アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > GⅠ桜花賞の感想

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > GⅠ桜花賞の感想

Home > 競馬雑記 > GⅠ桜花賞の感想

GⅠ桜花賞の感想


 桜花賞は前評判どおりの百花繚乱、激しく見ごたえ十分な内容でいいレースだったと思います。

 タイム:1分33秒5
 ペース:12.2 - 10.4 - 11.2 - 12.3 - 11.9 - 12.0 - 11.5 - 12.0
 (前半46.1 - 後半47.4)
 レースの上がり 35.5

 レースは予想通りのハイペースとなり、結局レコードでラインクラフトが勝利。もっと後ろからいくのかと思いきや4番手追走。ハイペースでも早めに動きそのまま押し切る強い内容の競馬。2着のシーザリオも最後するどい末脚で追い込んできましたがわずかに届きませんでした。やはり1コーナーでの不利が痛かった。不利のあとも鞍上は慌てることなく落ち着いてうまく乗ったと思いますが、最後の脚を見たらやっぱりもったいなかったです。ただこの馬はどちらかといえばオークス向きでしょう。直線の長くて広い府中なら、父のスペシャルウィークも大得意でしたしこの馬の持ち味がより生きてくると思います。3着デアリングハートは軽視しすぎました・・・。当初は3着候補には十分入っていたのですが、点数が多くなりすぎまして・・・鞍上も最近乗れていなかったデムーロ騎手というのも軽視した理由なんですがやはり大舞台には強いです。今週の皐月賞のヴァーミリアンもやっぱり簡単には軽視できません。前走は鞍上がゴタゴタしましたし、休み明け。十分巻き返しもありそうです。

 先週は日曜の予想は中山9R、10R、11Rの3連単が連続して的中しました。桜花賞はいまいちでしたがなかなか調子はいいですよ。今週も頑張りたいです。
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > GⅠ桜花賞の感想

Page Top