アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > GⅠ皐月賞の感想(2)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > GⅠ皐月賞の感想(2)

Home > 競馬雑記 > GⅠ皐月賞の感想(2)

GⅠ皐月賞の感想(2)


P1000007.jpg

↑(皐月賞の本馬場入場時の様子)

 皐月賞は8万5146人(前年比106・2%)が入場、やはりディープインパクトへの注目度は去年のコスモバルクと比べてもかなりのものがあったようです。日本ダービーもかなりの人が集まりそうですね。

 タイム:1分59秒2
 ペース:12.1 - 11.0 - 11.9 - 12.2 - 12.4 - 12.6 - 12.5
      - 11.8 - 11.4 - 11.3
 上がり:4F 47.0 - 3F 34.5
 1000m通過:59.6

 勝った○ディープインパクトは非常に強かったです。スタートでバランスを崩しあわや落馬寸前というアクシデントもあり4馬身ほど出遅れたにもかかわらず、3コーナーからまくり気味に進出して直線は弾けるように突き放す横綱相撲。最後は余裕もありました。レース前にはその脚質を不安視する声もたくさんありましたがまったく関係なく、完全に1頭強さが抜きん出ていました。特筆すべきはラスト3ハロンが(11.8 - 11.4 - 11.3)でラスト1ハロンが最も速かったということ。しかも最後は余裕残し。これはディープインパトがこのメンバーでは明らかに強いということに他なりません。いつもGⅠを勝つとゴール後控えめでもガッツポーズをする武豊騎手が今回はガッツポーズをしませんでした。それは勝って当然ということと、今回はこの馬の能力を全開にひきだす騎乗ができなかったということでしょうか?レース後のコメント『空を飛んでいるようだった』はもう普通の馬に対する褒め言葉ではないのですが、この馬まだまだ強くなりそうです。これから日本の競馬を背負う存在になるのは間違いないでしょう。とりあえず当面の敵は故障のみ。馬体重が少ないということは脚元にかかる負担も少ないはずなので、この馬にとっては非常に恵まれているのかもしれません。

 2着のシックスセンスは消しでした・・・。この馬はデビュー当時からずっと応援していた馬で今回も別に人気ほど弱いと思っていたわけではなくあくまで4、5着の馬という考えの元の”消し”でしたorz。結果的には直線だけでごぼう抜き。この馬が当初除外対象だったことを考えれば大健闘です。(偶然にも皐月賞ワンツーの馬の馬名はどちらも大ヒット映画のタイトルでした)。日本ダービーも去年のハーツクライのような競馬ができる展開になれば十分期待できるのではないでしょうか。今回の2着はフロックではないと思います。

 3着×アドマイヤジャパンはまたまた横山典騎手の好騎乗が光りました。外の16番から発送したにもかかわらず2コーナー過ぎではもう内にいました。この騎乗で3着ならばやはりディープインパクトには日本ダービーでも敵わないだろうと思います。この馬も強いです。ただ同じ年に生まれたライバルが強すぎたという感じです。

 自分の◎マイネルレコルトは4着。思っていたよりも後ろから行ったなとは思いましたが積極的に勝ちにいった競馬での4着ですからこの馬も強いと思います。ディープインパクトに目標にされるような競馬になってしまいましたが、後藤騎手は最高の競馬をしたと言っていますし悔いはないでしょう。距離はやはり十分守備範囲でした。ただこの馬もやはりディープインパクトには敵わないと思います。この後は日本ダービーに向かうようなことを言っていましたが、正直NHKマイルCのほうがいいのではないかと思います(有力馬がマイネル2頭になってしまいますが・・・)。距離がこれ以上伸びるのも少なくともプラスではないでしょう。

 とりあえず皐月賞は現地で見れて良かったです。本当にいい競馬でした。日本ダービーも間違いなく競馬場まで行くでしょう。

↓(あくまで一応買ったディープインパクトの記念馬券・・・)
P1000008.jpg

スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬雑記 > GⅠ皐月賞の感想(2)

Page Top