アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > 日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

フサイチジャンク URL 2006-04-05 (水) 13:49 edit

 
こいつランキング1位になったらG1予想公開するらしいから
本当に実績通りか、予想晒させてやろうぜ

http://blog.livedoor.jp/superkeiba/
 

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・

Home > 競馬雑記 > 日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・

日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・


 またショックなニュースが・・・。今春の復帰を目指していた初の日米オークス馬、シーザリオが右前繋靱帯炎を再発し、そのまま引退することになってしまいました。

 05年オークス(GI)、アメリカンオークス(米G1)連勝の快挙を達成し、最優秀3歳牝馬、最優秀父内国産馬に選出されたシーザリオ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)が右前繋靱帯炎の再発の為、引退することが同馬を管理する角居調教師から発表された。近日中に早来・ノーザンファームへ戻る予定となっている。

 同馬は父スペシャルウィーク、母がラトガーズBCH(米G3)の勝ち馬キロフプリミエール(その父Sadler's Wells)という血統。04年12月のデビュー戦から3連勝でフラワーC(GIII)を制し、桜花賞(GI)ではアタマ差の2着に惜敗したものの、続くオークスでは圧倒的1番人気(単勝150円)に応え優勝。その後米国へ遠征し、ハリウッドパーク競馬場で行われたアメリカンオークスを4馬身差で圧勝し、日本馬史上初の米G1制覇を達成した。帰国後に右前繋靱帯炎を発症して休養へ入り、入念に調整が進められてきたが復帰は叶わなかった。通算成績6戦5勝(重賞3勝、海外1戦1勝)。
日米オークス馬、シーザリオ引退へ(netkeiba.com)


 非常に勿体無い・・・。米オークス時でさえ成長途上のイメージだったので、まだまだ強くなれた。無事ならばひょっとしたら世界を相手にできる牝馬だったかもしれないのに・・・。

 思えばスペシャルウィーク産駒の初のGⅠ馬。初年度産駒は晩成の傾向がある馬が多く、スペシャルウィークの種牡馬としての評価が落ちていた時に突如インティライミ、スムースバリトンと共に現れたある意味救世主。一気に評価がうなぎ上りになり、種付け頭数も増大、繁殖牝馬の質も向上、確固たる地位を今は確立しました。しかしその3頭も脚元は弱い馬でした。今後のスペの課題は脚元になるのでしょう。

 お疲れ様でした。シーザリオにはいい馬を産んでもらいましょう。種付けはおそらく来年からでしょうけど例えばグラスワンダーとかキングヘイローを種付けすれば、非常に面白いw。でもクロフネかな。
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:1

フサイチジャンク URL 2006-04-05 (水) 13:49 edit

 
こいつランキング1位になったらG1予想公開するらしいから
本当に実績通りか、予想晒させてやろうぜ

http://blog.livedoor.jp/superkeiba/
 

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > 日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・

Page Top