▲評価に留めました。初の古馬戦、調教もこれまでの内容と比べると劣るもので、さらに厳しい輸送もありました。極めつけは馬体重の-4㌔の440㌔でデビュー以来最小体重。今までは輸送でも+体重で競馬に挑んできたタフな馬がマイナスになるほど厳しい輸送だったのかもしれません。本来ならここは最低でも+6㌔は必要でした

 レース中もどこか不安を覚える走り。それはスローペースだったというのもありますが、それよりも馬の走り自体に迫力が感じられない感じ。4角を回ったあたりでは皐月賞のイメージでしたが、皐月賞ほどの勢いはありませんでした。直線はいつもの伸びがなく、自身の上がりは34.6。スローペースなのにディープの中では最低の数字でした。残り200mで差せそうな時の観客の声援はすさまじかったですが、そこから勝ち馬がさらに一伸び。半馬身足りませんでした。

 何故ディープインパクトは負けてしまったのか?おそらくいろいろな要因があるのでしょうが、結局は周囲に押しつぶされたと言ってもいいのではないでしょうか?過度の人気と期待によるプレッシャー。それは陣営だけでなく馬も多少感じていたのかもしれません。今旬の女子フィギュアスケートの安藤美姫選手もその過度の人気と期待により一時潰されかけたと言っていました。それが16歳の時。そのプレッシャーに勝るにはディープはまだ若すぎたということではないでしょうか?。またディープは『JRAに創られた名馬』と言うことを以前よく耳にしました。JRAが造ったあまりにも速すぎる高速馬場では滅法強いですが、時計が掛かる荒れ馬場の経験がなかったために負けてしまったとも考えられます

 でも自分はこの敗戦が決して無駄ではないと思います。この敗戦により周囲の過度のプレッシャーが少しでも緩和されると思えば、それだけで大きな意味がありますし、実際有馬記念で2着。それもまだ完成されてない状態で2着というだけで、これからのディープがどう成長するのか想像するとゾクゾクします。海外遠征のプランが白紙と言うのは非常に残念です。ですが、いずれは海外に行かざるを得ない馬だと思っています。多少遠回りしてもそれが結果に結びつくならそれでいいと思います。まだまだ強くなる余地が残されていることがこの有馬記念でわかりました。周囲があせらす必要はないんです。これからも応援していきたいと思います。

  競馬が注目されるのは嬉しいです。競馬場にくる人が増えるのも喜ばしいことです。でもディープインパクトしか知らないような輩が競馬の雰囲気を味わうためだけに競馬場に来るっていうのは歓迎できません。そういう人たちに押しつぶされたディープインパクト。負けたってことだけでディープが評価されるのは堪らないし、これでブームが落ち着くのもなんか納得いかない。どうせならディープインパクトという馬を最後まで責任を持って追っかけてほしいものです。帰りがけゴミの山を見ながらそう思いました。

 しかし武豊のレース後のコメントは納得がいかない・・・。負けた理由に騎手が『よくわからない』って使うのが1番好きじゃないんですよね・・・。ましてやディープインパクト。わからないじゃすまないですよ・・・。日記の更新を楽しみにしたいと思います。

 さて今年は中央競馬は終わりましたが、まだ東京大賞典があります。そちらも楽しみにしましょう。
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:3

basehorse URL 2005-12-26 (月) 01:43 edit

観戦お疲れ様でした。

関西圏のドリームレースは宝塚記念なわけですが、今日のレースをテレビで見ててやっぱり
有馬記念>宝塚記念
なのかなぁ、などと思ってました。

さてさて、本命にはタップを推させてもらってたんですが見事にすっ飛んでしまいました…。

負けてしまったディープ、パドックでえらい細く感じたんですがやはりいつもの持ったまままくってくる勢いがなかったように感じられましたね。

最後に…スタンドの皆さんにはディープが負けたとはいえ一応ルメールさんに拍手はしてほしかったw

MOTTOI URL 2005-12-26 (月) 11:41 edit

basehorseさん、コメントありがとうございます。

有馬記念観て来ましたよ。レース後のあの空気は耐え難いものがありました。自分は馬券も外してしまいましたが、たとえ的中していても喜べない、そんなレースでした。

ハーツクライは完全に悪役ですよね。中山競馬場だったから仕方ないことかもしれませんが、みんなディープインパクトを見に来ていましたから。おそらく一見さんもかなりいたのだと思います。一部は拍手していましたが、やっぱり少なかったですね。

タップダンスシチーの引退式もディープが勝っていたらもっと盛り上がっていたと思います。

1年お疲れ様でした。来年もよろしくおねがいしますね。来年こそ頑張りましょう。

2005-12-26 (月) 18:30 edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬予想 > 有馬記念回顧:何故『英雄』は負けてしまったのか?

Page Top