アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > GⅡ青葉賞予想

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > GⅡ青葉賞予想

Home > 競馬予想 > GⅡ青葉賞予想

GⅡ青葉賞予想


 日本ダービーTR、GⅡ青葉賞。このレースは関東馬が勝つことが多く、個人的に好きな馬が勝つことも多いレースで、またここから好きになる馬も多く出ることがあるので非常に好きなレースです。去年もハイアーゲームにお熱をあげて見事に成功したレースでした。今年のお熱はこのブログをあげて応援しているブレーヴハートです。最低でも、ホントに最低権利は取ってもらわなければです。

 過去10年勝ち馬の人気は②①①③①①②①⑧⑥、1番人気の馬の成績は③①①⑥①①⑩①④⑥着の勝率50%とかなり1番人気は信頼できるレースです。しかし実はさらに特筆すべきは2番人気の馬で、過去10年で①②③④②②①②⑤③着、勝率は20%ですが連対率は60%、3着以内率は80%、掲示板率なんて100%です。去年のハイアーゲームも2番人気でした。今回の2番人気はイブキレボルシオンかブレーヴハートでしょうか??また過去10年では関東馬の勝利が8回です。今年は関東馬9頭、関西馬8頭ですがやはり関東馬が有利でしょうか。

◎ブレーヴハート
○イブキレボルシオン
▲ダンツキッチョウ
×コスモオースティン
☆アフリカンビート
△ニシノドコマデモ
△ニューヨークカフェ

 ◎はもちろんブレーヴハート。弥生賞の5着は初芝で、さらに皐月賞でも上位を占めたあのメンバーが相手だったことを考えれば非常に評価できる内容です。今回のメンバーで弥生賞に出走したメンバー中では最高着順、6着だったエイシンサリヴァンにさえ0.3差、前走好メンバー相手に勝ったニューヨークカフェにも0.3差ですのでここでは力上位は明らかでしょう。前走の急仕上げとは違い、今回は早くから目標をここに定めて仕上がりも抜群です。新馬戦をみても左回りのほうがいいぐらいでしょう。調教師も『ディープインパクト以上』と自信満々(さすがに言いすぎか・・・?)でここは是非勝ってダービーに行って欲しいです(鞍上は心配ですがここはお願いします!)。

 ○はイブキレボルシオン。2歳時は橋口厩舎の中でもトップクラスと言われていた馬でしたが未勝利脱出まで8戦もかかった馬で、ここにきてようやく本格化してきた印象です。距離は全く問題ありません。大外枠もスムーズに競馬ができるのでむしろいい枠です。前走のメンバーがいいメンバーで強い勝ち方でしたしここでも面白い馬でしょう。

 ▲は人気になりそうなダンツキッチョウ。確かに安定感は抜群で前走も休み明けながら強い競馬でした。しかし2着だったグッドネイバーがその後500万で惨敗するなどメンバーのレベルは疑問。さらに展開が向いていたのも否めません。激しい競馬になったときにどうなのか?しかも初遠征と厳しい要素もあるのでここは▲評価まで。

 実績ではNo.1のコスモオースティンも展開次第では面白いです。☆のアフリカンビートも2歳時はあのローゼンクロイツよりも高い評価を受けた馬。過去2走は競馬をしていないので、しっかり折り合いがつけば侮れないです。

 馬単◎→○▲×☆、○▲×☆→◎
 3連複F◎→○▲×→○▲×☆△
 3連単F◎○▲→◎○▲×→◎○▲☆×△

 東京10R六社特別

◎メジロニコラス
○ウェルシュステラ
▲ダンシングオン
△カフェムーン
△ダークフィールド
△ヨシサイバーダイン

 ◎メジロニコラスの56㌔はまさに恵量といえるでしょう。コースも東京になるのは大幅にプラス。今度こその意気込みでしょう。○ウェルシュステラも鞍上デザーモ確保で休み明けの今回が狙い時。

 馬単◎→○▲△、○▲→◎
 3連単◎○→◎○▲→◎○▲△

 東京9R八重桜賞

◎ドクターグリム
○カゼノユクエ
▲サクラトライアンフ
☆ニシノナースコール
△コパノスイジン
△ディアプルーデンス

 ここは安定感のある◎ドクターグリム。東京コース替わりはプラスで今度こそ。○のカゼノユクエも東京での走りに期待。

 馬単◎→○▲☆△
 3連単F◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△
スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬予想 > GⅡ青葉賞予想

Page Top