アクセス解析 無料ホームページ ブログ blog

Home > スポンサー広告 > スプリングS:マイネル1番馬◎マイネルシーガル

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > スプリングS:マイネル1番馬◎マイネルシーガル

Home > 競馬予想 > スプリングS:マイネル1番馬◎マイネルシーガル

スプリングS:マイネル1番馬◎マイネルシーガル


 今日のフラワーCは○のショウナンタレントが勝ちました。うーん、ペースが上がらなかったですね・・・。明日も前残りの馬場になると下記の予想が厳しい。若葉Sは◎ヴィクトリーが勝利。あんなにかかっても勝つのだから、強い。クラシックがどうこうよりも古馬になってからが楽しみな馬です。

 中山11R スプリングS
  ◎マイネルシーガル
  ○フライングアップル
  ▲サンツェッペリン
  ☆フェラーリピサ
  △ショウワモダン

 今日の競馬を見ると、前残りがやけに目立っていた。セオリーで言ってもコーナーの多い中山1800mは前。そうなると素直に▲サンツェッペリンを本命に推すのが自然か。個人的にも京成杯組は評価していて、アルナスライン、メイショウレガーロ、マイネルーチェなどをこのブログで推してきた。ただし京成杯は37.6-35.0と後半が2.6秒も早く、逃げたサンツェッペリンは明らかに展開の恩恵が大きかった。逃げた馬よりも差してきた馬のほうが明らかに評価できたため、サンツェッペリンはそこまで信頼はできないだろう。

 展開を考えてもサンツェッペリン以外にも前に行きたい馬が多く、まずまず速いペースになりそう。堅実な末脚を使える馬をここでは推したい。

 ◎マイネルシーガル。勝った3戦は全て上がり最速負けた朝日杯も前目で競馬をした馬の中ではダントツの上がりで6着。ここでもまず確実にいい末脚を使ってくる。折り合いがつく馬なので、距離も大丈夫だろう。思い返せば圧巻だったいちょうS。とんでもない不利を受けたにもかかわらず、ねじ伏せたど根性の持ち主。あの不利は50mくらいのロスはあったかもしれない。元々マイネルの1番馬といわれていた素質馬。たいしたメンバーがいないここはチャンスだろう。

 ○フライングアップル。差がなく戦ってきた馬がドリームジャーニー、フサイチホウオー。ここでは実績は断然。3着は確実級で、軸には最適だろう。

 単穴☆はフェラーリピサ。新馬はトーセンキャプテンと差のない競馬。その後はダートを2連勝だが、素質は十分。ここでも通用する。以下エアジハード産駒の△ショウワモダンも先行力があるので、抑えておく必要があるだろう。

 単勝◎ 
 馬連◎-○
3連単◎○→◎○▲☆→◎○▲☆△

スポンサーサイト
[タグ未指定]

関連記事


関連商品

最近閲覧数が多い記事

ブログパーツ

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 競馬予想 > スプリングS:マイネル1番馬◎マイネルシーガル

Page Top