アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > GⅠ皐月賞出走馬全頭チェック

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > GⅠ皐月賞出走馬全頭チェック

Home > 競馬雑記 > GⅠ皐月賞出走馬全頭チェック

GⅠ皐月賞出走馬全頭チェック


 GⅠ皐月賞の出走馬全頭について個人的な評価をしてみたいと思います。

アドマイヤフジ
 新馬戦のインパクトはディープインパクトのそれに匹敵するほど。今まで勝ちきれない競馬が続いていたが前走の完勝で一皮剥けるか。相手なりには走るタイプで末脚も確実。大外をぶん回して届かない競馬が多かったので、逆に枠が最内というのもこの馬にはプラスかもしれない。鞍上も大舞台に強い福永騎手。強気に内を狙えば十分馬券圏内。

トップガンジョー
 ベンジャミンSにも登録があったがあえてこっちに挑戦。が前走のスプリングSは全てが最高の競馬での3着。距離も今はまだ少し長い印象でさすがにGⅠでは掲示板も厳しい。

マイネルレコルト
 なんと言っても2歳チャンピオン。血統的には中距離は十分守備範囲で前走で経験したのが非常に大きいでしょう。今回は弥生賞ほどスローペースにはならずに、むしろ速い流れだと思うので折り合いも大丈夫。京王杯2歳Sで敗戦した後、朝日杯FSですぐに巻き返したように、同じ失敗は2度はしないでしょう。弥生賞できっちり仕上がりすぎていたのが心配ですが、陣営の『調子は弥生賞以上』の心強いコメント。『STOP THE DEEP』の大将格です。

コンゴウリキシオー
 毎日杯はスローな流れだったわりには直線あっさりかわされていたのが気になります。脚質的には面白いのですが、ここは調子も平行線で相当展開が向かないと厳しいでしょう。あっても掲示板までか。

ヴァーミリアン
 隔年ごとにGⅠ馬を輩出しているラジオたんぱ2歳S。去年はGⅠを勝つ馬が勝つ年です。前走のスプリングSは休み明けだったうえ直前で鞍上のごちゃごちゃ、しかもレースでは出遅れ。本当の実力は半分も出なかったのではないでしょうか。そもそもアドマイヤジャパン、ローゼンクロイツと今回人気になる馬にも1度は完勝しています。人気は暴落していますが、今回こそはGⅠに強いデムーロが鞍上、さらに前回の輸送時には用意できなかった帯同馬も今回はしっかり準備。臨戦過程も理想的ですし馬体重が増えての出走ならば十分に巻き返しはあります。

ビッグプラネット
 キャリア2戦の馬は過去皐月賞を制していません。しかも今回の鞍上もGⅠでは厳しいか・・・?(最近重賞は復調気味ですが)。ただ距離に関しては、姉がオークス馬であることからも十分大丈夫そうで、後ろのディープインパクトにみんなが気を取られすぎて誰も捕まえにいかない展開になればあれよあれよの逃げ切りもありそうです。

ペールギュント
 前走は大外をぶん回って直線で止まるという内容。ディープインパクトが同じ競馬で勝ちきったところを見ると力の差はかなり感じますね。今回ディープインパクトと同じ競馬をするならら勝つ可能性はないでしょうし、他の競馬もできそうにもありません。相当ハイペースになって展開が向いても3着がいいところか。

ストラスアイラ
 まず距離が長いです。実力も不足でここは無理でしょう。

ダイワキングコン
 現時点ではダートの方がいいのは明らかで、今回弥生賞のように楽な競馬にもならないでしょう。

シックスセンス
 ちゃっかり5着にいそうな馬。しかし3着以内は1勝馬で、この脚質では厳しいでしょう。

パリブレスト
 シーザリオと同じスペシャルウィーク産駒で2週連続クラシックに馬を送り込んできました。今年の2歳もかなり揃っているようでこれからが楽しみな種牡馬になりました・・・話がずれましたが、前走スプリングSは3番人気になるものの勝負どころで置いていかれてしまっていましたし、GⅠではパンチ不足でしょう。

タガノデンジャラス
 強烈な末脚をもっていますが、どうもエンドスウィープ産駒は直線の短い中山は向かない印象ですしここは厳しいでしょう。

ローゼンクロイツ
 まだディープインパクトと直接戦っていないので、最も不気味な馬といえるでしょう。前走の毎日杯も休み明けで57㌔を背負っていながら、ディープインパクトの弥生賞と同タイム同上がりで勝利。一叩きされたことでさらに調子があがることは間違いなく、ディープインパクトよりも前で競馬できて、さらに同じくらいの鋭い末脚が使えるのも強みです。この血統はGⅠでは少し足りず2、3着というイメージが強いですがこの馬は勝つことができるだけ器ではないでしょうか。この血統は好きなんで頑張って欲しいです。

ディープインパクト
 正直普通のレースになったらこの馬が勝つと思います。枠もいいです。ただ競馬には絶対はありません。去年の兄ブラックタイドの皐月賞の姿も覚えています。もし弥生賞よりも大外を回らされる展開になったら・・・弥生賞も差はたったのクビ差です。ただ弥生賞はムチ入れてないんですけどね・・・。本当にタキオン級ならあきらめるしかありませんが、やはり3冠で1番怪しいのはここですから。

エイシンヴァイデン
 距離が長いです。早熟な気もします。ここは無理でしょう。

アドマイヤジャパン
 おそらく2番人気でしょうか。個人的にはもう少し内の枠が良かったです。瞬発力はあるほうなので良馬場でも大丈夫だと思いますが、あまり重い印はつけないつもりです。

スキップジャック
 この馬は毎回扱いに困ります。ただ今回は距離も長く、脚質的にも掲示板も厳しそうです。

ダンスインザモア
 この馬ももう少し内が良かったですが、鞍上は自信を持っているようです。事実スプリングSは最も本番に直結するトライアル。それでレース内容も例年よりいいとなると位置取り次第で面白いのは言うまでもありません。
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > GⅠ皐月賞出走馬全頭チェック

Page Top